【徹底解説】FXSuitってどんな会社なの?


昨年(2019年)の秋ごろ、Twitterにてsaekinoma02氏が提唱した

とある運用方法が大きな話題となっていました。

その運用方法とは、海外FX業者「FXSuit」のスワップ金利差を

利用して月利15%の利益をノーリスクで得る、「3すくみスワップ取引」

というものでした。

実際にFXSuitで設定されているスワップ金利を考慮して運用すれば、

本当に利益を稼ぐことはできます。金利差を利用するだけの運用なので、

そこだけを考えたら確かに”ノーリスク”と言えるでしょう。

 

しかし問題はこの「FXSuit」というFX業者の評判ではないでしょうか。

FXSuitは本当に信頼できるのか?はたまた詐欺業者なのか?

FXSuitに関する評判はポジティブなもの、ネガティブなもの、様々です。

今回はそのようなFXSuitの評判について徹底的に解説致します。

 

FXSuitとは


まずFXSuitというFX業者について調べてみました。

まずFXSuitは海外の業者です。2019年サービス開始の新興業者です。

公式WEBサイトは日本語にも対応していますが、国内の業者ではありませんのでご注意ください。

 

またFXSuitの公式WEBサイト上、ログイン画面の下部にも記述されています。

 

「FXSuitはSalvax Limitedのトレード名です。

 Salvax Limitedはバミューダに認可されてる企業であり、認可番号は53275です」

 

ここに記載のある認可番号とは何でしょうか。バミューダ金融当局からの認可番号なのでは?

いいえ、この認可番号はただの「法人登録番号」に過ぎません。

つまりバミューダの金融当局から正式な認可を得ていないということです。

現にバミューダ金融当局の公式WEBサイトで「Salvax Limited」と検索しても

何も引っかかりません。金融当局への登録はされていないことがこれで分かります。

 

これは別に違法というわけではありません。

日本の場合は国への法人登録後に金融庁への登録が必要になるのですが、

バミューダにおいては法人登録と金融当局への登録は完全に別個になっています。

よって法人登録をしていれば営業活動はできます。

 

ただしバミューダ金融当局への登録がないため信託保全はされません。

信託保全とはトレーダーが資産を委託している業者、例えばFXSuitが倒産した場合に

その資産を別の保証会社が補填してくれることです。

その信託保全がFXSuitには適用されないので、いざFXSuitが倒産したら皆様が

預けていた資産は戻ってきません。これは相当なリスクになります。

ちなみに信託保全はされませんが、FXSuitは分別管理が行われているようです。

分別管理とは経営と顧客資産は別個で管理されている、という意味になります。

一応、参考までに。

 

そしてもう一つ、これは最も重要な情報です。かなりネガティブなものです。

FXSuitは世界最大の海外FX掲示板サイトである「ForexPeaxeArmy(FPA)」で

検索すると詐欺(SCAM)認定をされてしまっています。

これは運営元のSalvax Limited」はFXSuitの他にもFXPaceという業者を

運営しており、このFXPaceもまた詐欺(SCAM)認定を受けています。

 

さらに良くないのがFXSuitと2014年に突如日本市場から撤退した

「IronFX」は関連会社と思われることです。「IronFX」は突如

「強制的に全顧客のポジションを全決済」させてから市場を撤退したことで有名です。

含み損を抱えていたトレーダーは勝手に損失を確定させられたということです。

こんな恐ろしい業者とFXSuitは関連会社の可能性がある、というのは

かなりネガティブな評判ですね。ただ「ForexPeaxeArmy(FPA)」を見ると

その可能性は限りなく高そうです。

 

FXSuitの特徴


少しネガティブな話題が続いてしまいました。話題を変えて

ここではFXSuitの特徴について説明していきたいと思います。

 

①ロスカット

ロスカット水準は20%です。

ロスカットとは「FX業者が定めたルールにより、一定の証拠金維持率になると

強制的に決済がなされること」です。証拠金維持率とは簡単に説明しますと

「現座保有しているポジション評価総額と口座内残高の比率」です。

 

②レバレッジ

レバレッジは最大500倍です(手数料なし口座の場合)

ちなみに日本のFX業者は最大25倍となっています。

 

③口座開設ボーナスやキャンペーンの有無

多くのFX業者では口座開設ボーナスが付いてきます。

○○円入金すれば▲万円プレゼントなどというキャンペーンを打ちます。

FXSuitにはこのようなボーナス、キャンペーンは現時点で存在しておりません。

 

