【バイナリー初心者必見】バイナリーオプション初心者が必ず覚えるべき専門用語まとめ

FXで取引を行って利益を得たいと考えている人もいるでしょう。FXは投資として簡単に行うことができ、初心者でも行うことができるため、お金を得る方法として取り組みやすいです。

しかし、FXにも色々な取引があり、バイナリーオプションという取引方法を選ぶ人もいるでしょう。もしバイナリーオプションで利益を狙うなら、初心者の場合は覚えておく専門用を理解しておく必要があります。

バイナリーオプションで覚えるべき専門用語には何があるのか紹介しましょう。

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションの用語の前に「バイナリーオプションとはどのような取引なの?」と内容について知っておきたい人もいるでしょう。バイナリーとは「二進法」を指しており、「0」か「1」の二者一択のことです。

FXの場合は為替レートで通貨が上がるのか下がるのかを予測して「買い」、「売り」の選択をすることがバイナリーオプションです。二者一択の方法なので「ギャンブル的要素が強いのでは」と思う人もいるでしょう。

しかし、バイナリーオプションは二者一択の選択をするときに分析を行って決定するので、ギャンブルではありません。バイナリーオプションの取引は一見単純に見えますが、奥の深い取引と言えます。

バイナリーオプションで用語を覚えるべき理由

バイナリーオプションの取引を行うときには用語を覚えておくことが大事です。バイナリーオプションの取引で用語を覚える理由としては以下のような理由があります。

取引をスムーズに行うため

バイナリーオプションの用語を覚えるなら、取引をスムーズに行うことができます。バイナリーオプションは二者一択に取引ですが、取引方法は1つではなく複数あります。そのため、取引方法の用語を覚えておかないと自分に合う取引方法が分からず、また取引の幅を広げることもできません。

取引方法をしっかり理解するために用語を覚えることが大事です。

分析を行うため

バイナリーオプションには分析の用語があります。バイナリーオプションは二者一択なので簡単ですが、利益を出す確率を上げるには分析が欠かせません。分析の用語を覚えておくことで「買い」「売り」の選択をするとき自信を持って選択することができます。

分析の幅が広いひほど利益を出す様々なアイデアや手法も出てくるので分析用語も押さえる必要があります。

ツールの意味を理解するため

バイナリーオプションの用語にはツールもあります。バイナリーオプションではツールを利用して相場の分析をサポートしてもらうことができます。ツールにもいろいろな種類があり、自分の手法に合わせてツールを使いこなすことができれば、より確実な分析を行うことができます。

ツールの用語も理解しておくべきです。

資産をしっかり管理するため

バイナリーオプションでは自分の資産を管理することも大事です。取引をして利益を得ることも大事ですが、自分の資産を管理できなければ損失が増えて資産が大きく減少してしまうこともあります。

バイナリーオプションでは資産を守るための用語もあるので、用語を知っておくことでお金を急激に減らさずに資産形成することができます。そのため、資産に関する用語も覚えるようにしましょう。

バイナリーオプション取引で覚える用語

バイナリーオプションで覚えるべき用語はたくさんありますが、その中でも特に覚えておくべき用語を紹介していきます。まずは以下の取引用語を覚えるようにしてください。

ハイロー取引

ハイロー取引という用語は一般的なバイナリーオプションの取引形態のときに使用されます。エントリーしてから取引終了時刻に達するまで、価格が上下でどちらの方向に進むのか予想をします。

エントリーしたときにハイ(HIGH)を選択したなら、取引終了時刻までにエントリーしたポイントよりも高い位置にあれば勝ちとなり利益を得ることができます。

バイナリーオプションの中ではよく使用される取引方法なので、この用語は覚えておくのがいいです。

ラダー取引

ラダー取引という用語は、主に国内のバイナリーオプションで使用されます。ラダー取引は複数のレートから1つのレートを選んで、取引終了時間にそのレートよりも価格が上下どちらかを予想します。

取引から+1円、+5円、−1円、−5円というようにどこのレートまで上がるのか予想してより離れた価格で的中できれば利益を大きく得られます。エントリーのリスクとしてはハイロー取引よりも低いので、初心者はラダー取引という用語も覚えておきましょう。

タッチ取引

バイナリーオプション取引の用語で覚えておくのはタッチ取引もあります。タッチ取引とは1回でも指定したレートに価格がタッチしたなら勝ちとなる取引形態です。この取引はレンジ相場のときではなく、急激に価格が上がるときに利用します。

例えば、政府の要人が金融政策の発言をしたときに利用する取引です。政府の要人が発言したときは急激に相場の上下が激しくなります。そのため、上下のどちらにもエントリーしておけば価格がタッチしやすく利益を得やすくなります。

コツとしては相場が急激に上がりそうな要人の発言や経済指標ニュースなどをチェックしておくことです。情報をチェックしておくことで初心者でもタッチ取引により利益を得やすいので覚えておくべきバイナリーオプションの用語です。

