海外FX業者総評
GemForex

両建てはどのように値動きしても損失を出さない取引方法なので、スワップアビトラージでよく使われる手法ですが、両建てを禁止するFX業者が多いです。今回は、gemforexで両建てが可能かどうか解説した上で、スワップアビトラージが使えるか説明していきます。

スワップポイントの仕組みとは?

それぞれの貨幣には信頼性があり、信頼性の高さが貨幣の金利の低さとなって現れます。

貨幣の種類が異なると信頼性が異なり金利が異なるので、貨幣ペアでは必ず金利の差が生じてスワップポイントが発生します。

日本円は金利が低いので、日本円を含む貨幣ペアでは金利の高い外貨を買う時にスワップポイントが加算され、外貨を売るときにスワップポイントが引かれる傾向にあります。

スワップポイントを得る手法としてまず思いつくのが、スワップポイントの高い通貨ペアの片方のポジションを持ち続ける、スワップ運用と呼ばれる手法となります。

スワップ運用では、大きなスワップポイントを獲得できるものの、片方のポジションしか持ち続けられないため、含み損を抱えるリスクがあるといったデメリットがあります。

両建てとは?

ここでは、FXを始めたばかりの人に向けて、両建てについて詳しく説明していきます。

まず、通貨ペアには買いポジションと売りポジションがあり、買いポジションとは外国の通貨を買った状態であり、売りポジションとは外国の通貨を売って日本円を買った状態となります。

両建てとは、同じ通貨ペアの買いポジションと売りポジションの両方を持つことを指します。

例えばドル円の通貨ペアで両建てを行った場合は、ドル円のドルの通貨とドル円の日本円の通貨を両方持った状態となります。

両建てを行うことで、相場がどちらに動いても損失が発生しないようになるメリットが生じます。そのため、相場の動きが分からない時に両建てが使われます。

ただし、FXの取引ではスプレッドが存在し売値と買値が異なるので、両建てを行うと売買の回数が増加して、スプレッドによる損失が生じやすいというデメリットがあります。

しかし、スワップポイントが目的の両建ては基本的に長期的な投資となり、あまり売買する機会が無いので、そこまでスプレッドによる損失を気にしなくても良いでしょう。

スワップアービトラージとは?

買いポジションのスワップポイントと売りポジションのスワップポイントの総和が、プラスになるように両建てを行う手法がスワップアービトラージとなります。

スワップアービトラージには、1つの口座間で両建てを行う方法と、2つの口座を利用して両建てを行う方法の2種類の方法が存在します。

前者の方法については、スワップロング(買い)とスワップショート(売り)のリストをチェックして、二つのスワップポイントの総和がプラスとなる通貨ペアを両建てする方法となります。

後者の方法については、買いポジションでの正のスワップポイントが大きい口座と、売りポジションの負のスワップポイントが小さい口座で両建てして、利益を得る方法となります。

スワップアービトラージで得られる利益は微々たるものですが、FXではレバレッジがあるため、レバレッジをかけることによってより大きな利益を得られるようになります。

ただし、レバレッジをかけると損失も増大し、発生した損失によって証拠金維持率が一定以下の割合になると、ロスカットされてしまい両建てが成立しなくなってしまいます。

ロスカットされてしまうと大きな損失が発生してしまうため、特に金利が大きい投機的な貨幣的ペアでは、あまりレバレッジを大きくしすぎないようにしましょう!

スワップ3すくみ手法とは?

    

通常のスワップアビトラージは、同じ貨幣ペアの売りポジションと買いポジションを両建てすることで行います。一方で、スワップ3すくみ手法は3種類の貨幣ペアを組み合わせることで、スワップアビトラージを行う手法となります。

gemforexでもスワップ3すくみ手法が可能となっていて、EUR/ZARの売りポジションと、EUR/USDとUSD/ZARの買いポジションを特定の比率で持つことで、安定して高い利益を出せます。

ただし、数か月前まではUSDZARの買いスワップもプラスだったので非常に有効性がありましたが、USDZARの買いスワップがマイナスとなったため利益が少なくなりました。

GEMFOREXのスワップポイント

GEMFOREXでは不思議な事に、両方とも正のスワップポイントになっている貨幣ペアがあるので、特定の貨幣ペアを両建てすることによって、スワップポイントだけを稼ぐことが可能です。

GEMFOREXにおけるスワップポイントチェック方法

GEMFOREXにおけるスワップポイントは、公式ページで確認することができますが、新興国通貨を含んだ通貨ペアでない限りは、スワップポイントが変動することは少ないです。

