みんなのFXの評判、メリット・デメリットについて徹底解説‼︎

昔と比べると、FX業者の数はどんどんと増えてきています。

今回ご紹介する、トレイダーズ証券が運営している「みんなのFX」についても

そのスプレッドの狭さなど、様々な口コミ、評判が集まっています。今回の記事ではみんなのFXの口コミ、評判を調べ、そのメリットとデメリットについて徹底的に解説していきたいと思います。

 

ちなみにトレイダーズ証券はみんなのFXとは別に「LIGHT FX」なるものも運営していますが、今回ご紹介するのは「みんなのFX」のみになります。「LIGHT FX」については別の記事でご紹介いたします。

 

みんなのFXについて

「みんなのFX」はトレイダーズ証券が運営するFXプラットフォームです。先に同社が運営する「LIGHT FX」について少し触れましたが、両サービスについて大きな差がありません。スワップポイント、スプレッドに差はありません。「みんなのFX」と「LIGHT FX」の違いは取り扱い商品の差およびシステムトレードやバイナリーオプションを使用できるか否か、です。

 

「みんなのFX」にせよ、「LIGHT FX」にせよFX業界では最狭水準のスプレッドです。FXトレーダーの間では大変好評で、開設口座数は既に約40万という人気プラットフォームとなっています。

 

みんなのFXのメリットについて

まず最初にみんなのFXについて調べた評判などから、みんなのFXのメリットについてご紹介していきます。

 

みんなのFXはスプレッドが狭い!

 

まずFX初心者の方にご説明しますと、スプレッドとは「買い」と「売り」のレート差(価格差)のことであり、FXトレーダーにとって実質的な「コスト」にあたります。FXでは取引ごとにスプレッドコストは発生しますので、スプレッドが狭いこと=コストが低いことは、FXトレーダーにとっては非常に重要な要素となります。

 

先に触れました通り、みんなのFXのスプレッドは業界内でもトップクラスの狭さであり、FXトレーダーからの人気を集めている理由の一つとなっているようです。口コミや評判を調べる限り、みんなのFXのスプレッドについては高評価の声が多く見受けられました。

 

例えば最もメジャーな取引にあたる米ドル円のスプレッドは0.2銭で、かなり安い部類に入ります。ちなみに米ドル円のスプレッドの最安値はSBI FXトレード0.09銭ですが、みんなのFXのスプレッド0.2銭も十分魅力的であるとFXトレーダーから思われているようです。みんなのFXの口座開設数は約40万と、人気を集めていることが分かります。

 

みんなのFXはスワップポイントが高い

 

スワップポイントとは、例えば米ドルと日本円の通貨金利の差分を、金利収入として毎日得られる仕組みです。例えば金利が極端に低い日本円を売って、金利の高い南アフリカランドを買うと、日本円と南アフリカランド間の金利差分をスワップポイントとして日々収入として得ることができます。

 

といっても必ず通貨ごとの金利差を得られる訳ではありません。

例えば現在(2020年10月24日)の南アフリカランドの政策金利は3.50%で、日本円の政策金利は-0.10%です。単純に考えれば-0.10%分の金利を支払いながら、3.50%の金利を受け取ることができるのですが、この金利差、スワップポイントはFX業者ごとに定められていますので、スワップポイントをコツコツと貯めていきたい方は業者ごとにスワップポイントが幾らに設定されているかのチェックが必要です。

 

さてみんなのFXのスワップポイントについての口コミ、評判を調べてみると概ね高評価の声が多かったです。特にトルコリラ、南アフリカランドのスワップポイントについては「他の業者と比べても高めに設定されている」と評判で、ポジションの長期保有によってスワップポイントを貯めていきたいFXトレーダーから「みんなのFX」の人気は高くなっているようですね。

 

みんなのFXはシステムトレードが利用可能!

 

みんなのFXではシステムトレードが利用可能です。トレイダーズ証券が運営するもう一つのFXプラットフォームである「LIGHT FX」ではシステムトレードが利用できないことから、システムトレードを使いたい中級者以上のFXトレーダーからは、みんなのFXの評判が良いようです。

その評判のうち、最も多かったのは「シンプルさ」についての評判です。みんなのFXのシステムトレードは評判通り、非常にシンプルで「お気に入りのトレーダー」あるいは「ロボット運用によるストラテジー」を選択することで、そのトレーダー(あるいはロボ運用のストラテジー)がエントリーをすると、自身の口座でも自動的に同じトレードがなされるようになります。このようなシステムは業界でも珍しいですが、みんなのFXのシステムトレードについては特に初心者からの評判が高いようです。一方で中級者以上からの評判は特に良くもなく悪くもなく、といった感じでした。

このようなシステムトレードについては「思ったより儲からない」という評判が付き纏います。当たり前のことではありますが、幾ら勝率の高いトレーダーでも負けるときは負けます。人の真似をしたからといって上手くトレード出来るわけではありませんのでご注意を。

 

以上、みんなのFXについてのメリットをご紹介してきました。全般的にスプレッドの狭さ、スワップポイントの高さという標準的な部分で評判が高い業者である、といった印象を受けるかと思います。最もFXトレーダーにとってはスプレッドがどれくらい狭いかは非常に重要で、年間収益に大きく影響してきます。その部分での評判が高いというのは、みんなのFXでこれから口座開設者を目指す人には好材料になるのではないでしょうか。

