コロナで大荒れの相場、6割以上の人が負けている⁉︎ 384名のFXトレーダー調査まとめ

FX取引をしていて「コロナの影響で負けてしまった」「コロナ相場で勝っている人はいるの?」など、コロナ禍における他のFXトレーダーの成績を知りたいと考える人は多いようです。

そこで本記事では、海外FX wiki(https://kaigaifx-wiki.com/)の調査をもとに、コロナ相場のFXの成績について紹介します。

コロナの影響を受ける中で、他のFXトレーダーがどのような成績を出しているのか気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

コロナ相場ではFXトレーダーの64%が負け

「海外FX wiki(運営会社株式会社RUNWAYS)」は、384名のFXトレーダーを対象として、コロナ禍におけるFX取引の成績を独自調査しています。

【調査期間】
2020年7月31日〜2020年9月2日

【海外FX wiki調べ】
https://kaigaifx-wiki.com/

■会社概要
社名:株式会社RUNWAYS
HP:https://runways.co.jp/
代表者:斉藤晴紀
設立年月日:2018年7月
TEL:03-6380-2771

その結果、コロナ相場において、実に64%ものFXトレーダーが負けていることがわかりました。3人に2人が負けており、非常に難しい相場であることがわかります。

※海外FX wiki調べ

勝ったFXトレーダーは36%

384名のトレーダーの内、コロナ禍以前と比べて「勝っている」と答えたのはわずか36%(138名)のトレーダーだけです。つまり、3人のFXトレーダーがいたら、負けているのは2人、勝っているのは1人だけだということです。

±10%の勝ち・負けが最も多い

「どのくらい勝っている?負けている?」という質問では、±10%と答えた人が最も多いです。

・プラス10%で勝った:66人(勝っている人の48%、全体の17%)
・マイナス10%で負けた:79人(負けている人の32%、全体の20%)

上記の通り、勝っている人の2人に1人がプラス10%の勝ちで、負けている人の3人に1人がマイナス10%の負けに収まっています。つまり、コロナの影響で10%以上負けている人の割合が10%以上勝っている人の割合より多いということです。

プラス100%以上勝ちは1%未満、マイナス100%以上負けは5%

コロナの影響を受ける相場で、±100%以上の結果になっているFXトレーダーもいます。

・プラス100%以上勝った:4人(勝っている人の3%、全体の1%)
・マイナス100%以上負けた:20人(負けている人の8%、全体の5%)

マイナス100%以上負けた人は、プラス100%以上勝った人の5倍です。±10%と、少額でも勝った人や損失を最小限に抑えたトレーダーがいる一方で、大きな利益を得たり、大きな損失を負った人も、少なくないことがわかります。

コロナ相場で44%のFXトレーダーの取引頻度が減る

調査結果によれば、44%(168人)ものFXトレーダーがコロナ相場の影響で取引頻度が「減った」と答えています。逆に、取引頻度が「増えた」と答えたFXトレーダーは36%(137人)で「変わらない」と答えたのは21%(79人)でした。

※海外FX wiki調べ

FXの取引頻度が減った理由

コロナ相場でFX取引頻度が減った理由として多いのは、以下2点です。

・相場が読めない
・リスクが高い

これらの理由で、88人ものトレーダーが取引頻度が減ったと答えています。

※海外FX wiki調べ

取引頻度が減った人の多くは負けている

「相場が読めないから」「資金不足だから」「モチベーションがないから」など、取引頻度が減ったと答えた人168人の内、82%(138人)は既に負けて損失が出ている人です。勝って利益を出した上で取引頻度が減っている人は18%(30人)しかいません。

FXの取引頻度が増えた理由

※海外FX wiki調べ

コロナの影響によって取引頻度が「増えた」と答えたFXトレーダーは、全体の36%(137人)です。取引頻度が増えた理由で多いのは、テレワークや自粛により、家にいる時間や自由な時間が増えたことでした。また「ボラティリティが大きくなったから」と、コロナ相場がチャンスと思って取引頻度が増えた人も20%(28人)います。

取引頻度が変わらないFXトレーダーは「自分の取引ルールがある」

※海外FX wiki調べ

一方、コロナの影響を受ける前と取引頻度が「変わらない」と答えた人も21%(79人)います。上位の理由は「マイペースで取引しているから」「ルールを決めて取引しているから」というものです。これらの理由の半数以上の人が勝って利益を出しています。

つまり、コロナの影響を受けた相場では、自分のスタイルを崩さずFX取引を行っているトレーダーは、勝っている人が多いということです。

コロナ相場で取引された通貨ペア

コロナ相場の中で最も取引された通貨ペアは、米ドル/円(63%)でした。次にユーロ/円(10%)と豪ドル/円(10%)、ユーロ/ドル(4%)、ポンド/円(4%)と続きます。コロナ禍においても、取引される通貨ペアは普段とほとんど変わっていないことがわかります。

まとめ

ここでは、海外FX wikiの調査をもとにコロナ相場のFXの成績について紹介しました。

最後に、ここで紹介した大事なポイント6点をまとめています。

・コロナの影響を受けた相場では3人に2人が負け、1人が勝っている
・取引頻度が減った人は44%で増えた人は36%
・取引頻度が減った理由は、相場を読む難しさやリスクの高さ、既に負けているからなど
・取引頻度が増えた人は家に長くいる時間を有効活用している
・自分のスタイルを崩さず取引している人の半数以上は勝っている
・取引通貨ペアはコロナの影響を受ける前とほとんど変わらない

コロナの影響を受けても勝って利益を出している人はいます。FX取引が上手くいっていない人は、負けている理由や勝っている理由等を確認し、自分の取引のプラスになる情報を取り入れるようにしましょう。

あなたにおすすめの記事