これから気になるMT4とMT5の違いについて徹底解説

FX取引のプラットフォームとして多くの人に使われているMT4。

 

 

ネット上でダウンロードした様々なインジケーターを使えたり、チャートが大きくきれいにみれるといった点で人気ですよね。

 

 

そんなMT4ですが、皆さんはMT5というものもあるということはご存じでしょうか?

 

 

今回はMT4と比べると新しいMT5について徹底解説していきたいと思います。

 

MT4とMT5の違い

MT4とMT5はMetaquoutes Software社にとって提供されているFXの取引プラットフォームです。

 

 

MT4が長らく世界中のトレーダーから愛用されていたのですが、2011年に新たにMT4の改良版としてMT5が配信されました。

 

 

今ではMetaqoutes Software社はMT5に注力しているといわれており、近年徐々にMT5を使う人が増えてきています。

 

 

MT4とMT5の主な違いとしては、

 

 

  • 価格の動きの速さ
  • インジケーターの種類の量
  • 表示できる時間足の種類数
  • ナビゲーターウィンドウの改良
  • 気配値表示の改良

 

 

などが挙げられます。

 

 

以降の章でそれぞれについて詳しく解説していきますので、ぜひぜひ自分にはMT4とMT5のどちらが向いているのか考えながら読んでみてください!

MT5のメリットデメリット

それでまずMT5のメリットデメリットから見ていきたいと思います。

 

 

MT5のメリットとして以下の5つが挙げられます。

 

  • 価格の速さ
  • 表示できる時間足の増加
  • 気配値の改良
  • ナビゲーターの改良
  • 度重なるアップデート

 

価格の速さ

 

 

MT4と比べ、MT5の価格変動の速さは桁違いとなっています。

 

 

MT4の価格変動も決して遅いわけではないのですが、MT5の価格の動く速さを見た後ではどうしてももっさりとした印象を受けてしまいます。

 

 

特にスキャルピングのようなより細かい足を基準として取引をしている方は価格の表示差による発注への遅れが減るでしょう。

 

 

それだけMT5は現在の価格を滑らかにサクサクと表示しているといえます。

 

 

表示できる時間足の増加

 

次にMT5がMT4とくらべ、進歩しているのは表示させることができる時間足の種類の増加です。

 

 

MT4では「月足」「週足」「日足」「4時間足」「1時間足」「30分足」「15分足」「5分足」「1分足」が表示できる時間足のすべてです。

 

 

一方、MT5では「2分足」「3分足」などの細かい足のチャートに加え、最大「12時間足」といった大きな時間足のチャートも表示することができるようなっています。

 

 

皆さんもMTF(マルチタイムフレーム)分析について聞いたことがあるのではないのでしょうか?

 

 

相場は1年や5年、果ては10年といった長期保有を目的としたトレードから数十分や数時間、より短いと数十秒しかポジションを持たない短期売買のトレーダーなど様々な取引期間を想定したトレーダーによって動かされています。

 

 

特に長期保有を目的とした投資家が参入してくる場面では、超短期売買を目的としたトレーダーも普段以上に長期取引を目的とした投資家を意識しなければなりません。

 

 

また長期投資を目的とした投資家も売買をするときの基準足は短期足であることが多いでしょう。

 

 

こうしたように大きな流れが今どうなっているのかということから短期の時間軸の流れへと目線をギュッと凝縮していくMTF分析を行っていくうえで様々な種類の時間足を確認することは避けられません。

 

 

8時間足や12時間足を利用してMTF分析を行うと普段とは違った発見もあるでしょう。

 

 

気配値表示の改良

 

MT4からMT5に改良された中で、人によっては上位に位置するほど嬉しいのがこの気配値表示の改良ではないかと思います。

 

MT4では気配値を表示させると雑多に並んだ各通貨ペアのaskとbidを見ることができるだけです。

 

しかしMT5では違います。

MT5では「銘柄」「詳細」「プライスボード」「ティック」の4つのタブに分けられています。

 

