【利用者続出⁉︎】 インヴァスト証券の「トライオートFX」を徹底調査‼︎

FXを利用して投資を行うなら、業者を利用する必要があります。業者によってFX取引の特徴や強みなどに違いがあるため、自分がどんな取引をしたいのかにより利用するFX業者は違ってくるでしょう。

もし、「FXの自動売買を行いたい」と思うなら、インヴァスト証券が提供している「トライオートFX」を利用してみることができます。ただ、「トライオートFXとはどんな特徴があるの?」とFXについての特徴を知りたいはずです。トライオートFXの内容を徹底紹介していきます。

トライオートFXとは

トライオートFXはインヴァスト証券が提供している4種類のFXのサービスの中の1つです。トライオートFXでは自動売買と裁量トレードどちらも利用することができるバランスの取れたFXとなっていますが、主に自動売買で取引することに優れています。

トライオートFXで利用できる自動売買には初期からロジックが組み込まれており、「自動売買セレクト」の中から自分で選んでFX取引を開始していきます。

設定されていロジックをそのまま使うこともできれば、FX取引によって自分で細かい設定変更することもできます。

自動売買として取引を行うときに、トライオートFXを利用する人たちは増えているので、自動売買によるFX取引を行いたい人は考えてみることができます。

トライオートFXのメリットとは

トライオートFXを利用するときは「利用するとメリットがあるの?」と思われる方もいるでしょう。トライオートFXを利用するとどんなメリットがあるのか内容を紹介していきましょう。

自動売買セレクトが簡単

トライオートFXの自動売買セレクトは注文を出してさえいればシステムが自動で売買を執行してくれます。そのため、自分で通貨ペアや売買数などを設定する手間が省けます。自動売買による取引を行うなら設定に時間がかかってしまうので、自動売買を始める前に設定だけで時間や労力を消費してしまうことになります。

ただ、トライオートFXであれば自動売買にかかる手間はほとんどないので、時間を大幅に削減して直ぐに自動売買を始めることができます。手間が省かれていることで自動売買による運用で直ぐに利益を得やすいです。

通貨のスプレッドが狭い

トライオートFXの通貨ペアはスプレッドが狭くなっています。スプレッドはFXの取引の際にかかるコストであり、このコストが大きいと取引で得た利益が少なくなってしまいます。

スプレッドはどのFX業者も設定しているので、利益を大きく出すならスプレッドの設定が狭いFX業者を選ぶことが大事です。

FX業者が提供しているスプレッドは様々ですが、トライオートFXのの主要通貨である米ドル/円やユーロ/円、ポンド/円などのスプレッドは他のFX業者と比較しても狭く設定されており、例えば米ドル/円のスプレッドは2020年7月時点で0.3銭となっています。

他のFX業者であればスプレッドは0.6〜など高い設定にしていることもあるので、自動売買による利益をしっかり確保したいなら、トライオートFXはスプレッドの点でも魅力を持っています。

過去のシュミレーションが分かる

自動売買セレクトでは、注文するときにロジックを選択すると、選択したロジックの過去のシミュレーション結果を確認することができます。過去のシミュレーション結果を見ることができれば、今後どのような傾向を示して利益を得ることができるのか確認することができます。

シミュレーションによってFXパフォーマンスのイメージを行うことができるので、自動売買による取引経験の少ない初心者でも取引のサポートとすることができます。

ただ、過去のシミュレーションは今後の動きを予測するものではないので、シミュレーションが将来も同じように動くという保証はありません。自動売買の取引の参考にするものとして利用することを考えてください。

戦略を立てることができる

トライオートFXにはビルダー機能があり、この機能を利用して自分でオリジナルのロジックを設定することができます。ビルダー機能では注文数量や利益確定の幅、損切り設定を独自で行うことができ、自分の理想に近いロジックで売買できるので投資経験がある人は自由に自動売買を組んで利益を狙うことができます。

自動売買によるFX取引で自分のノウハウを利用することができるので、一度セレクトを利用してみてから、独自のカスタマイズで取引と比較して利益の効率さを追い求めることも可能です。

スマホ取引できる

トライオートFXはスマホに対応しているので、PC以外でも自動売買を行うことができます。PCの作業のみであれば自宅にいるときしか自動売買の設定や取引内容の確認を行うことができないので、FX取引の作業範囲が限られてしまいます。

しかし、スマホでも取引内容を確認することができるのなら、例えば、通勤中の電車の中や仕事の休憩の合間などに取引内容の確認を行うことができます。いつでもどこでも取引内容を確認することができ、また画面も見やすく設計されているので、取引による支障もありません。

