レバレッジとは

FXをしていると必ず『レバレッジ』という言葉を聞いたことがあると思います。国内FXではレバレッジは最大で25倍、海外FXでは最大で3000倍のレバレッジを提供しておりそレバレッジの範囲はFX業者によって様々です。

FXトレーダーにとっては当たり前のように使われているレバレッジという言葉ですがレバレッジの仕組みと計算方法を理解している人は少ないのではないでしょうか?

そもそもレバレッジは「Leverage」と書きますが日本語の訳としては「力点」となり、要するに「テコの原理」で小さな力を大きな力に変えてくれる力点の役割を担います。

レバレッジをFXForeign Exchange=外国為替証拠金取引)に利用して、自己資金は少ない投資家でも大きな資金を動かせるようにできる仕組みがレバレッジです。

現在ですと、海外FXを含めますと1倍から3000倍の業者も有りますので資金力を大きく膨らませる事が出来ます。

そして、レバレッジを効かせることで大きな収益のチャンスが生まれます。

また、その反面でレバレッジは諸刃の剣とも呼ばれている通りリスクが大きく膨らむ危険性も同時に併せ持ちます。

今回は、そのレバレッジの計算方法からレバレッジのメリットデメリットに関してを分かり易く解説をしますので、どうぞ最後までお読みください。

国内FXと海外FXのレバレッジの違い

国内FXはレバレッジ25

レバレッジ規制は、20098月に「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」が公布され、2010年に金融庁が「顧客保護」「FX会社のリスク管理」「過当投機の防止」を理由に導入を決めました。

20108月に50倍までのレバレッジへと規制をし、20118月に25倍までのレバレッジへと規制を強めました。

19984月に一般投資家や一般企業がFX市場へ参加することが認められ、インターネットの普及と共に投資家ブームなどと言われるようになりました。

日本はバブル崩壊の後遺症から平成不況時代と言われ、また、19974月には消費税が5%へと引き上げられた影響から消費は落ち込み、11月には山一證券の自主廃業、そして、銀行の不良債権増加による金融機関の破綻も表面化し19982月には公的資金の投入制度が出来、金融システムの安定化をはかる、そんな時代でした。

2000年代になり、ITバブルが訪れネットインフラも充実し、FX市場も非常に活発を呈してきました。

国内にもFX関連業者が沢山創業され、当時は規制もないため日本のFX業者でも200倍~400倍の高いレバレッジは当たり前でした。

中には「ご当地FXブローカー」なども現れ、怪しいFX業者も数多くあり、意味不明な手数料を取り、スプレッドを異常に広くし、故意にスリッページを操作して業者側に有利な約定をするなどの、FX取り扱い業者も存在したメチャクチャな状態でした。

そして、一夜にして破綻し姿をくらますFX取り扱い業者なども居り、2005年に金融先物取引法が改正され全ての業者に登録を義務付けさせました。

その時点で、怪しいFX業者は皆淘汰され、残ったのは大手資本に後押しされたFX業者のみになりました。

引用元:外為情報ナビ

また、当時は世界的に金融引き締めの風潮からユーロ、ポンド、ドル、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカと皆スワップポイントが現在では考えられないほど高く、日本でもスワップポイント狙いのトレーダーが大勢いました。

そんな中、2007年アメリカでサブプライムローンが不良債権化し経済は安定せず、金融危機状態に陥り、2008915日には100年に一度と言われる相場の大変動、リーマンショックも発生し世界金融危機へと繋がり、FX市場も大混乱が起こりました。

変動幅が毎日数百pipsなどは当たり前で、1日に1000pipsを超えて変動する通貨ペアも有りました。

一方的に下落するだけでなく、反動も強烈でスプレッドが100pips以上も開く瞬間も多々有り、ロングポジション保有者だけでなく、ショートポジションを保有したトレーダーもロスカットされる状態が続出しました。