スワップポイントがプラスになる主な貨幣ペア

GEMFOREXは一般的なFX業者と異なり、両建てを行ったときに買いポジションも売りポジションもプラスになるような貨幣ペアがいくつか存在します。

GEMFOREXでスワップポイントがプラスになる有名な貨幣ペアとして、米ドル/円やユーロ/米ドルが挙げられます。しかし、安定している分金利が低く、どちらの通貨も普通に両建てを行うと10万円につき0.25円の利益しか出ません。

少々知名度は落ちますが、香港ドル/ドルといった貨幣ペアも、GEMFOREXでスワップポイントがプラスになります。

デモ活動といった治安的なリスクはありますが、レバレッジ1倍の両建てを行ったときに10万円につき1円以上の利益が出る通貨ペアとなっているので、GEMFOREXではおすすめの貨幣ペアです。

GEMFOREXの両建てスワップアービトラージ

GEMFOREXでは同一口座内で両建てトレードが可能な上に、スワップポイントがプラスとなる貨幣ペアが存在するため、GEMFOREXでは両建てスワップアービトラージを行えます。ただし、複数の口座を使って両建てすることは重大な規約違反なので、絶対にやらないようにしましょう。

GEMFOREXにおいて両建てトレードは可能か?

他のFX業者では利益が出ないため、両建てトレードを禁止するところが多くなっていますが、GEMFOREXでは、同一口座内でなら両建てトレードは公に可能になっています。

更に、GEMFOREXではFX業者としては珍しく、ロングポジションとショートポジションの両方でスワップポイントがプラスになる通貨ペアが存在するので、スワップアビトラージが可能です。

GEMFOREXのオールインワン口座ではボーナスも充実しているため、ボーナスを有効活用すれば利益の少ないスワップアビトラージの両建てでも、大きな利益を得ることが可能です。

ただし、ゼロカットシステムを悪用されないために、GEMFOREXの別口座間での両建ては禁止されているので、うっかり別口座で両建てを行わないように気を付けましょう。

GEMFOREXにおける両建てトレードの禁止事項

GEMFOREXは海外FXなので、二口座間での両建てトレードは禁止されています。海外FX業者の間では基本的なルールとなっているので、注意する必要があります。

GEMFOREXでは、同じ会社内でも複数口座での両建てを禁止しているため、うっかりGEMFOREXの別の口座で両建てしないようにしましょう!

また、第三者同士での両建てについても禁止されていて、友人間の取引内容も監視されていることから、バレる可能性があるので第三者同士での両建てトレードもしないようにしましょう。

それ以外にも、複数の口座間での相関性の強い通貨ペアでの両建てが禁止されているので、なるべく相関性の強い通貨ペアでは両建てを行わない方が良いでしょう。

もし、複数の口座を利用して両建てトレードを行ってしまうと以下のような罰則があります。

出金拒否

出金拒否は出金は出来ないものの取引は出来るため、口座凍結よりも軽い罰則となります。

しかし、複数口座を利用した両建てによって生じた出金拒否は取り消せないため、次に紹介する口座凍結と同じく利益が没収されてしまうので、口座凍結と実質的に同じ扱いとなります。

口座凍結

口座凍結が最も重い罰則で、複数口座を利用して両建てを行うアービトラージは重大な規約違反となるため、口座凍結になる場合があります。

口座凍結になるとアカウントにすらログインできなくなり、特に規約違反を行った場合は新しいアカウントも作れないため、GEMFOREXでの取引は絶望的な状態となります。

また、GEMFOREXでスワップアビトラージのために両建てを行うと、長期間取引が行われなくなる場合が多いですが、一年間取引しなかった場合にもGEMFOREXの口座が凍結されてしまいます。

規約違反でなくても口座が凍結された場合、ボーナス分が全額没収されてしまうので、口座凍結による損失を出さないためにも、定期的に取引を行いましょう。

GEMFOREXのスワップアービトラージ可能な通貨ペア

GEMFOREXでスワップアービトラージ可能な通貨ペアは三種類ありますが、香港ドル/ドルは驚くほど値動きが少なく安定しているので、香港ドル/ドルの貨幣ペアがおすすめです。

米ドル/円

FXの取引を始めたばかりの初心者であれば、米ドル/円の通貨ペアは真っ先に思いつく通貨ペアではないでしょうか。

日本円と米ドルはどちらも安定性が非常に高いため、うまみが少ないように感じられますが、GEMFOREXでは、売りポジションと買いポジションの両方でプラスのスワップポイントとなります。

