QUOREA BTCについての評判を徹底解説

BTCによる投資をして資産運用を考えている人もおられるでしょう。

しかし資産運用を行うためには業者への登録を行う必要があり、利用する取引所で悩んでしまう人もいるでしょう。

もし取引所で悩んでいるならQUOREA(クオレア)がおすすめです。QUOREA(クオレア)はAIを利用して自動売買でBTCの取引を行うことができる業者として有名です。

ただ、「QUOREA(クオレア)BTCの自動売買にはどんな特徴があるの?」と疑問を感じてしまう人もおられるでしょう、今回はQUOREA(クオレア)BTCについて内容を徹底解説していきましょう。

QUOREA(クオレア)BTCとは

クオレア BTC

QUOREA(クオレア)BTCは自動売買用のプラットフォームであり、別の取引口座と連携させて自動売買を行っていきます。業者というよりはプラットフォームと考えてもらうのがいいでしょう。QUOREA(クオレア)ではビットコインによるBTCとFXによる自動売買の両方を利用することができます。

BTCによる自動売買を提供してくれているプラットフォームは少なく、利用を考えていてもなかなか取引会社が見つからないことが多いです。

しかし、QUOREA(クオレア)であればBTC取引による自動売買の投資ロボットは4,000種類集めており、運用実績もFXよりもBTCの方が長いです。

運営会社も株式会社efitと言われる所で、株式や外国為替取引を展開している会社で住所や代表者の名前を公式サイトで提示しています。投資や金融系のライセンスも取得しているので、安全性と信頼性が確認でき、自動売買の取引も安心して行うことができるでしょう。

BTCの自動売買はQUOREA(クオレア)の利用を検討してみることができます。

QUOREA(クオレア)BTCを利用するメリットとは

QUOREA(クオレア)BTCによる自動売買を利用するなら「どんなメリットがあるの?」と考える人もいるでしょう。

QUOREA(クオレア)BTCのメリットを知っておくことで、自分にとっての使いやすさやトレードスタイルに合っているのか確認することができます。QUOREA(クオレア)BTCの自動売買は以下のようなメリットがあります。

仮想通貨での自動売買が行える

QUOREA(クオレア)は仮想通貨のビットコインで自動売買が行えるのが大きなメリットと言えるでしょう。仮想通貨はBTCを含めて、売買取引や積立て取引など多くの取引方法が提供されてきています。ただ、仮想通貨は値動き変動がFXや株式よりも激しくなかなか安定しません。

もし自分の裁量トレードであれば、価格が大きく動いたときに売買を行うことができず、大きな利益を逃してしまうことや大きな損失になってしまうこともあります。ただ、自動売買によってBTCの取引を行えるなら設定通りに売買を行ってくれるので、値動きが激しい中でもしっかり取引をして利益を出してくれる期待を持つことができます。

急激な価格変動の場合はAIが追いつかない可能性もありますが、常時の価格変動であれば自動売買で十分利益を出せる可能性は高いです。裁量トレードや自動積立よりも、QUOREA(クオレア)の自動売買の方が短期間で利益を得られるでしょう。

投資ロボットに報酬がもらえる

QUOREA(クオレア)で提供されているロボットは全部で4,000種類以上ありますが、投資ロボットは自分で開発していくことができます。そして、投資ロボットの開発者にはQUOREA(クオレア)から報酬が支払われる仕組みとなっています。

しかも開発者自身も自分で改良したロボットをBTC自動売買として運用することで、より利益を上げることもできます。

もちろんBTCの自動売買を行いたいトレーダーは、QUOREA(クオレア)のロボットを選択して取引することができます。利用したいロボットを探す際には実績を確認することができ、自分に合っているロボットが選択可能です。

QUOREA(クオレア)のこの報酬の仕組みにより、BTCの取引は利益を得られやすいと言えるでしょう。

手数料が高くない

BTCの自動売買と聞くと「ロボット利用料が高いのでは?」と思ってしまう人もいるかもしれません。自動売買は運用するときに利用手数料の支払いを行う必要がありますが、利用手数料が高いと利益を得ても出費により結果的に利益が少なくなってしまうことがあります。

しかしQUOREA(クオレア)は利用手数料が少なく、最大でも取引高の0.05%までしか手数料が取られません。最大取引高さえ分かれば、手数料で支払う出費も計算しやすく、自分の利益も確保しやすいです。