スマホでも自動売買による取引内容を確認したい人はおすすめです。

トライオートFXのデメリットとは

トライオートFXには多数あるメリットもありますが、デメリットも存在します。どのようなデメリットがあるのか知っておくことで取引の際に後悔することを防ぐことができます。トライオートFXのデメリットは以下の点です。

含み損がある

トライオートFXは自動売買セレクトを選んでFX取引を行うことができ、「コアレンジャー」や「ハーフ」「ハイブリッドなどを選ぶことができます。しかし、この投資セレクトは3つとも細かい売買を行うので、含み益と含み損のあるポジションを持ってしまうことになり、含み損を含んでしまうことになります。

含み損があれば利益は下がってしまい、さらにレンジ相場ではなく上昇や下落ちなどのトレンドができてしまうなら、含み損は大きく膨らんでいきやすい特徴があります。含み損の膨らみによって自動売買による取引利益が思うようにいかないことがあるので注意しておく必要があります。

投資の知識が身につきにくい

トライオートFXを利用することで自動売買による利益を簡単に狙うことは可能です。ただ、自動売買セレクトを利用してFXの取引を行うなら、ロジック通りに売買してくれるので、投資の知識が身に付きにくいです。

自動売買セレクトは、初心者の方でも簡単にFXの利益を出せるように設定されています。そのため、自分で分析をする必要はないので、自動売買セレクトに頼り切ってしまうと、どのようなチャートの動きをしているのか、どの通貨ペアが大きなトレンドになっているのかなど、投資に関しての知識や手法はほぼ身につくことがありません。

投資をするなら手法や分析などは大事になってくるので、投資で利益を出しながらスキルも身に付けたい人の場合、いきなり自動売買セレクトを選択するとスキルという点で物足りなさを感じてしまうでしょう。

自動売買セレクトは別途で手数料がかかる

FX会社においてFXの手数料に当たるのは、基本的に売値と買値の差であるスプレッドのみとなっています。

しかし、トライオートFXでは自動売買セレクトのスプレッドに加えて売買手数料もかかってしまいます。売買手数料は決済するごとに日本円で0.005円〜0.02円となっています。自動売買セレクトの売買セ手数料はそれほど大きくはありませんが、自動売買で頻繁に決済していくなら手数料とスプレッドで利益は減少していくことになります。

トライオートFXはスプレッドが狭くなって今いますが、自動売買セレクトを選んだときは二重にかかる取引コストを確認しておくようにしましょう。

デモ口座取引ができない

FX会社は口座開設前でもデモ口座を設置しているところが多くなりました。デモ口座設置することで疑似トレードを行うことでき、取引ツールの使い勝手や自分の期待した取引内容となっているのか確認することができるからです。

初めてFX投資を行う人やFX開始の口座の特徴を把握してから取引をしたい人は、デモ口座を重視します。しかし、トライオートFXにはデモ口座が設置されていないので、デモ口座による取引ツールの確認や使い勝手の良さを確認することができません。

デモ口座が設置されていないなら、取引ツールは口座開設をして実際に取引を行わなければ確認することができないので、デモ口座によるお試しを重視ている人にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

トライオートFXの評判はどうなの?

トライオートFXは自動売買に優れているFX会社ですが、「トライオートFXの評判は実際どうなの?」と評判について知りたい方もいるでしょう。トライオートFXの評判を知るためには口コミを確認してみることで内容をさらに理解することができます。

どのような評判となっているのか口コミを紹介しましょう。

良い口コミ

トライオートFXの評判として良い口コミがありました。以下のような口コミがあります。

「FXは初めてでしたが使いやすく、良い意味で機械任せにできてしまうのに利益が狙いやすくハードルが低いです。初めてFX投資をしましたが、早く始めていれば良いと思いました。」

「スプレッドは狭く1,000通貨単位での取引が可能なので少額取引として取引を行うことができます。ツールはWEBやスマホ共にオーソドックスな取引ツールなので直感的で分かりやすい操作性です。自動売買の機能なども充実しているので、初心者や忙しい人でもしっかりトレードすることができます。」

「画面のレイアウトやアイコンのセンスはよく、直感的に見やすくので利用しやすいです。動画での説明や操作マニュアルの情報も充実しており、じっくり読みながら安心してスタートすることができます。」

以上のようなトライオートFXの口コミがあります。良い口コミの中には画面取引ツールの見やすさやマニュアルなども準備されているので、FXの自動売買を初めて行う初心者の方の評価が高いです。