リーマンショックの影響で、オーストラリアドル円は20087月には105円前後で推移していたレートが、10月には56円台まで下落しました。

リーマンショック時にAUD/JPY の最大下落幅は1-970pipsあり、1日の最大上昇幅は712pipsの日が有ります。

オーストラリアドル円は、値幅が上下動をしながら半値近くの56円台まで下落となり、5,000pipsもの大暴落です。

その様な経緯の中、国内のレバレッジ規制が始まり、最終的にレバレッジ25倍に落ち着きました。

ただ、現時点では見送りになりましたが、レバレッジ10倍までへの縮小案も今後の情勢次第ですので目が離せません。

海外FX400倍~3000倍までFXブローカーの戦略で千差万別

2011年国内FXがレバレッジ25倍になってしまい、海外FXブローカーは日本のマーケットを最大のチャンスと捉え、インターネットを利用した宣伝が活発になりました。

中でも、「Trading Point(現在のXMTRADING)」「IronFX」などが、高いレバレッジで宣伝も活発でした。

私は当時、「XMTRADING」を手始めに、「FXDD」「IronFX」「FXpro」と次々に口座を作っていきました。

その当時は現在のXMTRADING888倍が最高レバレッジでしたが、その後、1000倍の「GEMFOREX」も現れ、2019年現在、

FBS」に至っては最大3,000倍(証拠金2万円まで)です。

レバレッジの計算方法

レバレッジは投資家の資金をレバレッジの倍率分だけ増やして貰えます。

1ドル100円の時に1万通貨(0.1Lot100万円分)に必要な証拠金を計算してみます。

国内FX業者レバレッジ25倍の計算

例)100万円÷25=4万円 答えは1万通貨(0.1Lot)を保有する為には4万円が必要になります。

4万円の運用資金で、100万円分のドルを売買できます

 

海外FX業者レバレッジ1000倍の計算

例)100万円÷1000=1,000円 答えは1万通貨(0.1Lot)を保有する為には1,000円が必要になります。
1,000円の運用資金で、100万円分のドルを売買できます

では、10万円の投資資金が有る場合に、海外FXレバレッジ1000倍の業者と国内FXレバレッジ25倍の業者を比べてみます。

1ドル100円として10万円の資金で持てるポジション数を比較します
  海外FX業者 国内FX業者
レバレッジ 1000 25
1万通貨の

必要証拠金

1,000

1万通貨保有するのに1000円が必要です

4万円

1万通貨を保有するのに4万円が必要です

10万円で

保有可能枚数と

証拠金維持率

2万通貨のロングポジションを保有した場合

証拠金維持率は5000

最大100万通貨(1億円分)まで保有可能(維持率100%

2万通貨のロングポジションを保有した場合

証拠金維持率は125%

これ以上は持てません

最大200万円分のドルを保有可能

2万通貨保有し1円(100pips)下落した場合 含み損が-2万円になり証拠金維持率は4040%になります、更に2万通貨ナンピン出来ます

(ロスカットは余裕で凌げます)

含み損が-2万円になり証拠金維持率は101%になります

(ロスカット寸前)

 

レバレッジ無しの場合

1ドル100円として1倍、25倍、1000倍を比較します
  レバレッジ 必要証拠金
1通貨:100円の計算

1ドル100円×1通貨

1倍(レバレッジ無し) 100
25 4
1000 0.1
1,000通貨:10万円の計算

1ドル100円×1000通貨

1倍(レバレッジ無し) 10万円
25 4,000
1000 100
1万通貨:100万円の計算

1ドル100円×1万通貨

1倍(レバレッジ無し) 100万円
25 4万円
1000 1,000

 

1ドル100円の時に1万通貨(100万円)

レバレッジを効かせずに、レバレッジ1倍の場合は100万円の証拠金を預けて、ドルを1万通貨(0.1Lot)の保有が出来ます。

その際には証拠金の維持率は100%になります。

仮に1ドルが50円まで下落したとしても、含み損は-50万円になりますが、証拠金維持率は100%のままです。

極論を言いますと、レバレッジ1倍でドル円が1円になっても含み損は-99,999円になりますが、証拠金維持率は100%のままです。

ドルのレートが下がるに従い必要証拠金額も下がりますので、永久にロスカットはされません。

・レバレッジ25倍の場合に、1万通貨を保有する証拠金は4万円ですが、この時の証拠金維持率は100%になります。

仮に、ロスカット率が20%だとして、ドル円が96.774円まで下落しますと証拠金維持率は19.99%となり、ロスカットされます。

証拠金の計算方法

・クロス円通貨の証拠金の計算式

現在のレート×取引通貨数÷レバレッジ=証拠金

1万通貨対円の場合

USD/JPY=100円×1万通貨÷レバレッジ25倍=4万円

EUR/JPY=120円×1万通貨÷レバレッジ25倍=4.8万円

ドルストレートの計算方法(EUR/USDの場合は分子になるユーロ円のレートで計算します)

