exnessの安全性と評判は?徹底的に解説します
  • FX取引をハイレバレッジで取引したい
  • スプレッドや取引手数料は小さいほうがいい
  • 出金トラブルがない、安心して取引できる海外FX業者の口座を使いたい

海外FX業者を使っていて、こんな悩みを抱えていませんか?
どの海外FX業者の口座で取引すればよいか、選ぶのが難しいのが実情です。

あなたはExness(エクスネス)をご存じでしょうか。
2020年に日本市場に参入した新しい海外FX業者の大手です。

無制限のレバレッジ、狭いスプレッドで取引できることが評判
Exnessは日本でも注目を集め始めています。

そこでこの記事では、Exnessとはどんな海外FX業者か?
安全性や評判はどうなのか?
他の海外FX証券会社と比べてどうなのか?
初心者にもわかりやすく徹底的に解説します。

この記事を読むことで、Exnessが安全で海外でも評判がよいこと、
Exnessの最大の特徴である無制限のレバレッジや狭いスプレッドで取引できること、全てわかります。

Exnessの安全性と評判

 

Exnessはどんな会社か?

Exnessグループは、2008年に設立し、イギリスやキプロスなどに拠点を置く海外大手FX業者です。

以前にも日本市場に参入していましたが、2014年に一度日本市場から撤退しています。
その後、2020年に日本市場に再び参入しました。

Exnessグループは現在、通貨(FX)、仮想通貨、貴金属やエネルギー(CFD)、インデックス(指数)など、幅広い金融商品の取引を提供していますが
この記事ではFXを中心解説します。

 

サッカーの名門クラブ、レアルマドリードとスポンサー契約

Exnessは、サッカーの名門クラブとして有名なレアルマドリードとスポンサー契約を結んでいます。

レアルマドリードの公式サイトから
アウディ(ドイツの自動車メーカー)などと同じグローバルスポンサーとして契約していることがわかります。

参考:レアルマドリード日本語公式サイトのニュースより
https://www.realmadrid.com/ja/news/2017/07/real-madrid-sign-a-sponsorship-agreement-with-exness

世界トップクラスのサッカーの名門、レアルマドリードがスポンサー契約していることから、
Exnessは海外でも信頼されている一流の企業といえるでしょう。

日本法人はセーシェル共和国の金融ライセンスFSAを取得

Exnessの日本法人は、セーシェル共和国金融国(FSA)の金融ライセンスを取得しています。
日本語公式サイトに下記のような掲載がされています。

Nymstar Limited社はセイシェル共和国で「8423606-1」の登録番号で登録され、「SD025」のライセンス番号で金融庁(FSA)の承認を受けた証券会社です。
登記上の事業所住所は「F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles」です。
Nymstar Limited社は、Exnessブランドおよび商標を使用することを正式に認可されています。

 

セーシェル共和国は、東アフリカ沖にある小さな島国です。
もとはイギリスの植民地で現在は独立しましたが、イギリス連邦加盟国のメンバーで法制度はイギリス法に基づいています。
世界的に有名なタックスヘイブンで、オフショア法人設立などのオフショアビジネスが行われています。

このような背景もあり、セーシェル共和国の金融ライセンスは
容易に取得できてしまう極めて緩いライセンスなので、信頼性はあまり高くないといえます。

とはいえ、高額なボーナスやハイレバレッジの取引を提供できるというメリットがあるため
海外FX業者ではメジャーな金融ライセンスの一つです。

セーシェル共和国の金融ライセンス(FSA)取得だけでは、信頼できる海外FX業者かどうか、判断が難しいところです。

グループでは最難関のイギリスの金融ライセンスFCAを取得

イギリスにあるExnessのグループ会社では、
FCA(Financial Conduct Authority、英国金融行動監視機構)の金融ライセンスを取得しています。(登録番号730729)

FCAの金融ライセンスは、世界最難関の審査規律といわれています。

FCAを取得するためには、資本金・トレーダーの資産管理・サポート体制など、
各項目で様々な条件を満たさなければなりません。

特に入出金に関しても、出金拒否などのトラブルがあればライセンス取り消しの場合もあります。
FCAを取得している海外FX業者では、出金拒否などのトラブルは無いと言えるでしょう。

