【必見】今更聞けないFX”pips”って何て意味!?

「WEBサイトや情報誌に載ってるFXの「pips」って何?どういう意味?」
「通貨によってが指す金額が変わるの?そもそも読み方って何?」

など、「pips」に関して疑問を持っている方は多いです。結論から言えば、pipsとはFXで使用する単位になります。この単位を使うことで、さまざまな通貨の値動きが認識しやすくなります。

この単位が、WEBサイトや情報誌、トレーダー同士のやり取りなどで当たり前のように使われていますそのため、意味を知っていないと情報を正しく理解できません。ここでは、pipsの意味や読み方、計算方法、注意点などについて紹介しています。この記事を読めばpipsを理解でき、FXの情報や会話を正しく把握できるようになるでしょう。

pipsとは

まずは、pipsの基本的知識を押さえていきましょう。この言葉の意味がわかれば、WEBサイトや情報誌の内容、トレーダー同士の会話も理解しやすくなります。FXを始める上で、ぜひ覚えておきたい内容です。1つずつ基礎的内容を紹介していきます。

意味・指すもの

pipsとは、価格変動を表す際に用いられる単位のことです。「1pips=0,01円(1銭)」を表します。そのため、米ドル/円の取引で「5pips値動きした」と言えば、0.05円(5銭)動いたことを表します。

また、米ドルの場合は「1pips=0.0001ドル」です。そのため、ユーロ/米ドルが「3pips値動きした」と言えば、0.0003ドル動いたということになります。

以下のように、円絡みの通貨ペアは1pips「0.01円」、米ドル絡みの通貨ペアは「0.0001ドル」になります。

通貨ペア 1pips
米ドル/円 0.01円
英ポンド/円 0.01円
ユーロ/円 0.01円

 

通貨ペア 1pips
ユーロ/米ドル 0.0001米ドル
豪ドル/米ドル 0.0001米ドル
英ポンド/米ドル 0.0001米ドル

このように、pipsは通貨の最小単位の1%を表します。(円の1%で0.01円、1セントの1%で0.0001米ドル)

通貨によって異なりますので、間違いないようにしましょう。

以下は米ドル/円で取引する際のpipsが指す値幅表になります。

取引通貨量 1pips 10pips
1通貨 1銭(0.01円) 10銭(0.1円)
10通貨 10銭(0.1円) 1円
100通貨 1円 10円
1,000通貨 10円 100円
1万通貨 100円 1,000円
10万通貨 1,000円 1万円

 

読み方

pipsは、「percentage in point」の略称です。読み方は「ピプス」「ピップス」どちらでも問題ありません。業者や情報サイトにおいても、「ピプス」「ピップス」どちらの読み方も使われています。そのため、自分が使いやすい方で読むようにしましょう。また、口頭ではなく文章にする際は「1ピップス(ピプス)」とは書きません。「1pips」と書くようにしてください。

なぜ使われるのか

pipsが使われる理由は、損益をがどれだけ出ているのかわかりやすいためです。それぞれの国で通貨の単位が異なるため、共通単位を導入することでスムーズに値幅を把握できるようになります。FX取引をわかりやすくするために用いられているのです。

短期トレーダーがよく使う

pipsは短期トレーダーがよく利用します。「スキャルピングで20pips取った」など、取引値幅を表す際に使うのが一般的です。「●●pips取った」などの会話・やり取りを見たら取引単位であることを察知しましょう。

この単位を使っているだけで、何も知らない人からは「すごく詳しい人」という見られ方をします。それに「0.05円値動きしたから利確した」と日本語で表すよりもpipsの方が格好いいものです。

計算方法

ここでは、代表的通貨ペアの取引シチュエーション別で計算方法について紹介しています。基本的な内容6パターンについて、見ていきましょう。通貨や取引量によって変わることを理解していればすぐに計算できるようになります。

米ドル/円で1万通貨取引して勝った場合

「米ドル/円で1万通貨取引をして20pips勝った」という場合は、「1万×0.2円=2,000円」となり2,000円の利益を得たということです。米ドル/円は1pips=0.01円となるため、20pips=0.2円として計算をします。もし、取引量が1,000通貨で勝ったのが40pipsであれば「1,000×0.4円=400円」となります。