通貨の対円レート×取引通貨数÷レバレッジ=証拠金

EUR/USDEUR/JPY120円×1万通貨÷レバレッジ25倍=4.8万円
※レバレッジ25倍でEUR/USDを1万通貨保持する為には4万8,000円が必要になります。

 

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率=(口座合計+合計評価損益)÷(証拠金×ポジション保有数)×100

レバレッジ25倍のFX業者に証拠金10万円預けて、ドル円100円を1万通貨保有した場合

証拠金維持率=10万円÷4万円×1万通貨×100=250.00%
証拠金維持率は250%

  • レバレッジ25倍のFX業者に証拠金10万円預けて、ユーロ円120円を1万通貨保有した場合
  • レバレッジ25倍のFX業者に証拠金10万円預けて、ユーロドル2ドルを1万通貨保有した場合

証拠金維持率=10万円÷4万8000円×1万通貨×100=208.33%

証拠金維持率は208.33%になります。
※必要証拠金額がEUR/JPYとEUR/USDは同額になりますので、結果として維持率も同じになります。

両建てをした場合の証拠金額

両建てをする場合の証拠金に対する捉え方は3通り有ります。

1ドル100

ロング・ショート1万通貨

A社:両建てで0

証拠金は相殺されます

B社:両建ての片側のみ0

片側は証拠金が必要

C社:両建てで両方かかる

B社の2倍証拠金が必要

必要証拠金

レバレッジ25

0 4万円 8万円

※A社も両建てで必要証拠金がかからないとはいえ、両建てを解除する際に証拠金が必要になりますので気を付けて下さい。

国内FX業者のレバレッジ

個人用FX口座

国内FX業者の個人口座は全てレバレッジ25倍までとなっています。

20118月に金融庁が「顧客保護」「FX会社のリスク管理」「過当投機の防止」を理由に規制をしました。

2009年頃までは400倍の国内FX業者も有りましたが、皆レバレッジ規制に従いレバレッジ25倍のFX取引になりました。

法人用FX口座

法人口座はレバレッジ規制が緩く、レバレッジ100倍~200倍までと各業者にレバレッジに対して裁量権が有りましたが、2016年に規制を強化し、過去の値動きを元にした変動制となりました。

より具体的に言うと、

・1週間ごとに見直しを行って証拠金率を計算すること
・証拠金維持率が100%を下回ったら不足額を預託すること

まず、証拠金維持率は、取引額に対する必要証拠金の割合で、上記、証拠金維持率の計算方法で説明しましたが、100%を切った時点で不足分を入金しないとなりません。

それが、今回の規制によって証拠金率が以下のように定めまれました。

証拠金(円)=取引額×取引通貨ペアの為替リスク想定比率

為替リスク想定比率は、金融先物取引業協会のホームページで毎週更新されている、過去の相場の変動から危険度を算出したものです。

例)1万ドルを1ドル100円で新しく買う場合の証拠金率
取引額は100円×1万=100万円です。ドル円の為替リスク想定比率が1.5%の場合に
必要証拠金額は100万円×1.5%=1万5千円となります。1万5千円の証拠金で100万円の取引ができるということなので、
100万÷1万5千≒66.66結果…最大レバレッジの上限は66.66倍になります。

上記の結果、取引する通貨ペアの状況によっては個人用の口座よりもレバレッジが低くなる場合も有ります。

国内FX業者で法人口座を作り取引するのは、レバレッジの観点からは優遇制は無くなったと言っても良いと思います。

海外FX業者のレバレッジ

海外のFX業者は前項でも説明しましたが、レバレッジが低いFXブローカーで400倍、多い業者は3000倍まで存在します。

現状は、FXブローカーの裁量に任せていると言えます。

しかし、2005年辺りから、国内に雨後の筍の様に現れたFX業者よりは統制が取れていて、余り悪質な業者は私が知る限りでは見当たりません。

現在の様に情報が早いと、悪い評判は瞬く間に投資家に行き渡りますので以前の様な悪辣な事は出来ないのが実情でしょう。

レバレッジが高い海外FX業者

まず、高レバレッジの火付け役として現れたのがXMTRADINGです。

XMTRADING:レバレッジ888

XMTradingは最大レバレッジ888倍と追証なしのゼロスプレッド口座を提供しており日本で最も知名度のある海外FX業者として有名です。

XMTradingは口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナスの3つを全て提供しています。

そんなXMTradingは2009年にTrading Pointの社名で創業し、後に、「XEMarkets」「XM」「XMTRADING 」と名前を変更をしてきました。