 

銘柄」のタブではMT4と同じように各通貨ペアのaskとbidが一覧で並んでいます。

 

 

詳細」タブでは銘柄タブで選択した通貨ペアの詳細情報が表示してあります。

 

 

スワップポイントの情報や高安値についての情報が載っていて、今通貨がどういった状況なのかを知るには非常に優れています。

 

 

プライスボード」タブでは銘柄で一覧になっている通貨の注文をワンクリックで行えるようになっています。

 

パソコンの1画面で分析を行い取引を行っているトレードーにはそこまで重要ではないかもしれませんが、様々な通貨ペアのチャートを表示させているデュアルモニター以上のトレーダーには非常に使いやすいものとなっています。

 

 

もちろん気配値表示はパソコン画面の好きなところへ移動させることが可能なので、どこかの画面の端に表示させ、エントリーしたいときにワンクリックでエントリーできるようにするのがおすすめです!

 

ティック」タブではより細かい値動きをとらえることができます。

 

細かくエントリータイミングを狙っているトレーダーは上手にタイミングを合わせることでより有利なポジションを取ることができるようになります。

 

ナビゲーターの改良

 

次に解説するMT5のメリットはナビゲーターです。

すっきりとした形になっていて、非常に見やすくなりました。

 

 

新規でフォルダを作成できるようになり、インジケーターもMT4と比べ、すっきりと見やすくなっているので操作性が上がっています。

 

度重なるアップデート

 

最後にMT5のメリットとして紹介するのは度重なるアップデートです。

 

これだけ聞くと「え?アップデートされるってことはまだまだ改善の余地があるだけなんじゃないの?」とお思いの方もいるのではないかと思います。

 

 

もちろんその推測通り、まだMT5は改良途中です。

 

 

最近では数多くの改良アップデートがMT5に施されています。

しかし、MT4はまったくと言っていいほどアップデートされませんでした。

 

 

こうしたことからMT4とMT5を提供しているMetaqoutes Software社はMT4ではなく、MT5の発展と普及に非常に強く力を入れていることがうかがえます。

 

 

今ではMT4を利用できる証券会社とMT5を利用できる証券会社の数では大きな差がありますが、今後Metaqoutes社の様々な施策によってMT5の普及が進められていくものと考えられます。

 

 

現に今Metaqoutes社の公式ホームページからMT4のダウンロードができないようになっていることからこの推察も的外れではないと思われます。

 

 

今後の取引プラットフォームの変遷にいち早く乗っておくという意味でもMT5を利用するというのは良い選択肢でしょう。

 


 

以上の5つがMT5を使用するメリットです。

 

 

特に実際にMT5を利用している私が初めて利用したときに驚いたのは価格が非常に滑らかに動くことです。

 

 

値動きを細かくとらえることができるので、今の下げは押し目なのか、しっかりとした下落なのかといったように役立てることができました。

 

 

止まったチャートではわかりずらい実際の取引の状況などが手に取るようにわかるのでそれを一度体感してみるのも良い経験になると思います。

 

 

そんなメリットが多いMT5ですが、もちろんデメリットもあります。

 

 

MT4と比べMT5が劣っている点は、

 

  • インジケーターの種類が少ない
  • MT4用のEAが使用できない
  • MT5が使える証券会社が少ない

 

1,2については次の「MT4のメリットデメリット」の部分で詳しく話しますので、ここでは3の「MT5が使える証券会社が少ない」という部分について話していきます。

 

MT5が利用可能な証券会社の少なさ

 

MT5をメイン取引プラットフォームとして利用するには証券会社でMT5に対応した口座を作る必要があります。

 

 

その際にMT4の場合は多くの証券会社で選択可能なので、証券芸者のスプレッドや約定力、通貨ペアの種類などを基準に自分に一番合った口座を選ぶことができます。

 

 

しかし今のところではあまり多くの証券会社でMT5が選択可能というわけではありません。

 

 