④スワップ金利

これも簡単に説明すると「ポジション保有中に支払われる利息」のことです。

FXSuitのスワップ金利は大変良心的です。このFXSuitのスワップ金利差を

利用したノーリスクで月利15%の利益を得る運用方法がTwitterで大きな

話題となったのは冒頭で触れました。

 

⑤MT4について

FXSuitではMT4(Meta Trader4/メタトレーダー4)を利用することができます。

またWindowsとMac両方で利用することが可能となっています。

またandroidのスマホやタブレット、iphoneやipadでもmt4を利用できます。

よってEA(Expert Advisors)を使ってのシステムトレードやスキャルピングも

ご自身の持つPC、タブレット、スマホで行うことができます。

 

⑥スプレッドについて

口座の種類にもよりますが、スプレッドは狭いので好条件といえます。

 

FXSuitには開設できる口座を2種類から選べます。

「オールゼロ口座」と「手数料なし口座」です。

口座によってスプレッドが変わってきます。

ちなみにスプレッドとは通貨を売る際と買う際の値段差のことです。

要はFX業者が受け取る実質的な取引手数料のようなものです。

 

ユーロ/米ドルでのスプレッドを口座別に比較すると

手数料なし口座⇒1.80pips

オールゼロ口座⇒0.09pips

となっており、スプレッド設定が大きく異なっています。

FXSuitのオールゼロ口座のスプレッドは良心的であると評判ですが、

1lotあたり700円の手数料がかかります。

 

なお「3すくみスワップ取引」を実践されたい方であれば、

手数料なし口座を選択するべきでしょう。前述の通りスプレッドが

広めに設定されていますが、「3すくみスワップ取引」はスワップ金利差による

スワップポイントを貯めていくだけですので、スプレッドは問題にならないでしょう。

 

⑦取引可能銘柄

通貨ペアは77銘柄、他にも金や先物、暗号通貨も取引可能です。

 

⑧日本語対応

FXSuitは前述の通り、海外FX業者ですが日本語対応可能です。

平日は24時間日本語でのサポートを受けることができます。

トレーダーとしては安心できますね。

ただし日本人が対応するとは限らないようです。

 

⑨入金と出金について

FXSuitの評判が悪い要因の一つなっています。

これについては後述します。

FXSuitの評判、口コミ

さてここでFXSuitの評判や口コミについて触れていきます。

FXSuitの評判を集めていった過程で、FXSuitにおけるトレードに対する

評判、口コミはさほど多くありません。トレード自体は問題なく、

滞りなく行えるようです。

 

FXSuitに関する評判や口コミは大よそ3種類に分類されます。
①「3すくみスワップ取引」は本当に儲かるのか?

②FXSuitは詐欺業者である可能性が高いのでは?

③出金ができない、遅い

 

順番に解説していきますね。

 

①「3すくみスワップ取引」は本当に儲かるのか?

 

結論から申し上げますと「3すくみスワップ取引」は

「スワップ金利が改定されない限り」は儲けることができます。

この記事を書いている3月8日時点でもスワップ金利差は存在し、

月利約10%の利益を出す事ができます。

 

この「3すくみスワップ取引」は2019年夏ごろ、Twitter上で@saekinoma02氏が

公開したトレード手法でした。

 

さて「3すくみスワップ取引」について詳しく説明していきます。

これは3つの異なるポジションを同時に保有し、為替リスクを相殺しつつ

スワップポイントだけを受け取り続ける取引手法のことです。

具体的に下記3つのポジションを上から「1:1:1.10」の割合で保有します。

・米ドル/ユーロ:ショート(売り)

・ユーロ/円:ロング(買い

・米ドル/円:ショート(売り)

なぜ「1:1:1.10」なのか?これは1ドル=1ユーロ=1円ではないからです。

よって米ドル/円のロットだけをユーロ/ドルに変換します。

そうするとスワップポイントを得ることができるようになります。

ちなみにこの記事を書いている3月8日時点でのスワップポイントで調べると

・米ドル/ユーロ:プラス8.6ドル

・ユーロ/円:スワップポイント無し(0円)

・米ドル/円:マイナス5.4ドル

差し引きで3.2ドルのスワップポイントが毎日手に入ります。

3.2ドル×30日で約96ドル、3月8日時点のドル円換算(105円)で

10,080円、月利10%となります。

この運用手法が話題になった当時、2019年10月ごろのスワップポイントだと

この手法で月利15%を手にすることができたのですね。

 

上記のように3つのポジションを保有するだけというシンプルな運用方法です。

「シンプル」で「簡単に」儲けられる、という魅力的なキーワードにトレーダー達は

興味をそそられた訳ですね。

 