FCAを取得している海外FX業者は非常に限られており、
Exnessの他には、XMやHotForexなど一部の海外FX業者になります。

Exnessグループでは最難関の金融ライセンスのFCAを取得していることから、
Exnessは信頼できる海外FX業者といえます。

また、キプロスにあるExnessのグループ会社は、
キプロス証券取引委員会の金融ライセンス(CySEC)を取得しています。

キプロスはヨーロッパの地中海の東にある小さな島国で
国際的な金融センターとして有名です。

イギリスのFCA同様、キプロスのCySECも厳格な審査で有名で、
CySECも難関ライセンスといわれています。

Exnessグループでは難関の金融ライセンスの
CySECも取得しているという観点から、Exnessは信頼できる海外FX業者といえます。

 

ゼロカットあり・ロスカット率0%

Exnessの口座では他の海外FX業者と同じくゼロカットを採用しています。

ゼロカットなので、ロスカットが間に合わないほどの急激な相場変動があり
口座残高がマイナスになっても、追証(追加保証金、借金のこと)は発生しません。

入金した金額(証拠金)以上の損失が出ない点では安心して取引できます。

またロスカット率0%も大きな特徴です。(XMなど他の業者は20%程度が一般的)
無制限のレバレッジと合わせて活用することで、ハイリスクな取引をすることが可能です。

FXの腕に自信がある上級者トレーダーで、
小資金を一気に増やしたい人、一か八かの取引をしたい人には、Exnessはおすすめです。

資金管理は一般的な分割管理を実施

Exnessでは、預けた資金の安全性は、業者資金と顧客審の分割管理されています。

信託保全は導入していない

Exness日本法人には、信託保全制度は導入していません。
そのため、万が一Exnessが破綻した場合、預けた資金が返金される保証がありません。

イギリスのグループ会社はFCAを取得しているため
1000万円程度の返金保証がありますが、
日本法人とイギリスのグループ会社では運営は別なので、日本居住者は対象外となります。

念のため、注意しておきましょう。

日本語のカスタマーサポートにも対応

Exnessは日本語のカスタマーサポートにも対応しています。

ただし、Exnessの日本語公式サイトでも全て日本語に翻訳されておらず
英語ページにアクセスをとばされたりすることがあります。
日本語サポートの充実は今後の課題です。

 

海外最大級のFX掲示板FPAでの評判も上々

Exnessのユーザーの評判はどうでしょうか。

日本でのユーザーはまだ少ないため、評判や評価がわからないというのがあります。
ここでは、海外のユーザーのExnessの評判をみていきましょう。

そこで参考になるのが、海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」です。

Exnessの評価は3.295、445Reviewです。(2020年8月時点)
ちなみに日本で最も人気のあるXMの評価は、2.974、607Reviewです。(2020年8月時点)

単純に比較はできませんか、XMの評価と遜色ないことから、
Exnessのユーザーの評判はXM同様よいといえるでしょう。

Exnessの評判と安全性のまとめ

  • Exnessグループでは最難関の金融ライセンスであるイギリスのFCAを取得しているので、安全性でも信頼できる海外FX業者といえる
  • ゼロカット採用、ロスカット率0%なので、追証の心配なく取引できる
  • 海外FXトレーダーの評判はXMと遜色ないため、評判は良い

 

Exnessの特徴

この章では、Exnessの口座の特徴を解説します。
無制限のレバレッジや狭いスプレッド、スタンダード口座やプロ口座などの口座の種類などを中心に見ていきましょう。

無制限のレバレッジ

Exnessの口座の特徴でまず目を引くのは、無制限のレバレッジで取引できることです。

レバレッジ無制限とは、正確には2100000000倍です。
証拠金をほとんどいれることなく取引できてしまいます。

他社の最大レバレッジは、XMで888倍、GEMFOREXで2000倍、FRSで3000倍なので
Exnessのレバレッジがいかに大きいかわかります。

ただし、レバレッジを無制限で取引するには下記の条件があります。

  • 5ロット(50万通貨)以上の取引をする
  • 10回以上の取引をする
  • 有効証拠金を999ドル以下に維持する
  • 取引ツールはMT4のみ(MT5は最大2000倍)