そのためMT4を使う場合に比べると少ない選択肢の中からメインで利用する証券会社を選ばなければなりません。

 

 

ただMetaqoutes社の頑張りもあり、数年前に比べMT5が利用可能な証券会社の数は格段に多くなっています

 

TitanFXXMFXProといった非常に人気で有名な証券会社を選ぶことができるのでよっぽどこだわりのある方以外は十分ではないかと思います。

 

 

しかし国内のFX証券会社で使用できるところが少ないことには留意しておく必要があります。

 

 

私はどうしても国内のFX業者を利用して取引を行いたいんだ!!と固く決意されている方などはサブ口座としてどこか安全といわれる海外の証券会社の口座を開設して分析ツールとして利用するのも良いでしょう。

 

MT4のメリットデメリット

 

一方でMT4を利用することで得られるメリットは大きく2つあります。

 

  • 多種多様なインジケーターを利用することができる
  • 多くのEAがある

 

多種多様なインジケーターを利用することができる

 

証券会社独自の取引プラットフォームではなくMT4を使う大きなメリットとして、世界中の多くの人が作成した独自のインジケーターを自分のMT4に導入できることです。

 

 

現在では様々な手法や取引ツールがネット上で商材として販売されていますが、それらを導入するにはMT4が必要です。

 

 

その他にも東京時間、ヨーロッパ時間、ニューヨーク時間と細かく色分けしてくれるインジケーターや東京時間に下の時間軸を合わせるインジケーターなど無料でダウンロードできるインジケーターにも優れたものも多く、これらは取引をより効率的にするのに役立ちます。

 

 

そのため取引環境や手法に独自の特別なインジケーターを表示させているという方はMT4を使い続けるのがいいでしょう。

 

 

多くのEAがある

 

インジケーターと同様にネット上には各種様々な自動売買プログラム(EA)があります。

 

 

自らの手法を分析し、自分で独自のEAを作成し、運用しているという方もいるのではないでしょうか。

 

 

MT4で使用しているEAはMT5で利用することができないために、MT4で利用している自動売買をこれからも利用していきたいという方はMT4をそのまま使い続けるべきです。

 


 

以上をまとめると、独自のインジケーターやEAを利用している方の場合にはMT4のほうが向いているということです。

 

その他にも使い慣れているというのも人によっては重要な要素でしょう。

 

 

一方でMT4のデメリットはMT5のメリット部分、と言えるのですがここでは将来性が一番のデメリットとしておきたいと思います。

 

 

MT5のところですでに少しふれましたが次の章でここについてより詳しく述べていきます。

 

 

MT4とMT5の今後

 

どちらにもメリットデメリットがあるMT4とMT5ですが、大きな違いが提供会社による将来の期待感です。

 

 

最近では何度もMT5がアップデートされており、よりトレーダーが利用しやすいように改良され続けています。

 

 

しかしMT4はあまり改良がなされておらず、放置感が否めません。

 

 

さらにMetaqoutes社が公式ホームページでダウンロードできないようにしていることから今後はMT5を広げていくと意思表示をしているとも取ることができます。

 

 

今の状態ですと、インジケーターやEAがMT4のほうが進んでいるといわれていますが、ここ最近のMT5で使用できるインジケーターやEAの増加から近い将来MT5の機能性がMT4を上回るのではないかと思われます。

 

 

まとめ

 

今後で話したように、これから先はよりMT5が普及したFX界になると思われます。

 

 

ただそうはいっても今のところはMT4、MT5はしっかりとオススメできる層が違います。

 

 

まずMT4をお勧めしたいのが、特別なインジケーターやEAを利用して取引を行っている方です。

こうした方は従来通り、MT4を使い続けるのがいいでしょう。

 

 

一方で裁量でトレードを行っており、特に特別なインジケーターは利用していないという方は是非一度MT5を使ってみてください。

 

 

特に価格が思ったよりもサクサク動き、FXのぶんせきがよりはかえどるかもしれません。

おすすめの記事