TritonFXの実態は?評判を徹底調査

「TritonFXって大丈夫なの?悪い評判を聞くけど問題ない?」
「TritonFXの名前をよく見るけど、どんな業者なの?」

など、TritonFXの特徴や評判、実態について詳しく知りたいと考える方は多いでしょう。なぜなら、WEBやSNSの評判、口コミでTritonFXの名前が出ていることが少なくないためです。

結論から言えば、TritonFXは悪い評判が非常に多い「怪しい海外業者」です。会社の所在地も虚偽の可能性があります。また、TritonFXのホームページを見ても、一般的なFX業者のような情報は載っていません。

TritonFXが登場した頃から、SNS上では「怪しい」という意見が大変多くあがっていました。

ここでは、TritonFXの特徴やメリット、デメリット、評判などについて紹介しています。

この記事を読むことで、TritonFXの評判や実態がわかり、リスク回避できるようになるでしょう。海外業者でFXを始めたい方は、TritonFX以外の業者がおすすめです。



TritonFXとは

TritonFX(トリトンFX)は、謎が多い海外業者です。会社の所在地はサモア諸島で、代表者の名前などは公開されていません。また、スプレッドやレバレッジ、取扱通貨ペア、キャンペーンなどの情報も同様です。また、さまざまな金銭トラブルにも絡んでいる業者でもあります。

ここからは、TritonFXの特徴や評判を見ていき、どのような業者か確認をしていきましょう。



TritonFXの特徴

まずは、

TritonFXの特徴について紹介していきます。「

TritonFXって、評判が悪くて怪しいところじゃないの!?」と思っている方も多いでしょう。

しかし、

TritonFXの公式サイトを見ると、以下の特徴がある業者だとわかります。

1.MT4を採用
2.DC Traderを使える
3.入金方法は3種類
4.100カ国以上でサービス提供

それぞれの特徴について、見ていきましょう。

特徴1.MT4を採用

TritonFXでは、世界基準の取引プラットフォームMT4を採用しています。MT4であれば、高度なテクニカル分析や自動売買がスムーズに利用可能です。TritonFXで使えるMT4の主な特徴には次のようなものがあります。

・複数のチャート設定
・ハイレバレッジ取引
・多様な分析ツール、インジケーター
・自動売買取引
・複数の注文タイプ
・気配値ウィンドウでレート分析
・ナビゲーターウィンドウで口座管理やツール管理
・iPhone・Android対応

外出先からでも利用できるため、いつでも本格的な分析・取引が可能です。

特徴2.DC Traderを使える

TritonFXでは、DC Traderを使うこともできます。テクニカル分析に優れたDC Traderを使用すれば、精度の高い相場分析も可能です。DC Traderは、エクスプローラーやマイクロソフトエッジに対応しており、次のような特徴があります。

・ハイレバレッジ取引
・多様な取引ツール、インジケーターの導入
・クリプトカレンシーの取引
・オーラ機能を利用したチャート分析
・フォロー機能を利用した取引サポート
・iPhone・Android対応

特徴3.3種類の入金方法

TritonFXでは、3種類の入金方法が用意されています。「国内送金」「海外送金」「ウォレット間送金」です。それぞれで、最小入金額や反映期間、入金手数料が異なります。

各入金方法の特徴は、次のとおりです。

●国内送金
最小入金額:100ドル
反映期間:1〜2営業日
入金手数料:10ドル

●海外送金
最小入金額:500ドル
反映期間:7〜10営業日
入金手数料:金融機関により異なる

●ウォレット間送金
最小入金額:100ドル
反映期間:即日〜1営業日
入金手数料:3ドル

以下のように、目的に合わせて利用する入金方法を変えましょう。

・最短で入金をしたい:ウォレット間送金
・手数料を抑えたい:ウォレット間送金
・少額資金を入金したい:国内送金もしくはウォレット間送金

特徴4.100カ国以上でサービス提供

TritonFXは、5カ国に支社を持ち、世界100カ国以上でオンライントレードサービスを提供しています。広範囲で展開をしている国際的なプロバイダーです。海外業者によっては、サービスを提供している国・地域が非常に狭い場合もあります。