バイナリーオプションの分析で覚えておくべき用語

バイナリーオプションの分析で覚えておくべき用語も確認しておくことが大事です。分析で覚えておくべき用語は以下のようになっています。

テクニカル分析

バイナリーオプションでは、テクニカル分析という用語を覚えておくべきです。テクニカル分析は過去の相場の価格推移を見て、これからの相場の価格をが上がるの下がるのか分析するときに用います。

テクニカル分析は数字のみを見て論理的にエントリーを決めるので、複雑な分析ではなく簡単に行うことができます。ポイントとしては、どれだけの人が「買い」「売り」に多くエントリーしているかを分析することで、自分がどちらにエントリーすればいいのか判しやすくなります。

バイナリーオプションの分析では多くの人が使用しているので、用語として押さえておきましょう。

ファンダメンタルズ分析

バイナリーオプションの分析用語ではファンダメンタルズ分析も知っておきましょう。ファンダメンタルズ分析は政府要人の発言や経済指標の発表により、相場の予測を行う方法です。

ファンダメンタルズ分析の主なニュースとしては、日本銀行総裁の金利政策の発表や米雇用統計発表などが対象となります。これらの発表がされたときはトレーダーも大きく動き出すので通貨の価格が激しく上下します。

ファンダメンタルズ分析では、情報を得た後に素早く行動することが大事です。発表がなされた後は価格が直ぐに激しく動くので、その動きについていくことができるかがポイントです。

初心者でもファンダメンタルズ分析は利益を出すための大事な分析用語なので、バイナリーオプションを行うときは理解しておきまょう。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーという用語も理解しておくと利益を出しやすいです。パーフェクトオーダーとは短期、中級、長期の3本線の移動平均線の向きが同一方向へ一致している動きを見せたときです。

パーフェクトオーダーが現れる相場はどの移動平均線も同じ向きになっているので、その方向の向きによってエントリーするなら、利益を得やすくなります。パーフェクトオーダーはチャートを見たときに、移動平均線が全て同じ方向に向いていることを確認できればいいので、非常に分析が簡単です。

初心者でも一目で分析を行うことができるので、バイナリーオプションを行うときはパーフェクトオーダーという用語を真っ先に押さえて分析するのがいいでしょう。

バイナリーオプションのツールの用語

バイナリーオプションの取引を行うときはツールを使用した方が分析が有利になるので、ツールの用語も知っておきましょう。覚える用語は以下です。

MT4・MT5

MT4やMT5は為替相場の動きを表示させて相場の分析を行うツールです。MT4とMT5は価格の動きを記録することができ、期間ごとに動きをローソク足で使用できるので、バイナリーオプションで相場の確認をするためには必ず必要になるツールです。

MT4とMT5バイナリーオプションの業者によって選択することができ、自分の好きな方を選択するので問題ありません。バイナリーオプションの取引を有利にするためにMT4とMT5の用語はしっかり覚えておきましょう。

インジケータ

インジケータはバイナリーオプションの相場の分析を行うときに利用するツール用語です。インジケータは世界中で開発されており、上記で説明したMT4やMT5もその中の1つです。

インジケータの種類は豊富にあるため、自分に合うツールを選択することが必要です。ただ、複数組み合わせることでエントリー条件を固定して、条件にマッチしたときのみ取引を行うように設定することも可能です。

初心者でもバイナリーオプションでインジケータを活用するなら、効率よく利益を生み出してくれます。

RSI

RSIという用語は日本語に訳すと相対力指数という意味であり、これは過去の一定期間の相場における相対的な「値上がり幅」と「値下がり幅」を数値化した指標です。このツールを利用すれば逆張り系の指標を出すことができ、例えば過去の一定期間で値上がりが7割、値下がりが3割となっていればRSIは70となります。

このツールを利用してバイナリーオプションを行うこともできます。

バイナリーオプションの資産管理の用語

バイナリーオプションを行うときに資産管理の用語を覚えておくことも大事です。どのような用語を覚えることができるのか以下をご覧ください。

マーチンゲール法

マーチンゲール法という用語の意味は、取引勝敗に応じて金額を変化させて勝率を安定させ利益を出す審査管理のことです。例えば、バイナリーオプションの取引で負けてしまったときは次の取引金額を2倍にし、勝てば最初の金額に戻して取引することです。

大きな連敗がなければ損益をなくして利益を得ていくことが可能ですが、連敗すると資金が大きく減少する方法なので、初心者には難しい方法です。しかし、用語として覚えておいて損はありません。

10%法

10%法とは自分の持ち金の10%を投資する資産管理法の用語です。資産の10%しか投資しないので、取引が連勝していけば利益が増えていき、連敗しても資産は大きく減りません。

初心者の方でバイナリーオプションがよく分からない人は、この10%法で取引していくことで資産を守りつつ利益を出していくことができるのでおすすめです。

バイナリーオプションの用語まとめ

バイナリーオプションの用語について紹介してきました。バイナリーオプションは用語がたくさんあるので、用語を全て覚えることは難しいでしょう。ただ、少しづつ覚えていくことでバイナリーオプションの取引の幅が広がり利益も出しやすくなります。

バイナリーオプションで利益を得ていくためにも初心者の方は用語も覚えていくようにしていきましょう。

おすすめの記事