YJFXのスプレッドってどうなの?他社比較から徹底検証

「YJFXのスプレッドって狭いの?他社と比べると魅力的なの?」
「YJFXのスプレッドはどれくらいの水準?注意点は?」

など、

ここでは、YJFXのスプレッドについて紹介しています。

この記事を読むことで、YJFXのスプレッドへの理解が深まり、業者選びや取引がしやすくなりますので参考にしてください。

YJFXのスプレッドについて

ここでは、YJFXのスプレッドについて見ていきましょう。YJFXが、どれくらいの水準でスプレッドを提供しているか知ることは、業者選びをする上でも非常に重要です。特に、頻繁に売買していくトレーダーにとっては、大切なポイントになります。

まずは、YJFXのスプレッド水準について紹介していきます。

YJFXは「業界最狭水準スプレッド」

YJFXは、多くの特徴があり、たくさんのトレーダーが利用しているFX業者です。そんなYJFXの特徴の1つが、業界最狭水準のスプレッドになります。公式サイトでも「業界最狭水準スプレッド」をアピールしているほどです。

スプレッドが業界最狭水準であれば、トレーダーには非常に大きなメリットになります。スプレッドは買値と売値の差で、業者(YJFX)の手数料だからです。そのため、スプレッドが狭いことは手数料が安いことを表し、利益を稼ぎやすくなります。YJFXは業界最狭水準のスプレッドとなるため、低コストで取引が可能です。

2019年10月よりスプレッドを縮小

YJFXは、2019年10月にスプレッド縮小を行いました。スプレッドが縮小されるのは、最も取引量が多い米ドル/円です。

これにより、YJFXの米ドル/円のスプレッドは、0.3銭から0.2銭へ縮小されました。FX初心者〜上級者まで、米ドル/円で取引をする人は多いため、YJFXのスプレッド縮小のニュースは嬉しいものです。

YJFXのスプレッド一覧と提示率

ここでは、YJFXが取り扱う各通貨ペアのスプレッドや提示率について見ていきましょう。

スプレッドの提示率とは、一定期間内に基準スプレッドの範囲内にあった時間の割合になります。「業界最狭水準スプレッド」を謳うYJFXが、どの程度のスプレッドを提供しているのか確認しておくことは大事です。

以下は、YJFXの取扱通貨ペアのスプレッドと、毎月開示されているスプレッドの提示率になります。

・米ドル/円:0.2銭 提示率98.98%
・ユーロ/円:0.5銭 提示率99.79%
・ユーロ/米ドル:0.4pips 提示率99.55%
・豪ドル/円:0.7銭 提示率99.87%
・NZドル/円:1.2銭 提示率99.12%
・ポンド/円:1.0銭 提示率99.18%
・スイスフラン/円:1.8銭 提示率99.02%
・カナダドル/円:1.7銭 提示率99.78%
・ポンド/米ドル:1.0pips 提示率98.76%
・南アフリカランド/円:1.3銭 提示率97.31%
・豪ドル/米ドル:0.9pips 提示率99.81%
・NZドル/米ドル:1.6pips 提示率99.74%
・人民元(CNH)/円:3.0銭 提示率99.30%
・香港ドル/円:3.0銭 提示率99.89%
・ユーロ/ポンド:1.0pips 提示率98.28%
・ユーロ/豪ドル:1.5pips 提示率98.01%
・米ドル/スイスフラン:1.6pips 提示率99.64%
・ユーロ/スイスフラン:1.8pips 提示率99.06%
・ポンド/スイスフラン:2.8pips 提示率99.50%
・豪ドル/スイスフラン:3.0pips 提示率99.86%
・カナダドル/スイスフラン:3.0pips 提示率99.75%
※2020年2月時点

スプレッドの提示率は、いずれも97%〜99%前後と高い水準を実現しています。特に主要通貨ペアは、99%〜100%近い水準です。

YJFXのスプレッド以外の手数料

YJFXは、スプレッドが業界最狭水準で提供されています。しかし、FX業者を選ぶ場合は、スプレッド以外の手数料についても注目する必要があります。

なぜなら、スプレッドが安くても、他の手数料が高ければ、トータルでの負担は大きくなる可能性があるためです。負担が大きいと、利益が圧迫されてしまいます。

YJFXのスプレッド以外の手数料について、見ていきましょう。

YJFXの取引手数料

YJFXの取引手数料は無料です。そのため、スプレッド以外に取引手数料の負担を心配する必要はありません。国内FX業者の場合、一般的に取引手数料は無料です。しかし、海外FX業者になると、取引手数料がかかることもあるため、注意してください。