スマホでもWEBツールでも取引は違和感なく確認することができるようなので、自宅以外の外出先でもトライオートFXの自動売買を確認したい人におすすめと言えるでしょう。

イマイチな口コミ

トライオートFXにはイマイチな口コミも載せられています。どのようなイマイチな口コミが載せられているのか以下の内容を確認してみましょう。

「始めて半月経ちますが、3万円の赤字をが出ています。公式サイトには最初はマイナスが出るので焦らないでくださいと書かれていたので、焦ってはいませんが利益をがっぽり得ることは難しいかなと考えています。」

「自分でロジック案を考えて、過去の相場の値動きと照らし合わせて運用を実績を確かめるのは、私はやったことがないので難しかったです。慣れるのに時間がかかりそうです。」

「約定のレートがズレると、その次の注文もズレてしまうので手動で修正する必要があります。早朝はスプレッドが広がりやすいので、その時間帯は思ったような取引結果にならないことがあります。」

トライオートFXは自動売買を直ぐに始めたとしても、利益をすぐに得られるわけではないようです。公式サイトに最初はマイナススタートと記載されていることもあるので、直ぐに利益が出ると思って始めると希望通りにいかないこともあるでしょう。

また、トライオートにはロジックを自分で組み立てることができますが、初心者の場合は難しく、利益が減少したりFXの取引が思うようにいかなかったりすることがあります。

トライオートFXの自動売買を利用するときは、利益の出し方に注意しておくことが大事です。

トライオートFXの2つのロジックとは

トライオートFXは自動売買を利用して利益を得ていくことが可能ですが、売買ロジックには相場に強いコアレンジャーと高金利向きのスワッパーがあります。どちらも利用することができますが、仕組みを理解しておくと利用しやすくなるはずです。

それぞれ紹介しましょう。

コアレンジャーとは

トライオートFXのコアレンジャーはコアレンジ帯とサブレンジ帯の2つの売買間隔でFX取引が行われていきます。コアレンジャーのコアレンジ帯ではポジション間隔を狭くして売り買いを細かく行っていくことになります。

相場の売り買いが短く上昇トレンドでも下落ちトレンドでもない状態です。コアレンジャーはこの相場レンジ状態が続くことでどんどん利益を上げていくことが可能です。

コアレンジャーのサブレンジ帯は相場がコアレンジから外れて、トレンドが一時的に上昇、することです。ただ、一時的に外れるだけであり、いずれコアレンジ帯に戻ることを予測するため、トレンド範囲を広くして利益を狙います。

この2つの方法を簡単にまとめると、コアレンジ帯はレンジ相場になっており、狭い範囲で売り買いをして利益を上げる仕組みです。
サブレンジ帯は一時的にレンジ相場から外れて上昇しますが、戻ることを見越して範囲を広げて売り買いを行います。

コアレンジャーの注意点

トライオートFXのコアレンジャーで自動売買を行うならレンジ相場のときは利益を得られますが、もしトレンドが上昇、または下落ちになったときは含み損が大きくなってしまうので、損失が出てしまいます。

トライオートFXの設定上、大きなトレンドが発生してしまうとコアレンジャーの性質を生かすことができず自動売買によるFXの利益を出しにくくなります。そのため、コアレンジ帯を抜けてサブレンジ帯に入り、そのまま上昇トレンドでサブレンジ帯を得抜けた場合は損失を限定させるためにトライオートFXを停止させ、トレンドが再びコアレンジ帯に戻るまで待つことで損失を抑えることもできます。

トレンド傾向は経済状況や思わぬ出来事で相場が大きく上昇、または下落ちしてしまうことがあります。トライオートFXの自動売買でコアレンジャーを利用するなら、相場がレンジ相場内で変化しているのか確認することが利益の増大につながります。

スワッパーとは

トライオートFXではスワッパーで利益を上げていくことも可能です。トライオートFXのスワッパーは高金利通貨向けの売買であり、買いポジションのみを保有して利益確定を狙っていきます。

高金利向けの自動売買ですが、長期的な下落ち相場でも短期の反発を捉えて利益を確定していくことが可能です。スワップによる金利の利益と為替の差益の両どりを狙うことができます。

トライオートFXと通常のスワップ運用の違いは、利益を求めながらスワップ運用できることです。通常のスワップ運用は途中で為替レートが上昇して含み益が出たとしても売らずに保有しており、毎日スワップ金利による利益を狙います。

