海外FXを利用して稼いだ利益は税金を必ず収める必要があります。初心者の方は特にFXがどのような税金区分になりどれだけの税率がかかるのかわからない人も多いのではないでしょうか? 「海外FXで利益が出た場合の税金はどう計算するのか」「海外FXはどのようにして税金を収めればいいのか」 と疑問に感じている人もいると思います。 結論から言うと国内FXでも海外FXで利益が出たら納税の義務が発生するため、確定申告が必要になります。 しかし実際にどれくらいの税金がかかるのか、どうやって確定申告するのかはほとんどの人が勘違いしています。 このページでは、海外FXの税金について正しい知識を伝えるために以下のことを解説します。

  • 海外FXの利益にかかる税金
  • 各所得ごとの税金をシミュレーション
  • 海外FXの節税方法
  • 実際に海外FXの利益を確定申告する流れ
海外FXの利益にかかる税金と、実際に確定申告する手順ついての理解することによって自分がどれだけの金額になったらいくらの納税義務が生じるのかの目安がわかりますので今後のトレードライフにおいても役立ちます。 またいくつかの節税方法もご紹介しますので知らなかったから損したと言うことがないようにしましょう。

国税庁のホームページで確定申告書を作成する 源泉徴収票、各種控除証明書、海外FXの年間取引報告書の3つを揃えたら国税庁のホームページで確定申告書を作成しましょう。 確定申告書は下記の流れで作成します。
  1. 源泉徴収票をもとに給与所得を記載する
  2. 年間取引報告書をもとに雑所得と経費を記載する
  3. 各種控除証明書をもとに所得控除を記載する
  4. 記載が全て終わったら確定申告書を印刷する

海外FXの利益は総合課税

おすすめの記事