日本国内のマーケットに対して初めて高いレバレッジを打ち出した最初の海外FXブローカーです。

圧倒的な約定力と豊富なボーナス制度で日本人顧客も安心して使えるFXブローカーであり日本人の利用する海外FX業者といえばXMTradingというくらいまで日本では有名です。

 

FXDD:レバレッジ500

2002年の創業したFXDDは海外FXブローカーの中では最古参と言えると思います。

私も海外FXの取引を始めた比較的初期に口座を開設しました。

一時、EA(自動売買)を動作させていました。

キャンペーンなどのサービスは貧弱ですが長年海外FXを支えるFXブローカーの一つで有る事は間違いないです。

GEMFOREX:レバレッジ1000

GEMFOREXは豊富なボーナス制度と最大レバレッジ1000倍を提供する海外FX業者として2013年から営業されています。運営開始6年目にしてすでに口座開設者数は23万人を突破し、現在急速に海外FX業者として日本のマーケットに進出している海外FX業者になります。

GEMFOREXはオーナーが日本人ということもあり、日本語対応は抜群に充実しています。

豊富なボーナス制度は最短30秒で完結するクイック口座開設をすれば最大で30,000円のボーナスを自動的に受け取れます。

レバレッジ1000倍で取引が可能ですので未入金のまま思いっきり取引することが可能です。

GEMFOREXのボーナスにおいて右に出るものはいなく入金ボーナス100%などキャンペーンの豊富さではNo,1です。

そして、レバレッジ1000倍と日本をメインマーケットにして口座開設数を増やし続けています。

Bigboss:レバレッジ555

2013年に創業したBigbossですが、まだ余り知られていないFXブローカーですが圧倒的な約定力を誇り完全NDD方式を採用しています。

最大レバレッジは555倍を提供しており一部ボーナスも提供しています。

取り扱い通貨やCFDも特に目立つ優劣はなく、取引量に応じてボーナスが貰える辺りが特徴です。

FBS…レバレッジ最大3000

今回紹介するFXブローカーの中で最大のレバレッジになる3000倍です。

但し、3000倍のレバレッジは預ける証拠金が200ドル(約2万円)までです。

2,000ドル(20万)までは2000倍、5,000ドル(50万)までは1000倍と資金に応じてレバレッジは変わります。

私も、今年口座開設ボーナス100ドル(1万円)につられて口座を開設しましたが、色々な制限があり現在利用していません。

まとめ

今回レバレッジの件で、国内FX業者と海外FX業者を比較しながら書いてきました。

レバレッジに関しては私も思うところがかなりあり、紙面もレバレッジからは脱線をした内容も書きましたが、レバレッジ規制が始まるプロセスをご理解いただくために書かせて頂きました。

確かにレバレッジ規制をする前の国内FX業者は、無法地帯と言っても過言では無いイメージが有りました。

そんな中で発生した100年に1度と言われる大変動のリーマンショックが発生し、規制に繋がって来た訳です。

でも、金融庁が掲げた「顧客保護」「FX会社のリスク管理」「過当投機の防止」というお題目は眉唾ものですよね。

投資家を保護したいのであれば少ない資金で十分に楽しめる海外FXの方が正しいと思うのは私だけでしょうか?

金融庁の狙いは不良FX業者の淘汰、これは出来ました、その後のレバレッジ規制は「国内FX会社」の保護が狙いでしょう。

「過当投機の防止」などは逆で今や10万円の資金では2枚(0.2Lot2万通貨)も所持できません。

それこそ、ポジションを取りました、予想に反して反対方向へレートが動きロスカット、ハイ10万円没収、また、資金投入の繰り返し、或いは、初めから数百万円単位の資金を投入となり、投資家にはメリットは一つも無いです。

小資金を預けて大きく収益を上げる、此れこそが損小利大だと思います。

おすすめの記事