しかしこの運用方法の決定的なポイントは「スワップ金利」です。

FXSuitの公式WEBサイトからダウンロードできる法的文書『取引条件』には

以下の文言があります。

7.20

The Swap rate is mainly dependent on the level of interest rates as well as the Company fee for having an open position overnight. The Company has the discretion to change the level of the Swap rate on each Financial Instrument at any given time and the Client acknowledges that he will be informed by the Main Website. The Client further acknowledges that he is responsible for reviewing the contracts specifications located on the Main Website for being updated on the level of Swap rate prior to placing any order with the Company.(FXSuit『取引条件』より引用)

FXSuit『取引条件』

 

赤字の部分をご覧ください。

「会社(FXSuit)は各金融商品の金利改定に関わる権限を有しています」と

文書に明記されています。よってFXSuitがスワップ金利を改定してしまえば

この「3すくみスワップ取引」は再現不可能になってしまいます。

 

②FXSuitは詐欺業者である可能性が高いのでは?

 

この評判はかなりネガティブなものです。

FXSuitは前述の通り、世界最大の海外FX掲示板サイトである

ForexPeaxeArmy(FPA)」にて詐欺(SCAM)認定をされていることもあり、

その評判はあまり芳しくありません。

 

さらにFXSuitについては以下のような評判もありました。

IronFXの「サタンプロジェクト」にそっくりな状況ではないか?

というものです。

 

【サタンプロジェクトとは?】
・特定のTwitterアカウントが「現金プレゼント」ツイートでフォロワー獲得

・月利15%のコピートレードができますよ!と勧誘

・IronFXの口座開設と入金を指示

・しばらくは利益が出るも、突然の強制ロスカットで資金を没収

 

というもので、現在のFXSuitも似たような状況なんですね。

先程①で申し上げたようにスプレッドやスワップ金利はFXSuitの意思で

変更することが可能、つまり強制ロスカットもFXSuitがやろうと思えばできてしまうのです。

 

FXSuitに投資しているトレーダー達は非常に危ない状況にあるのではないか、

とここ最近で特に評判になっているようです。

 

③出金ができない、遅い

FXSuitからの出金について様々な評判や口コミが集まっています。

 

FXSuitから口座資金を出金するにあたって条件が設定されているようですが、

公式WEBサイト上の記載と実際の評判、口コミとが異なっています。

まず以下のツイートをご覧ください。とある方がFXSuitに直接問い合わせたようです。

 

また上記ツイート内の出金に関する内容について、FXSuitの公式WEBサイト上には

取引から得られた利益は、銀行振込からのみ引き出すことができます」

としか表記されておりません。

 

ということでFXSuitの評判、口コミは上記3種類にほぼまとめることができます。

FXSuitにはネガティブな評判が多いように見受けられますね。

 

FXSuitのメリット、デメリット

 

FXSuitを利用するにあたって、メリットとデメリットをまとめておきます。

FXSuitのメリット

・スプレッドは狭く安定している

・スワップ金利は他社に比べて好条件

・最大レバレッジが500倍

 

FXSuitのデメリット

・新興業者なので信頼性と安全性の評価は難しい

・詐欺(SCAM)認定されている

・口座開設ボーナス、キャンペーンの類は存在しない

・出金に関するトラブルが起きている

 

まとめ

 

以上、FXSuitの評判について徹底的に解説して参りました。

集めた評判や口コミにはポジティブなものもありましたが、

大概はネガティブなものが多かったですね。

 

確かにFX業者に関する評判や口コミはポジティブなものより、

ネガティブなものが多いのですが、FXSuitについてはネガティブな

評判が本当に多いです。

 

先にも記述した通り、「ForexPeaxeArmy(FPA)」で詐欺(SCAM)認定を

されている時点でFXSuitはアウト!と思えます。

 

現にFXSuitが「サタンプロジェクトにそっくりじゃないか?」という評判が

出ているので、FXSuitで取引しているトレーダー達も徐々にFXSuitの怪しさに

気付いてきたようです。

 

またこれも繰り返し申し上げますが、確かに現時点でもFXSuitのスワップ金利条件は良く、

「3すくみスワップ取引」によって利益を出すことは可能です。

しかしスワップ金利、あるいはスプレッドだってFXSuitの意思によって変更可能なのです。

よって強制ロスカット⇒口座資金没収になる可能性は十分にあります。

これからFXSuitを利用されたい方はこのことを頭に入れて、自己責任でトレードしましょう。

おすすめの記事