YJFXの口座開設手数料・口座維持手数料

YJFXの口座開設手数料と口座維持手数料は、どちらも無料です。取引手数料同様、スプレッド以外に、口座開設手数料や口座維持手数料がかかることはありません。

YJFXの入金手数料

YJFXの入金手数料は、クイック入金であれば無料です。クイック入金とは、24時間いつでもリアルタイム反映の入金ができるもので、入金手数料は無料になります。2,000円から入金ができ、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、イオン銀行など、提携銀行もたくさんあります。ただし、銀行振込みの場合は、各銀行の手数料がかかります。

そのため、スプレッド以外にかかる手数料として、入金手数料があることを理解しておきましょう。入金には、手数料無料のクイック入金サービスがおすすめです。

YJFXの出金手数料

YJFXの出金手数料は、円貨だと無料です。ただし、外貨を出金する際は1回の依頼で1,500円の手数料がかかります。外貨出金を予定している方は、スプレッド以外に1,500円/回の出金手数料がかかることを把握しておきましょう。

YJFXのロスカット手数料

YJFXでは、証拠金維持率が100%を下回るとアラートメールが送信され、50%を下回るとロスカットが執行されます。YJFXはロスカットに伴い、手数料がかかることはありません。

ロスカットになると資産の大半を失うことになるため、ロスカットにならないように資金管理を徹底しましょう。

YJFXのスプレッドを他社比較

YJFXと他社のスプレッド比較や注意点について紹介していきます。他社との違いを知ることで、YJFXのスプレッドの優位性や取引する上で気をつけることがわかります。

YJFXスプレッドの比較や注意点について見ていきましょう。

スプレッド比較

ここでは、YJFXやDMMFX、GMOクリック証券、外為どっとコム、ヒロセ通商、外為オンライン、インヴァスト証券の主要通貨ペアのスプレッド比較を見ていきましょう。

「YJFXスプレッド」
・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・豪ドル/円:0.7銭
・NZドル/円:1.2銭

「DMMFXスプレッド」
・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・豪ドル/円:0.7銭
・NZドル/円:1.2銭

「GMOクリック証券スプレッド」
・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・豪ドル/円:0.7銭
・NZドル/円:1.2銭

「外為どっとコムスプレッド」
・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・豪ドル/円:0.7銭
・NZドル/円:1.2銭

「ヒロセ通商スプレッド」
・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・豪ドル/円:0.7銭
・NZドル/円:1.0銭

「外為オンラインスプレッド」
・米ドル/円:1.0銭
・ユーロ/円:2.0銭
・ポンド/円:4.0銭
・豪ドル/円:3.0銭
・NZドル/円:6.0銭

「インヴァスト証券スプレッド」
・米ドル/円:0.3銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・豪ドル/円:0.6銭
・NZドル/円:1.7銭

このように、YJFXのスプレッドは他社とそれほど変わりありません。水準は低いですが、DMMFXや外為どっとコム、GMOなどより突出して優れているわけではなさそうです。

YJFXのスプレッドは主要通貨以外は広い

YJFXは業界最狭水準のスプレッドを提供していますが、あくまでも主要通貨ペアの話です。主要通貨ペア以外のスプレッドは、やや広めに設定されています。

YJFXのスプレッドは1日中同じではない

YJFXのスプレッドは原則固定です。しかし、すべての時間でスプレッドが固定されているわけではありません。原則固定されているのは、各営業日の午前9時〜翌午前3時までです。そのため、早朝の時間帯は原則固定スプレッドの例外時間となります。

朝方はスプレッドが広がる可能性があるため、気をつけてください。

YJFXのスプレッドの口コミ、評判

ここでは、YJFXのスプレッドの口コミや評判を押さえていきます。

口コミや評判を知っていれば、業者選びもスムーズです。

口コミはWEB上にたくさんありますが、次の4つを紹介していきます。

1.「米ドル/円のスプレッドが安いので嬉しい」
2.「ユーロ/円も良い環境で売買ができる」
3.「その他の通貨ペアのスプレッドは普通なので他社の方がいい」
4.「朝は要注意。スプレッドが広がる」

あわせて、業者選びに役立つ、YJFXの主なメリットとデメリットも解説しています。

YJFXの口コミ1.「米ドル/円のスプレッドが安いので嬉しい」

YJFXスプレッドに対する意見の中に、「米ドル/円のスプレッドが安い」というものは多いです。元々のスプレッドは0.3銭でしたが、2019年から0.2銭へ安くなっています。この変更によって、さらに魅力的な環境で取引できるようになりました。

スプレッドの固定時間(午前9時〜翌3時)であれば、わずか0.2銭のスプレッドで売買が可能です。スプレッドが安いため、利益を得るチャンスが増えます。米ドル/円は主要通貨ペアになるため、多くのトレーダーに恩恵があります。

