そもそもFXのレバレッジって何?

「FXの”レバレッジ”て何?どんな制度なの?」
「レバレッジを利用するメリットは?デメリットや注意点はある?」

など、FXのレバレッジについて疑問を持っている初心者の方は多いです。レバレッジはFXの代表的な特徴の1つで、大きな利益を狙うことができる便利な制度になります。レバレッジをうまく活用すれば、手元資金が少なくても多くの利益を稼ぐことが可能です。

レバレッジの仕組みを理解することは、効率よく稼ぐことやリスク管理に役立ちます。ここでは、FXのレバレッジの仕組みやメリット・デメリット、計算方法について紹介しています。

この記事を読めば、レバレッジへの理解が深まり、うまく活用できるようになるでしょう。

レバレッジとは?

レバレッジは、資金効率を高めるためのFX取引の特徴です。国内業者では1倍〜25倍のレバレッジ取引ができます。

まずは、レバレッジの仕組みや基本的内容について、確認していきましょう。

FXの「レバレッジ」

FXのレバレッジは、証拠金の何倍もの額で取引ができる仕組みのことです。レバレッジを日本語に直すと「てこ」であり、てこの原理と同じように小さな力(資金)を大きくすることができます。

たとえば、証拠金20万円でレバレッジ10倍の場合は、200万円分の取引が可能です。レバレッジを活用すれば、少ない資金で多くの利益を得ることができます。

レバレッジは最大25倍

国内FX業者を利用する場合、レバレッジは最大25倍です。以前は100倍以上のレバレッジ取引も可能でしたが、金融庁の規制によりレバレッジは最大25倍となっています。尚、海外のFX業者の場合は、100倍〜1,000倍程度のレバレッジ取引が可能です。

レバレッジのメリット、デメリット

FXのレバレッジ取引は、儲けやスワップポイントが多くなるメリットがある一方で、ロスカットリスクが高まるデメリットがあります。メリット・デメリットを知らずに取引をすると、レバレッジを有効活用できずに大損する恐れがあるため注意してください。

ここでは、FXレバレッジのメリットとデメリットについて紹介します。

メリット1.儲けが多くなる

レバレッジのメリットの1つが、儲けが多くなることです。レバレッジの仕組みを利用すれば、わずかな値動きで多くの利益を得ることができます。たとえば、レバレッジ20倍であれば、同じ値動きでも通常(レバレッジ1倍)と比べて20倍の儲けです。儲けが多くなることは、FXでレバレッジ取引をするメリットになります。

メリット2.スワップポイントが増える

FXの特徴であるレバレッジ取引は、スワップポイントが増えることもメリットです。スワップポイントとは通貨ペア2ヶ国間の金利差のことであり、通貨を保有し続けることで得ることができます。レバレッジ取引は為替差益が倍になるだけでなく、受け取るスワップポイントも倍になります。長期保有者にとっても、レバレッジ取引はメリットがあります。

メリット3.少ないお金で大きな取引ができる

少ない手元資金でも大きな取引ができるのがレバレッジのメリットです。レバレッジがない場合は、少ないお金でコツコツと利益を増やしていかないといけません。大きな利益を稼ぎたい人からすれば、時間がかかり非効率です。しかし、レバレッジを利用すれば少ないお金でも大きな取引ができるので、一気に資金効率を高めることができます。

デメリット1.損失が多くなる

レバレッジ取引のデメリットは損失が多くなることです。利益が倍になる反面、損失も倍になります。相場が予想通りに動けばいいですが、予想とは逆に動いた場合は大きな損失を負う可能性があります。レバレッジは利益・損失ともに倍になる諸刃の剣ということを覚えておきましょう。

デメリット2.ロスカットのリスクが高くなる

FXでレバレッジ取引をすると、ロスカットのリスクが高くなるのがデメリットです。わずかな値動きで、含み損が一気に膨れ上がるためです。含み損が増えると、証拠金維持率に余裕がなくなりロスカットになってしまいます。重要経済指標の発表や大統領の発言、地政学リスクなど、FXでは相場が急変することはよくあります。レバレッジ倍率や取引量によっては、すぐにロスカットになるため注意してください。

デメリット3.仕事に悪影響が出る

FXのレバレッジ取引は、ストレスがかかり精神的に悪いこともデメリットです。取引額が大きくなるので、わずかな値動きにハラハラすることになります。常に相場の動きが気になり、仕事が手に付かなくなります。仕事中も相場動向が気になって仕方がないでしょう。レバレッジ取引で精神的余裕がなくなり、仕事に支障が出ては意味がありません。

レバレッジの計算方法

ここでは、FXの実効レバレッジの計算方法について紹介しています。実効レバレッジとは「預けているお金の何倍の取引をしているか」を表したものです。自分で算出できるように計算方法も覚えておきましょう。

計算方法

以下は実効レバレッジの計算方法です。

・レバレッジ=(レート×取引数量)÷有効証拠金

レートは現在の価格、取引数量は注文量、有効証拠金は証拠金にポジションの損益を反映させたものです。

たとえば、レートが1ドル=100円、取引数量が1,000通貨、有効証拠金が10万円の場合「(100円×1,000通貨)÷10万円=1倍」となり、実効レバレッジは1倍です。もし、取引数量が1万通貨の場合は実効レバレッジ10倍になります。

このようにFXの実効レバレッジは「(レート×取引数量)÷有効証拠金」で計算が可能です。各FX業者の取引ツールでは、実効レバレッジが自動で表示されます。計算方法を知っていれば、レバレッジの理解を深めることができます。

まとめ

ここでは、FXのレバレッジの仕組みやメリット・デメリット、計算方法について紹介しました。レバレッジ制度を活用すれば資金効率を高めることができ、少ないお金で多くの利益を稼ぐことができます。

ただし、レバレッジ取引をする際は紹介したデメリットを考慮し、リスク管理を徹底しましょう。初心者の方は、まずはデモトレードでレバレッジ取引を試すことをおすすめします。

おすすめの記事