1ドル=105.00円で買って105.30円で決済した場合

米ドル/円を1ドル105.00円で買って105.30円で決済した場合は、30pipsの利益を得たことになります。「105.30円−105.00円=0.30円」となり、1pipsは0.01円なので利幅は30です。

1ドル=105.30円で売り104.90円で決済した場合

1ドル=105.30円で売りポジションを持ち、104.90円になった時に決済した場合は40pipsを取れたことになります。売りと買いで0.40円の値幅となり、1pips=0.01円だからです。1,000通貨取引であれば400円、1万通貨であれば4,000円の利益になります。逆に、決済したタイミングが105.70円であれば40pips分の損失です。

1ユーロ=1.1500ドルで買って1.1550ドルで決済した場合

ユーロ/米ドルを1ユーロ=1.1500ドルの時に買い、1.1550ドルで決済した場合は50pipsの利幅を取ったことになります。「1.1500ドル−1.1550ドル=0.0050ドル」で「1pips=0.0001ドル」なので、利幅は50pipsです。

ユーロ/米ドルで1万通貨取引して勝った場合

「ユーロ/米ドルで1万通貨の取引を行い30pips勝った」という場合は、「1万×0.003ドル=30円」となり30円の利益を得たということです。ユーロ/米ドルは1pips=0.0001ドルとなるので0.003ドルとして計算します。

もし、1万通貨ではなく1,000通貨で取引を行い、勝ったのが40pipsであれば「1,000×0.004ドル=40円」となり利益は40円ということです。

1ユーロ=1.1500ドルで売り1.1480ドルで決済した場合

ユーロ/米ドルを1ユーロ=1.1500ドルの時に売り、1.1480ドルで決済した場合は20pipsの損失を負ったことになります。決済したタイミングが1.1400ドルの場合は100pipsです。


pipsに関する注意点

ここでは、pipsに関する注意点を見ていきましょう。これらの注意点を押さえていないと、認識がズレ、正しい状況把握ができなくなります。以下4つの注意点について、1つずつ紹介していきます。

通貨ペアによって単位が違う

注意点の1つは、通貨ペアによって1pipsの単位が違うことです。先に紹介したとおり、米ドル/円や英ポンド/円などの場合は0.01円を表します。しかし、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルなどの場合は0.0001ドルを表します。通貨ペアによって指すものが変わることを理解しておきましょう。

取引量によって変わる

取引量によって1pipsが指す金額が変わります。たとえば、米ドル/円で1,000通貨取引する際の1pipsは10円ですが、1万通貨であれば100円、10万通貨であれば1,000円です。取引量によって金額が変わることを覚えておきましょう。

利確ポイントをpipsで決めよう

初心者の方はpipsを使い慣れるためにも、利確ポイントをで決める時に用いるようにしましょう。「5pips取ったら決済する」など、利確や損切りポイントで用いれば、素早く計算もできるようになります。

相場の見方や分析方法なども覚える

pipsについて理解すればFXで勝てるわけではありません。pipsへの理解と平行して、相場の見方や注文方法、分析方法などを覚えましょう。むしろ、勝つためにはそっちの方が大事です。特に、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析については利益に直結する内容なので、少しでも早く勉強をして基本を習得してください。利益が出なければpipsを覚えても仕方がありません。FXで勝つために必要な知識やスキルも身につけるようにしましょう。


まとめ

ここでは、pipsの意味や読み方、計算方法、注意点などについて紹介いたしました。最後にここで紹介した4つの重要ポイントをまとめています。

・pipsはFXの単位のこと
・「米ドル/円で1万通貨取引をして20pips勝った」は2,000円の利益を得たこと
・取引通貨量によって1pipsが表す金額(値幅)は変わる
・pipsを覚えるのと並行して分析方法などを勉強することが大事

pipsはFX取引をする際に用いる単位であり、WEBサイトや情報誌、トレーダーとのやり取りでもよく出てきます。そのため、pipsが何を表すのか、どう計算するのかを把握し、正しく情報収集できるようにしましょう。これからFX取引を始める予定の方は、ぜひここで紹介した内容を参考にしてください。

おすすめの記事