これらの条件がすべて満たされないと、最大レバレッジは2000倍に制限されます。

 

参考までに、有効証拠金(ドル)と最大レバレッジの関係は、以下の表のようになります。

有効証拠金(ドル) 最大レバレッジ
0~999ドル 無制限
1,000~2,999ドル 2000倍
30,00~9,999ドル 1000倍
10,000~19,999ドル 600倍
20,000~49,999ドル 400倍
50,000~199,999ドル 200倍
200,000ドル以上 100倍

 

この表からもわかるように、レバレッジが無制限なのは、有効証拠金が999ドル以下の場合に限ります。
レバレッジを無制限で取引したい人は、有効証拠金の残高に常に注意しましょう。

 

また、最大レバレッジは
経済ニュース時や土日祝日はレバレッジが変更される場合があるので要注意す。

重要な経済ニュースが公開される15分前~5分後では、
ニュースの影響を受ける金融商品での新規ポジションの必要証拠金は最大レバレッジ200倍になります。

また、金曜日のFX市場が閉まる3時間前と月曜日のFX市場が開いてから2時間後は、
最大レバレッジが200倍になります。

レバレッジを無制限で取引したい人は、
上記の取引条件や有効証拠金、経済ニュースのタイミングなどに気を付けて取引しましょう。

また、メジャーな通貨ペアは最大レバレッジ2000倍ですが、
仮想通貨やCFDなどは最大レバレッジが20~100倍程度です。
通貨以外を取引する方は事前に契約仕様をチェックしておきましょう。

狭いスプレッド

海外FX業者の中でも、Exnessのスプレッドは狭いといえます。

Exnessのスタンダード口座とプロ口座のスプレッドを見ていきましょう。

まずは、Exness、AXIORY、XMのスタンダード口座(初心者向けの口座)の比較しました。

※スタンダード口座 一万通貨の場合

Exness
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
USD/JPY 1.1pips 1.2~1.4pips 1.5~1.7pips
EUR/JPY 1.9pips 1.2~1.5pips 1.9~2.0pips
CAD/JPY 2.4pips 1.8~2.1pips 3.1~3.2pips
AUD/JPY 1.3pips 1.7~1.9pips 3.0~3.7pips
CHF/JPY 1.0~1.7pips 1.6~2.0pips 2.9~3.4pips
GBP/JPY 2.0pips 1.7~2.2pips 3.4~3.5pips
NZD/JPY 2.9pips 1.9~2.1pips 2.2~3.1pips
EUR/USD 1.0pips 1.1~1.3pips 1.6~1.7pips

 

ほとんどの通貨ペアで、Exnessのほうがスプレッド小さいことがわかります。
特に日本人の取引が多いUSD/JPY(ドル円)およびEUR/USD(ユーロドル)のスプレッドは小さいのが魅力的です。

 

次にプロ口座を見ていきましょう。

Exnessのプロ口座(3つ)、AXIORY、XMの上級者向けの口座の比較しました。

※プロ口座 一万通貨の場合

Exness
ロースプレッド口座
Exness
ゼロ口座
Exness
Pro口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
XM
XM Zero口座
USD/JPY 0.7pips 0.7~0.8pips 0.6~0.7pips 0.9~1.0pips 1.1pips
EUR/JPY 1.1~1.2pips 0.9~1.0pips 1.1~1.2pips 1.0~1.2pips 1.1~1.2pips
CAD/JPY 1.3~1.4pips 1.3~1.4pips 1.5~1.6pips 1.0~1.3pips 2.2~2.5pips
AUD/JPY 0.8~0.9pips 0.9~1.0pips 0.8~0.9pips 1.1~1.4pips 2.0~2.5pips
CHF/JPY 1.5~1.6pips 1.0~1.1pips 0.6~1.0pips 1.2~1.5pips 2.0~2.2pips
GBP/JPY 1.1~1.2pips 1.5~1.6pips 1.2~1.3pips 1.2~1.5pips 2.1~2.3pips
NZD/JPY 1.6~1.7pips 1.5~1.6pips 1.8~1.9pips 1.3~1.6pips 2.6~2.9pips
EUR/USD 0.7pips 0.7~0.8pips 0.6~0.7pips 0.7~0.8pips 1.1~1.3pips