 

みんなのFXのデメリットについて

 

それでは次からはみんなのFXのデメリットについてご紹介していきます。評判の悪い部分には特に注目し、リスク管理をしておきましょう。

 

みんなのFXはスマホアプリが弱い

 

みんなのFXスマホアプリは、トレードの際に用いる指標(テクニカル指標)が競合他社に比べると劣る、といった評判が多いようです。

 

というのもみんなのFXはやはり初心者トレーダーのためにサービスを充実させている節があり、みんなのFXスマホアプリで使える機能はMACDやRSI、ボリンジャーバンドなどの使いやすい標準機能に絞られています。

 

よって初心者ではない、テクニカルなトレードを好む中級者以上のトレーダーにとって、みんなのFXスマホアプリは物足りない、という評判が多く見受けられました。

 

多額のトレードを行う人には不向きかも?

 

みんなのFXで扱える通貨ペアのほとんどは、1回あたりの最大取引量が100lotまでになっています。

 

※2020年9月26日から、メキシコペソ円と南アフリカランド円の1発注あたり最大取引数量が200lotになりました!

 

競合他社では300lotから500lotなど取引できることから、資産を多く持つトレーダーからすれば「みんなのFXは少し物足りない…」「みんなのFXは初心者トレーダー向けだと思う」との評判が多くなっているようです。スプレッドが狭いだけに「大口取引が行えないのは勿体無い…」という声も見受けられました。

 

みんなのFXはマーケット情報量が少ない

 

みんなのFXは競合他社(特に大手)と比べるとトレーダーに対して提供している情報量が少ない、という評判チラホラ見かけます。みんなのFXの情報ソースはたったの2社だけで、情報量では大手業者には敵わないでしょう。

 

レートの動きをマーケット情報を中心にして捉えていくトレーダーには物足りないのではないでしょうか。

 

逆に情報は不要、標準的なテクニカル指標などを使ったシンプルなトレードを行う方にとっては、スプレッドの狭さも相まって魅力的なFX業者である、とも言い換えることもできます。

 

以上、みんなのFXにおけるデメリットについて紹介してきました。お読みいただきお分かりになる方も多いでしょうが、みんなのFXには致命的な弱点、デメリットはないように思えます。ポジティブな評判の方が多いですし、ネガティブな評判のほとんどは「せっかくスプレッドが低くても大口取引ができないんじゃあね…」という上級者トレーダーによるもの、という印象を受けました。

 

みんなのFXに関する口コミ、評判を集めてみました

 

ここからは実際にあらゆるサイト上に載っている、みんなのFXに関する口コミや評判について抜き出してみました。宜しければ参考にしていただければ幸いです。

 

【ポジティブな評判】

 

スワップポイントが高く設定されているのでスワップ狙いの投資には最適かも!
特に南アフリカランドのスワップポイント高い!

みんなのFXはスプレッドコスト、スワップポイント、取引単位のバランスが丁度良い!

スプレッドが原則固定で、市場が大荒れのときもスプレッドが広がらず頑張っている印象

 

【ネガティブな評判】

 

みんなのFXは初心者向けかな?上級者には向かない

 

時折ですが約定が通りにくい事態が発生しており、頻繁な取引には使えない

 

やはり総じて「スワップポイントが高い」「スプレッドが狭い」「大口取引には向いていない」という評判が中心になっているようです。

 

まとめ~みんなのFXは初心者に優しい業者~

 

以上、みんなのFXについて口コミや評判を集め、メリット、デメリットなどをまとめてみました。先に触れたとおり「スワップポイントが高い」「スプレッドが狭い」など総じてポジティブな評判が多いように思えますが、みんなのFXの特徴などから考えると、好評価しているのはFX取引を始めたばかりの初心者トレーダーによるものが多かったかもしれません。

 

ネガティブな意見については「テクニカル指標、ツールが物足りない」「大口取引がそもそも行えない」など中級~上級トレーダーによるものが多かったのではないでしょうか。

確かにネガティブな評判通り、ある程度トレードに慣れてテクニカル指標を使いこなしているトレーダー、あるいは取引数量が多くなってきているトレーダーにとっては、みんなのFXのプラットフォームやサービスでは満足できないものであると思います。

 

そこで改めてみんなのFXに向いている人を挙げるのであれば

・FXをこれから始めようとしている方

・スプレッドコストを重視するトレーダー

・スワップポイントの高さを評価基準にし、長期運用をお考えのトレーダー

・頻繁な取引を行うことがないトレーダー

・少額取引でも問題のないトレーダー

・最低限のテクニカル指標があれば問題のないトレーダー

・マーケット情報をそこまで必要としていないトレーダー

などでしょうか。これらに当てはまる方は是非「みんなのFX」の口座を開設してみましょう。逆に上記項目に当てはまらない方は、別業者を使った方が無難かと思われます。

 

最後に、FX業者の数は非常に多く、どの業者が優良であるかを十分に検討してから口座開設することをオススメします。当サイトでは他にも国内・海外のFX業者の評判を集めて分析した記事を掲載しておりますので、宜しければ参考にしてみてください。

おすすめの記事