もし、価格が上昇して利確を行うなら、スワップでの利益を狙うために再度価格が下落ちしてくれなければポジションを保有することが難しくなるためです。

しかし、トライオートFXのスワッパーは含み益が出たときは設定通りに利確を行い自動売買をしながらスワップによる利益を狙います。

そのため、自動売買の設定次第でスワップポイントによる利金利の利益を狙いながら、利確による利益と両方を狙うので、自動売買の設定次第で大きな利益を狙うことができます。

スワッパーの注意点

スワッパーを利用すればスワップ金利と売買による取引の両方で利益を狙うことができます。しかし、スワッパーは相場の売り買いは設定する必要があるので、どの利確幅で設定して売買とスワップの利益を狙うのか判断しなければいけません。

設定幅を小さくしてしまうとスプレッドにより利益が小さくなってしまい、利益幅を大きくしてしまうと利確によるFX取引利益を出しにくくなってしまいます。

スワッパーを利用するときはどの程度で取引を行いながらスワップ金利による利益を狙うのか分析と判断が必要になるので、自動売買ですが上級者向けのの利益の狙い方になっています。

また、スワッパーは高金利であるトルコリラなどを利用するので、ハイリスクな方法で利益を狙っていきます。トルコリラは金利が高いですが、相場トレンドが不安定なので思わぬ動きを切り返すことがあります。

相場による変化がアメリカドルやポンドよりも読みにくいので、読みを間違えて損失分が大きくなることもあります。スワッパーで利益を狙うときは投資によるスキルや通貨の特徴など、ある程度の知識を持って利用するのがいいでしょう。

トライオートFXの登録方法

トライオートFXで利益を狙うためにはトライオートFXに登録をする必要があります。トライオートFXに登録しなければ自動売買による取引も行うことができないので登録手順は押さえておくようにしましょう。トライオートFXの手順は以下のようになります。

登録手順は公式サイト〜審査

トライオートFXに登録するためには、公式サイトから申し込みページへいく必要があります。公式サイトにアクセスした後「無料で口座開設」というボタンがあるので、ボタンを押してください。

ボタンを押した後は氏名や住所などの個人情報を入力することが求められるので、個人情報を入手していき、最後に規約サービスに同意することを確認します。

同意規約を終えることができれば、本人確認の書類提出を求められるのでマイナンバー関連の書類と本人確認書類を提出します。

Web上でアップロードする場合は登録したメールアドレスに「本人確認書類の送付」のメールが届くのでメールから本人確認書類提出のサイトに移動します。移動したサイトでマイナンバー、またはマイナンバー通知カードと運転免許証などの書類をアップロードして提出します。

メールで登録を行うなら、本人確認書類の送付先となる「inv-confirm@invast.jp」のアドレスに申込番号と氏名、電話番号をメール本文に記載して本人確認となる書類を提出します。

郵送で送る場合は送付先の住所を確認してページ内にある「貼付シート・宛名ラベル」を活用して本人確認書類を送付します。そのときに申込番号と氏名、電話も忘れないようにしておきましょう。本人確認書類までインヴァスト証券に送付することができれば、審査開始となります。

審査が完了して無事に通過することができれば口座開設が完了となり、トライオートFXで取引を行うことができるようになります。

トライオートFXの設定方法

トライオートFXの口座開設を行うことができれば、マイページの自動売買セレクトから設定していきます。口座開設したらトライオートFXの画面にログインしてトライオートFXのボタンをクリックし、自動売買セレクトの設定を確認していきます。

自動売買セレクトではコアレンジャーなどのシステムと通貨ペアによる成績ランキングが表示されているので、成績の良いリターン順や低リスク順、バランス順、人気順などから選ぶことができるので、自分の目的に合わせて運用するシステムを確認することができます。

リターン順は期間収益率が高い順、バランス順は期間収益率と最大評価損失率の差が大きい順、低リスク順は最大評価損失率の低い順、人気順はカードに入れられた数が多い順で提出されています。

自分に合いそうなシステムを選ぶことができればカードに入れて自動設定された注文をクリックします。システムを選ぶだけで自動売買による注文でFX取引がされていくので、後は放置していても問題ありません。

トライオートFXの設定は簡単なので、自動売買による取引を行なってみましょう。

トライオートFXで取引するポイント

トライオートFXによる取引で利益を上げていくことが可能ですが、ポイントを押さえて取引することが大事です。トライオートFXでどのようなポイントを押さえておくべきなのか紹介しましょう。

少額取引で行う

トライオートFXは少額取引を行うことができます。トライオートFXでは最小取引単位が1,000通貨となっており、少額取引きでリスクを抑えて取引していくことが可能です。

自動売買で大きな金額を入金して取引をしていくこともいいですが、いきなり大きな金額で取引を行うと自動売買で含み損が大きくなったときに損失が大きくなってしまうこともあります。