注:Exnessのロースプレッド口座とゼロ口座は、上記スプレッド以外に最低取引手数料7ドル/往復ロットかかる

Exnessのプロ口座にはいくつか種類がありますが、
まずはスプレッドが安く取引手数料が無料のプロ口座でいいと思います。

Exnessのプロ口座のスプレッドは、USD/JPY(ドル円)やEUR/USD(ユーロドル)が0.6~0.7pipsと非常に小さいのが魅力です。

XMやAXIORYの口座と比較しても、スプレッドが小さいことがわかります。

スプレッドを重視するFXトレーダーで、海外FX業者で取引したい人は、Exnessがおすすめです。

ゼロカット採用で、ロスカット率は0%

Exnessは、スタンダード口座やプロ口座など、どの口座でもゼロカットを採用しています。

またロスカット率は0%です。

なので、口座に入金した証拠金を目いっぱいの取引ができます。

最低入金額は数ドル~と格安

Exnessのスタンダード口座では、最低入金額は1ドルです。
1ドル入金すれば取引できます。
小資金でもハイレバレッジの取引をすることができます。

取引ツールはMT4、MT5両方に対応

Exnessの取引ツールはFXでおなじみのMT4およびMT5になります。

ただし、最大レバレッジ無制限はMT4のみ対応となっています。
MT5ではレバレッジは最大2000倍です。
レバレッジ無制限で取引したい方はMT4を選択しましょう。

口座タイプは6種類

Exnessには口座が6種類用意されています。
スタンダート口座、プロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座、スタンダードセント口座、ECN口座の6つです。

どの口座でも最大レバレッジ2000倍以上、ゼロカット対応(追証なし)、ロスカットレベルが0%で取引できますが、
それぞれ、最低入金額やスプレッドや通貨ペアなどが異なってきます。

結論から言うと、おすすめは
スタンダード口座かプロ口座のどちらかです。

  • スタンダード口座:一番人気!すべてのトレーダーに適した口座。1ドル入金で取引できる
  • プロ口座:超低スプレッドと即時約定が特徴の口座。最低入金額が1000ドルと高めではある。

スタンダード口座はスプレッドこそ広いものの、1ドル入金ですぐに取引できるのが最大の魅力です。
超低額で取引したい人は、スタンダード口座を開設しましょう。
ある程度資金があり、低スプレッドとハイレバレッジで本格的に取引したい方はプロ口座がおすすめです。

スタンダード口座やプロ口座以外の口座、例えばロースプレッド口座やゼロ口座などは、
売買時にスプレッド以外にも最低取引手数料7ドル/往復lotがかかってしまい、
手数料が割高になってしまうので、おすすめしにくいです。

1ドルから取引できるスタンダード口座もしくは低スプレッドのプロ口座から検討してみましょう。

通貨ペアは103種類

Exnessで取引できる通貨ペアは、スタンダード口座およびプロ口座をはじめ豊富にあります。

※口座別 通貨ペア・CFD銘柄数

スタンダード口座 スタンダードセント口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座 Pro口座
通貨ペア 76種類 33種類 82種類 82種類 83種類
貴金属 8種類 2種類 8種類 8種類 7種類
仮想通貨 7種類 6種類 6種類 7種類
エネルギー 1種類 1種類 1種類 1種類
株式 24種類 30種類 30種類 25種類
株価指数 10種類 9種類 9種類 10種類

 

口座によって取り扱っている通貨ペアや銘柄が微妙に異なりますが、スタンダードセント口座以外は充実している印象です。

 

取扱通貨ペア(クロス円)

AUD/JPY HKD/JPY SGD/JPY
CAD/JPY MXN/JPY TRY/JPY
CHF/JPY NOK/JPY USD/JPY
DKK/JPY NZD/JPY ZAR/JPY
EUR/JPY PLN/JPY
GBP/JPY SEK/JPY