しかし、TritonFXであれば多くの国でサービス提供をしているため、安心感につながります。



TritonFXの評判、口コミ

ここからは、

TritonFXの評判や口コミについて、見ていきましょう。評判や口コミを見れば、その業者の実態を掴むことができます。

結論から言えば、

TritonFXの評判は悪いものばかりです。良い評判が見つからないほど、悪い評判が溢れています。ここでは、以下7つの評判について確認していきましょう。

・「かなり怪しい業者」
・「REBOOT PROJECTに参加すると入金を促される」
・「SATELLITE PROJECTに入金したらお金が戻ってこない」
・「良い評判を聞かない」
・「警告を受けている」
・「同じ会社(?)が資金を振り込ませる行為で報告されている」
・「他の海外業者と比較してメリットがない」

「かなり怪しい業者」

TritonFXの評判を見ると非常に多いのが「かなり怪しい業者」という内容の意見です。「ホームページに詳細が載っていない」「代表者や連絡先など会社概要がない」「拠点が「Beach Rd, Apia, Samoa」となっていて、いかにも嘘くさい」など、他にもたくさんあります。確かに、海外業者を使ったことがない人でも怪しさを感じるホームページです。

通常、FX業者のホームページを見ると、以下のような内容が載っています。なぜなら、業者の詳細情報や特徴を知ってもらい、少しでも多くの顧客を獲得したいからです。

・会社概要(住所、代表者、連絡先など)
・スプレッド
・レバレッジ
・レート
・キャンペーン
・取引概要(最小取引単位、通貨ペアなど)
・カスタマーサービス
・取扱銘柄(FX、株式、先物など)
・口座タイプ
・業者の特徴

国内・海外どの業者を見ても、ホームページにはこのような内容が必ず載っています。しかし、TritonFXのホームページには、まったくと言っていいほど情報が載っていません。しかも、ホームページの「パートナー」をクリックしてもサイトが見つからないなど、手作りで作成したような出来栄えです。WEBやSNSでTritonFXの評判を検索すると「怪しい」という内容が非常に目立ちます。

「REBOOT PROJECTに参加すると入金を促される」

このような評判も多く見られます。REBOOT PROJECTとは、川越諒太郎氏が行っているもので、「毎日1万円入ってくる」「3万円が1年後に1億円になっているプロジェクト」などと称して、人・お金を集めていたプロジェクトのこととです。

現在はサイトが見れなくなっています。結論から言えば、川越諒太郎氏もこのプロジェクトも怪しいものです。怪しさを暴いているサイトまであります。

以下は、サイトや川越諒太郎氏の会社、プロジェクトで怪しさを感じる主な内容です。

・川越諒太郎氏が運営する会社「株式会社iii」の電話番号が載っていない
・社名や住所が変わっている(社名変更と直近の住所変更は平成30年)
・現在の会社は栃木県の住所だが前の会社は住所が東京都港区
・サイトには運用方法が明記されておらず
・「3万円が1年で1億円になる」など非現実的
・資金運用先にTritonFXを指定している

など、他にも怪しさを感じる点がいくつもあります。また、前の会社とされる「アンティークコインブック」のサイトでも、「年利25%」「99%負けない」「所得税0」「老後安泰」など、いかにも怪しさを感じる文言が並んでいます。「このプロジェクトに参加をするとTritonFXへの入金を促された」という口コミがたくさん見られますので、同じようなプロジェクトがあったら気をつけた方がいいでしょう。

「SATELLITE PROJECTに入金したらお金が戻ってこない」

上記、川越諒太郎氏のREBOOT PROJECTと似ていますが、「吉村修一SATELLITE PROJECT」についても、TritonFX絡みで悪い評判があります。吉村修一SATELLITE PROJECTに関しては、集団訴訟に向けて動いている人たちもいます。

このプロジェクトやトラブル内容は次のとおりです。

・吉村修一SATELLITE PROJECT サテライトイベンスターズは「2万円が1年後に2億円になる」という文言でお金・人を集める
・指定の入金先TritonFXにお金を入金してもサービスが開始されない
・TritonFXに出金申請をしてもお金が戻ってこない。「お待ち下さい」で数ヶ月経過
・無料と聞いたが登録料を支払わされた

TritonFX絡みでこのようなトラブルが起きています。TritonFXへ入金したお金も返ってこず、TritonFXの反応もほぼない状況です。詐欺案件の可能性が濃厚で、TritonFXの対応もありえないものとなっています。なかには、100万円以上投資した人もいるなど大惨事になっています。

「良い評判を聞かない」

TritonFXの口コミや評判を見ると、「TritonFXはまったく良い評判を聞かない業者」「TritonFXは悪い評判ばかり」などの意見が散見されます。良い評判を聞かない理由はさまざまですが、まとめると次のようなものがあります。