トライオートFXの自動売買の設定方法や取引内容を確認するためには、まず少額取引で様子を見てみるのも良い方法です。特に初めてFX取引をする初心者の方がトライオートFXを利用するならデモ口座がないので少額取引から始めてみることをおすすめします。

少ない証拠金でリターン率の高い通貨を選ぶ

トライオートFXで取引を行うときは、少ない証拠金でリターン率の高い通貨を選ぶことができます。通貨によって推奨証拠金と期間収益率は違いがあるので、そこそこ収益が得られて推奨証拠金が少ない通貨を選んだ方がリスクは軽減されます。

リターン率の高い通貨でありつつ、証拠金が少ない通貨を選ぶには通貨の推奨証拠金が特に低いものを選ぶといいです。期間収益率も通貨によって違いますが、収益率が高いものは推奨証拠金も高く設定されています。

推奨証拠金が低いものでもユーロ/ポンドやニュージーランドドル/オーストラリアドルなど有名は通貨は期間収益率をそこそこ維持して推奨証拠金が低く設定されています。

FXを初めて行う人は、この部分のバランスを見ながら自動売買を進めていくことができます。

バックテストを行ってみる

トライオートFXで自分の希望する設定を見つけたときは取引を開始する前にバックテストをしてみることができます。バックテストは選んだ通貨がどんな動きを見せるのかシミュレーションをした結果を見ることができます。バックテストによりリスクリターン評価が良いのか、利回りによりどれだけの収益を得る見込みがあるのか確認することができます。

バックテストをしたときにリスクリターン評価がVery goodで収益率が70%を超えていれば優秀な設定方法と言えます。もちろん、バックテストは予測なので、本当にその動きを見せるのか定かではありません。

それでも、トライオートFX自動売買の分析には役立つので、FXが初心者の方には心強いはずです。トライオートFXの自動売買取引を行う前に、バックテストを行うようにしましょう。

トライオートFXのキャンペーンとは

トライオートFXは自動売買による取引に魅力を感じますが、キャンペーンにも魅力を感じることができます。トライオートFXでは、期間によってキャンペーンを実施しているので、そのキャンペーンによって特典を受け取ることができます。

トライオートFXではどのようなキャンペーンを行っているのか紹介しましょう。

新規口座開設キャンペーン

トライオートFXでは新規口座開設キャンペーンを行っています。新規口座開設キャンペーンでは口座開設と条件により最大120,000円がプレゼントされます。

条件としては、期間中に新規口座開設して、口座開設月の翌月までにトライオートFXで取引を行います。

取引条件は100万通貨以上の取引で3,000円、500万通貨以上で20,000円、1,000万通貨以上で40,000円、2,000万通貨以上で90,000円の特典となっています。

これはマニュアル取引による新規注文での取引がカウント対象となっています。

自動売買取引の場合は新規約定が全て5万通貨以上であり、入金が100万円以上で3,000円、200万円以上で5,000円、300万円以上で10,000円、400万円以上で30,000円となります。

つまり、マニュアル取引と自動売買取引の両方の条件を達成すると120,000円の特典を受け取ることができるので、トライオートFXで新規口座開設を考えている人は検討してみることができます。

条件を達成するとトライオートFXの口座に入金がされます。

自動売買セレクト初キャンペーン

自動売買セレクト初キャンペーンは口座開設をしている人向けのキャンペーンです。すでにFX口座を開設されており、トライオートFXリニューアル以降に自動売買セレクトで取引をしたことがない人は、このキャンペーンを利用してみることができます。

キャンペーンの条件はトライオートFXの自動売買セレクトで取引が3万通貨以上であり、かつ入金が10万円以上で1,000円、50万円以上で5,000円、100万円以上で10,000円の金額をプレゼントされます。

トライオートFXで自動売買をしたことがない人は、このキャンペーンで最大10,000円を取得することができるので考えてみることができます。キャンペーンを達成したらトライオートFXの口座に入金がされます。

トライオートFXについてまとめ

トライオートFXは自動売買に特化したFX口座であり、自動売買によってFXの利益を狙いたい人におすすめです。トライオートFXを利用するときはコアレンジャーやスワッパーを利用してFXの取引を行うことができ、バランスを見る必要がありますが利益を狙うことが可能です。

もし、まだトライオートFXを利用していないなら、キャンペーンによる特典からトライオートFXでさらに利益を得ることができます。

ぜひ、FX取引を考えている人はトライオートFXの利用も検討してみましょう。

 

おすすめの記事