YJFXの口コミ2.「ユーロ/円も良い環境で売買ができる」

YJFXのスプレッドの口コミの中には「ユーロ/円も良い環境で売買ができる」もあります。米ドル/円同様、ユーロ/円についても安いスプレッドを提供しているためです。YJFXのユーロ/円は、スプレッドが0.5銭で取引可能です。スプレッドが狭いため、多くの利益を稼ぐチャンスがあります。口コミを見ると、YJFXのユーロ/円は、ポジティブな意見が多く見られます。

YJFXの口コミ3.「その他の通貨ペアのスプレッドは普通なので他社の方がいい」

「その他の通貨ペアのスプレッドは普通」という内容の、YJFXスプレッドの口コミも多いです。YJFXはスプレッドが狭い点をアピールしています。

しかし、スプレッドが魅力的なのは、あくまでもメジャーな通貨ペアのみです。その他の通貨ペアは、一般的な水準のため、他社よりコスト面で劣ることがあります。そのため、こういった口コミは少なくありません。

YJFXの口コミ4.「朝は要注意。スプレッドが広がる」

YJFXのスプレッドに関する口コミを見ると、「朝は気をつけた方がいい」というものがあります。YJFXのスプレッドは1日中同じではないのです。朝方の時間はスプレッドが変わる可能性が高くなります。ここで紹介したように、特定の時間以外は、スプレッドが広がる恐れがあるので、取引時にはチェックが必要です。

業者選びに役立つ、YJFXのメリット・デメリット

業者選びをスムーズに進められるように、YJFXのメリット・デメリットも紹介していきます。メリットやデメリットを知っておけば、比較しやすい上に、自分に合っているか簡単に確かめることが可能です。

初心者がYJFXを利用するメリットとデメリットは、次のようになります。

メリット1.1,000通貨から売買できる

YJFXのメリットは、1,000通貨から売買ができることです。そのため、YJFXの場合は、5,000円前後のお金でも売買を始めることができます。最小取引単位が1万通貨の業者も少なくない中で、YJFXは10分の1の単位で新規注文が可能です。

メリット2.円を米ドルなどに交換可能

YJFXは円を外貨へ交換できます。一部の通貨を除き、1,000通貨から両替が可能です。1回あたり1,500円の手数料はかかりますが、海外旅行等で便利な制度になります。

メリット3.実施キャンペーンがお得で魅力的

YJFXは、キャンペーンがお得です。ヤフーグループということもあって、PayPayや現金をもらえる魅力的なキャンペーンが揃っています。新規口座開設キャンペーンだけでなく、取引することでもらえるキャンペーンもあります。実施キャンペーンがお得で魅力的なことも、YJFXのメリットです。

メリット4.取引ツールが使いやすい

取引ツールが使いやすいのも、YJFXを利用する上で嬉しいポイントです。

YJFXの取引ツールは「Cymo」です。Cymoは、スマホやタブレット、パソコンで使えます。高機能で直感的な操作ができるため、外出先でも本格的な分析や売買が可能です。

デメリット1.通貨ペア数は普通

YJFXのデメリットが、通貨ペアの種類が豊富ではないことです。ヒロセ通商など、YJFXの倍以上の通貨ペアを揃える業者もあります。メジャーな種類は揃っていますが、マイナーな種類は物足りません。

デメリット2.配信する情報コンテンツは少ない

YJFXのデメリットとなるのが、情報量が決して豊富でないことです。「なっとく!FXブログ」や「スペシャルレポート」のように、独自コンテンツも配信していますが、他社と比べると少なめです。外為どっとコムやGMOなど、コンテンツ数や配信ニュース等に定評があるFX業者の方が魅力的になります。

そのため、YJFXを利用するのであれば、情報収集目的に別業者の口座も開設することをおすめします。投資情報が他社より少ないことは、初心者にはデメリットと言えるでしょう。

まとめ

ここでは、YJFXのスプレッドやメリット・デメリットについて説明しました。最後に、ここで紹介した大事なポイント4つをまとめています。

・YJFXのメジャーな通貨ペアはスプレッドが狭く低コスト
・メジャーな通貨ペア以外のスプレッドは標準的
・特定の時間(午前9時〜翌3時)以外、朝方はスプレッドが広がる可能性
・スプレッドだけでなく総合的な情報をもとに業者選びをすることが大事

ここで紹介したように、YJFXは多くのトレーダーから支持を集めるFX業者です。自分に合うと感じた場合は、早速口座開設をして、取引を始めてみましょう。デモ口座もあるため、合うかどうか実際に使ってみるのもおすすめです。

おすすめの記事