・サイトの情報が少ない
・金銭トラブルに絡んでいる
・WEBやSNSの評判が悪い情報しかない
・運営会社があるのが「サモア諸島」なのは怪しい

良い評判を見つけるのが大変なくらい、悪い評判で溢れています。

「警告を受けている」

TritonFXは、2020年1月24日に関東財務局から警告を受けています。内容は「無登録で金融商品取引業等を行っている」というものです。また、所在地や住所などが虚偽の可能性があることについても指摘しています。

元々、TritonFXは怪しいという評判が多かったので、無登録の警告については、それほど騒がれていません。

「同じ会社(?)が資金を振り込ませる行為で報告されている」

TritonFXの評判を見ていると、「TritonFXとフォレックスエクスプレスが同じ会社。もしくは同じグループ会社」であり、フォレックスエクスプレスは、資金を振り込ませる行為が報告されている悪評判の会社です。また、サイト運営には香港のエステ会社のサーバーを使っているなど、いかにも怪しさを感じる業者となっています。TritonFX同様、サイトには為替レートの表示なども一切ありません。

「他の海外業者と比較してメリットがない」

TritonFXと他の業者を比較した場合に、利用するメリットがないという旨の評判、口コミも見られます。確かに、XMやTitanFXなど、他の海外業者と比較してメリットを感じる点はないように思います。

そもそも、情報が少なすぎる業者のため、比較のしようがありません。たとえば、レバレッジが公開されていれば、「XMとTritonFXでどちらの最大レバレッジが高いか」など比較ができます。他にも、「TitanFXとTritonFXは、どちらがメジャー通貨ペアのスプレッドが狭いか」「どちらが通貨ペアの種類が豊富か」など、比べて業者選びをすることが可能です。

しかし、TritonFXはまったく情報が公開されていないため、他社と比べられる項目がありません。これでは、情報が多い他社を使った方が安心ですし、TritonFXのメリットを見出すことは難しいと言えます。



TritonFXのメリット、デメリット

TritonFXのメリット、デメリットについても見ていきましょう。メリットと言えるほどのことはあまりなく、デメリットが目立つ状況です。残念ですが、怪しさが消えない限り、安心して利用することは難しいでしょう。

メリット.MT4やDC Traderが使える

TritonFXのメリットとなるのが、MT4やDC Traderを利用できることです。MT4やDC Traderを使えば、充実した分析ツールやインジケーターを使って、高度な相場ができます。自動売買もでき、外出先からでも本格的な取引が可能です。

デメリット.とにかく怪しい

TritonFXのデメリットを挙げるのであれば、とにかく怪しいことでしょう。ホームページには、レートやレバレッジ、スプレッドなどの情報もなく、キャンペーンや取扱通貨ペアも載っていません。会社概要の情報も乏しく、載っているのは口座開設や入金方法、MT4などの説明だけです。

さらには、TritonFXの評判や口コミは悪いものばかりで、金銭トラブルの入金先にもなっています。返金などにも対応しておらず、特段説明もないまま数ヶ月も経っているような状況です。

住所もサモア諸島であり、前会社も怪しさ満点のため「TritonFXもとにかく怪しい」というのが多くのトレーダーの意見です。このような状況でTritonFXにお金を投じるのは、非常にリスクが高いと言わざるをえません。海外業者を探しているのであれば、他にもたくさんありますので、信頼と実績がある業者を利用した方がいいでしょう。



まとめ

ここでは、TritonFXの特徴やメリット、デメリット、評判などについて紹介いたしました。あらためて最後に、ここで紹介した大事なポイントをまとめると、次の3点が挙げられます。

・TritonFXは情報が少なく怪しい業者。サイトにはレートなどの情報もない
・TritonFXが指定入金先のプロジェクトで金銭トラブルも起きている
・TritonFXの評判や口コミを見ても悪い意見ばかり。良い評判が見つからない

ここで紹介したように、TritonFXは非常にリスクが高い業者です。利用をすると、トラブルに巻き込まれる可能性もあるため、他の業者を選んだ方が安心と言えます。また、「●万円が1年で▲億円」「絶対に儲かる」など、甘い言葉につられてプロジェクトなどに投資しないようにしてください。世の中、簡単に儲かる投資はありません。

海外業者で取引をしたい方は、他の業者を検討してみましょう。

おすすめの記事