またQUOREA(クオレア)の利用料金はとてもシンプルで分かりやすく、初期費用や月額手数料は0円となっているので、利用手数料以外は無料です。BTC自動売買は手数料を抑えることが大事ですが、QUOREA(クオレア)であれば手数料に関しては安心して取引することができるでしょう。

複利運用を行うことができる

QUOREA(クオレア)のBTC自動売買であれば複利運用を行うことも可能です。一般的な自動売買であれば取引量を具体的に指定する必要があり、あらかじめ取引量について把握しておく必要があります。

しかし、QUOREA(クオレア)の場合はBTC1回のトレードで投資する金額の割合で取引量の指定を行います。

この取引方法であれば、資金を増やしていけば投資資金の数量も勝手に増えていくので複利運用を行うことが可能となります。BTCの自動売買で複利運用はなかなかなか行えないことですが、QUOREA(クオレア)であれば複利運営の方法も行えるので、投資の選択幅が広いと言えるでしょう。

QUOREA(クオレア)BTCのデメリットは何がある?

QUOREA(クオレア)のBTCによる自動売買で利益を狙うことができますが、デメリットも確認しておく必要があります。どんな取引でもデメリットは付いているので、しっかりデメリットを確認した上で取引を行なっていく必要があります。QUOREA(クオレア)のBTCでは以下の点を明記しておきましょう。

仮想通貨の種類は少ない

QUOREA(クオレア)ではBTCの自動売買を行うことが可能ですが、自動売買に利用できるのはビットコインのみです。仮想通貨にはいろいろな種類があり、イーサリアムやリップル、ネオコインなどがあります。

仮想通貨の種類が多いなら、それだけ自動売買で利益を狙う計画や取引の選択肢も増えますが、QUOREA(クオレア)ではビットコインのBTCのみとなっているので、他の仮想通貨でも取引をしたい方には向いていない可能性もあります。

また、QUOREA(クオレア)BTCに対応している取引所も「GMOコイン」「bit Flyer」「Liquid」があるとは言え、金融商品取引法により今から新規で利用できるのは「GMOコイン」のみです。

「GMOコイン」は大手なので登録や開設はしやすいですが、1つしか利用できないのはトレーダーにとっては不便さを感じる人もいるでしょう。仮想通貨の種類が1つなのと取引所も少ないことはQUOREA(クオレア)のデメリットと言えますが、それでも他のサービス面で満足しているトレーダーも多いです。

投資ロボットの選択が難しい

QUOREA(クオレア)で投資を行うときは自動売買のロボット選択が大事です。ロボットの選択によりBTCの利益が効率よく得られるのか決まるため、しっかり見極めて選択する必要があります。

しかし、QUOREA(クオレア)ではBTCの自動売買ロボットの選択が難しいこともあります。QUOREAク(クオレア)ではロボットランキングの項目が少なく、投資ロボットを選ぶための情報がかなり少なく、種類も多いので全てのロボットの情報を見ることが難しく感じてしまいます。

またロボット全てが優秀なわけではなく、中には改善の必要があるロボットも存在しているので、それらのロボットを見極めるための判断力も必要になってきます。QUOREA(クオレア)でBTC取引のロボットの選択をするには知識と慎重さが必要になってくるので、それらをしっかり行うことができるようにしておきましょう。

QUOREA(クオレア)BTCの使い方とは

QUOREA(クオレア)でBTCの自動売買取引を行うためにはロボットの使い方について知っておく必要があるでしょう。QUOREA(クオレア)のロボットについて知っておくことでロボットによる自動売買の運用を効率的に行うことが可能です。以下の3つのポイントについて知っておくようにしましょう。

取引所へ入金

まずは取引所に資金を入金するようにしましょう。QUOREA(クオレア)のロボットは1つBTC取引で運用するためにも10万円ほどの資金が必要になります。また、BTCの自動売買で動かすためのロボット1つ1つの最低金額は異なるので、自分が動かしたいロボットの入金額をしっかり確認しておくようにしておきましょう。

もし、ロボットを複数動かすなら20万円以上の資金が必要です。取引所には最低金額の売買単位が設定されていますが、BTCの価格によって必要金額は変わるので、その点も注意して資金を入金するようにしましょう。