取引通貨ペア(クロスカレンシー)

AUD/CAD EUR/AUD NZD/CAD
AUD/CHF EUR/CAD NZD/DKK
AUD/DKK EUR/CHF NZD/MXN
AUD/GBP EUR/DKK NZD/SEK
AUD/MXN EUR/GBP NZD/SGD
AUD/NOK EUR/MXN NZD/USD
AUD/NZD EUR/NOK NZD/ZAR
AUD/PLN EUR/NZD PLN/DKK
AUD/SEK EUR/PLN PLN/SEK
AUD/SGD EUR/SEK SEK/DKK
AUD/TRY EUR/SGD SEK/NOK
AUD/USD EUR/TRY SGD/HKD
AUD/ZAR EUR/USD TRY/DKK
CAD/CHF EUR/ZAR TRY/ZAR
CAD/MXN GBP/AUD USD/CAD
CAD/NOK GBP/CAD USD/CHF
CAD/PLN GBP/CHF USD/CNH
CAD/TRY GBP/DKK USD/DKK
CHF/DKK GBP/ILS USD/HKD
CHF/MXN GBP/MXN USD/ILS
CHF/NOK GBP/NOK USD/MXN
CHF/PLN GBP/NZD USD/NOK
CHF/SEK GBP/PLN USD/PLN
CHF/SGD GBP/SEK USD/RUB
CHF/TRY GBP/SGD USD/SEK
CHF/ZAR GBP/TRY USD/SGD
DKK/PLN GBP/USD USD/THB
DKK/SGD GBP/ZAR USD/TRY
DKK/ZAR NOK/DKK USD/ZAR

 

取引通貨ペアは上記103種類です。

マイナー通貨ペアを取引したい場合は、念のため、口座タイプごとにチェックしましょう。

取引制限はなし! スキャルピングOK!

Exnessでは、他社では取引自体が制限または禁止されることが多いスキャルピングや両建てでの取引が可能です。

なお業者間のアービトラージ取引ですが、ExnessではOKですが、他社では原則禁止なので

アービトラージ取引は事実上できません。

デメリット

最後に、Exnessのデメリットについて紹介していきます。

● スワップポイントがほとんどつかない

スワップポイントは原則ほぼつかないです。
反対にどの通貨ペアも支払いスワップがかなり大きいです。

スワップポイントを狙う長期の取引は不向きといえます。

スワップポイントを狙うなら、国内のFX証券会社で取引するのがよいでしょう。

● キャンペーンやボーナスはほとんどない

キャンペーンやボーナス基本的に実施していないです。
ここでいうキャンペーンやボーナスとは、口座開設や〇通貨以上取引したら〇円プレゼントやキャッシュバックするといったものです。

今後も開催される不明なので、キャンペーンやボーナスはあまり期待しないほうがよいでしょう。

ストップレベルが広め

ストップレベルとは、指値、逆指値注文を置くことができない価格帯のことです。

Exnessではストップレベルが他社よりも広めに設定されています。
ストップレベルは少なくともスプレッド以上の値になります。
例えば、ドル円のストップレベルは2.7pips程度で、けっこう広くなっています。

AXIORYなどの他社ではストップレベルが0pipsのところもあるので、
ストップレベルを気にする方は注意したほうがよいです。

まとめ

この記事では、Exnessの評判と安全性、Exness口座の特徴について解説しました。

  • Exnessのグループ会社ではイギリスやキプロスの金融ライセンスを取得していることから、Exnessは信頼できる海外FX業者といえる
  • 無制限のレバレッジと狭いスプレッドが最大の特徴である
  • 口座タイプは、最低入金額が少ないスタンダード口座か、スプレッドが狭いプロ口座がよい

他の海外FX業者に比べて、日本での実績や知名度はまだまだですが、
海外の実績があり、無制限レバレッジ、狭いスプレッドで取引できるので、
今後日本でも利用者が増えるのではないかと思っています。

海外FXで取引したいと考えている方はExnessの検討をしてみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事