APIキーを取得

QUOREA(クオレア)でロボット運用を行うならAPIキーの取得をしておく必要があります。APIキーは取引所で発行されているので、それをコピーしてQUOREA(クオレア)にペーストすることで取得することが可能です。

APIキーの取得や設定でどうしても分からないことがある場合は、QUOREA(クオレア)の解説ページに書いてあるやり方を参照しましょう。

QUOREA(クオレア)のAPI設定が完了したら、利用規約に同意してステータスをオンにします。
これでQUOREA(クオレア)のロボットの設定は完了です。

運用方法を確認

QUOREA(クオレア)の設定が終わっても、これで終わりではありません。ロボットの運用方法をしっかり確認しておく必要があります。ロボットの運用方法はQUOREA(クオレア)のトップページに表示されているので、どのようにBTC取引で利益を出しているのか確認するようにしましょう。

また、QUOREA(クオレア)の運用に表示される「今月損益」と言う部分には取引所の手数料が入っていません。そのため、総資産と比較すると数字が合っていないことになるので、その点は注意して確認してください。

QUOREA(クオレア)のロボットの選び方とは

QUOREA(クオレア)のロボットは選び方も大事です。BTC取引はロボットによって運用されますが、それぞれ特徴が違うので優秀なロボットを選択する必要があります。QUOREA(クオレア)で優秀なロボットを見つけるためにも以下の点を確認しておきましょう。

デモトレードの結果を確認

QUOREA(クオレア)のロボットの運用を確認するためには、デモトレードの結果を確認するようにしましょう。ロボットを選択してデモトレード機能を使用することで結果を見ることができます。

ロボットのデモトレード結果としてBTC価格の推移表や取引詳細が表示されています。その際に累計損益が表示されているので、この部分を重視するかもしれませんが、ロボットの中には手数料が高いものがあり利益が思うように得られないこともあります。

そのため、累計損益だけでなく手数料が負担にならない金額なのかも確認して判断するようにしましょう。

ロボットのランキングを確認

QUOREA(クオレア)ではおすすめのロボットについてランキングで紹介されています。おすすめで紹介されているのは、過去のデータを算出して出した値が良いものをQUOREA(クオレア)がピックアップしています。

またリスクとリターンを比較したもの、ビッグデータのAI解析をしたものを分かりやすく数値にしてくれているので、ロボット運用での実績をしっかり確認できます。

BTC取引のロボットの選択に迷う人は「おすすめ度」と言うものを確認してみるといいでしょう。おすすめ度が70点以上あれば、それは利用者の80%以上が利益を出しているので、自分も運用したときに利益を出しやすいロボットと言えます。ロボットのランキングを見て運用できるロボットを選びましょう。

スナイパーモードを利用

QUOREA(クオレア)でロボット運用をするときはスナイパーモードにより自動売買をしていくことも可能です。スナイパーモードはプロスペクト理論を考慮して開発されたAIエンジンで、勝ちやすいポイントで投資金額を増額していくことが可能なQUOREA(クオレア)独自の自動売買モードです。

スナイパーモードにすることで利益と損益をAIが的確に判断して利益を大きく、損失を少なくするように取引してくれます。利益の増額を見込めますが、運用資金は50万円必要なので、ロットの中では高額です。

QUOREA(クオレア)の運用のポイント

QUOREA(クオレア)のBTC取引を行うときは運用のポイントについても知っておきましょう。

ロボットをすぐに変えず使い続ける

QUOREA(クオレア)でBTCの運用をするなら、ロボットは使い続けるようにしましょう。

結果が出ずに負けると交代させたくなりますが、自動売買で利益を出すのは時間がかかかります。選んだロボットは1〜2ヶ月は使用して運用を継続させてみるようにしましょう。

資金を確認しながら運用する

資金を確認しながら運用するようにしましょう。資金が不足してしまうとロボットは稼働エラーを起こしてしまい、BTC取引を行うことができません。

運用ロボットは種類にもよりますが10万円を下回るとエラーを起こしてポジションの確約ができないこともあります。資金を確認して不足しそうなら追加するようにしましょう。

AIQUOREA(クオレア)についてまとめ

以上QUOREA(クオレア)によるBTC運用の解説でした。
ロボット運用はいろいろなポイントを押さえておく必要があるので、注意点やロボット選択の要点をしっかり確認して利益を得られるようにしていきましょう。

 

 

あなたにおすすめの記事