そのため、スワップアビトラージ目的の両建てに向いた通貨となります。

ただし、どちらも信頼性の高い通貨であるため、レバレッジを掛けない状態だと非常に利益が少なくなる傾向にあります。

スワップポイントは、通貨量(LOT)×金利率×換算レートで表されるため、GEMFOREXで1lotとなるように5万ドルずつ持つと、1×(0.213+0.287)/2×109=27.25円の利益が生じます。

1lotの通貨を持つためには1,090万円必要となるので、1日で1,000万円につき25円の利益が生じます。GEMFOREXで1年両建てを行うと、1,000万円につき9,150円程度の利益が生じます。

日本の基礎残高の金利が0.1%となるので、レバレッジ1倍でスワップアビトラージ目的の両建てをした場合には大したメリットは無いです。

二つとも安定性の高い金貨なので高いレバレッジを掛けたくなりがちですが、米ドル/円の値動きは非常に激しく、10年間で80円から140円まで激しく変動しています。

従って、米ドル/円の通貨ペアではレバレッジは10倍程度が限界であり、1%も金利が発生しないため、スワップアビトラージを行っただけではそこまで利益が出ません。

ユーロ/米ドル

ユーロ/米ドルの取引量は世界最大である上に、GEMFOREXではスワップポイントがプラスとなっているため、初心者が両建てしがちな貨幣ペアとなります。

しかし、クロス円ではないため日本円口座しか持っていない初心者がGEMFOREXで両建てすると、取引が複雑化するため初心者にはおすすめできない貨幣ペアです。

GEMFOREXでは、米ドル/円とユーロ/米ドルの総合的なスワップポイントは、どちらも10万円につき0.25円しか入ってきません。

また、ユーロ/米ドルは米ドル/円と同様に、結構値動きのある通貨となるので、GEMFOREXでユーロ/米ドルの両建てを行う事は、総合的におすすめできません。

香港ドル/米ドル

香港ドル/米ドルは上記二つの通貨に比べると安定性に欠けますが、10万円の両建てをGEMFOREXで行うと、1ポイント以上のスワップポイントが毎日もらえます。

GEMFOREXで1年間両建てのポジションを保有し続けると、10万円に付き400円のスワップポイントが付くため、金利が0.4%となり日本の基礎残高の金利の4倍になります。

更にGEMFOREXではレバレッジを掛けられるため、レバレッジを25倍にして両建てすると金利が10%となり、日本の金利の100倍まで膨れ上がります。

実は、香港ドル/ドルは米ドル/円よりも相場がはるかに安定していて、過去10年で米ドル/円は激しく変動しているのに対し、香港ドル/ドルは0.128から0.130香港ドルの範囲で安定しています。

そのため、香港ドル/米ドルで25倍のレバレッジをかけて両建てを行うことが現実的に可能となります。一方で、米ドル/円は100倍のレバレッジを掛けて両建てを行うことは不可能です。

従って、GEMFOREXの香港ドル/米ドルの貨幣ペアは、スワップアビトラージを行うには一番おすすめの貨幣ペアで、年10%以上の金利を作ることも夢ではありません。

ただし、クロス円ではなくクロスUSDとなる貨幣ペアであるため、GEMFOREXのUSD講座を使って両建てを行うことをおすすめめいたします。

スワップアービトラージで得られるスワップポイント

GEMFOREXでレバレッジ無のスワップアービトラージを行っても、利益は微々たるものとなっていますが、数十倍のレバレッジを掛けると結構な利益を低リスクで得られます。

GEMFOREXで得られる1日あたりのスワップポイント

安定性が高くロスカットの危険性がほとんどない、香港ドル/ドルでスワップアービトラージを行うと、GEMFOREXでは10万円につき1.19円分のスワップポイントが得られます。

レバレッジ1倍では微々たるスワップポイントですが、香港ドル/ドルでは非常に値幅の変動が小さく、レバレッジ25倍にしてもロスカットの危険性は低いです。

レバレッジを25倍にして、GEMFOREXの香港ドル/ドルでスワップアービトラージを行えば、毎日10万円につき約30円分のスワップポイントが低リスクで得られます。

GEMFOREXにおけるスワップアービトラージのリスク

一つ目のリスクはGEMFOREXにおけるスプレッドの変動による損失です。

スワップアビトラージの利益が大きい香港ドル/ドルですが、スプレッドが15.0と結構大きく、GEMFOREXではに1通貨単位につき15銭の手数料を取られます。

計算を単純化するために1米ドルを100円と仮定すると、10万円では1,000通貨単位となり、150円のスプレッド料を取られる計算となります。

更に25倍のレバレッジを掛けると、25,000通貨単位となり、10万円につき3,750円のスプレッド料を取られることになります。

1回の取引で約4か月分の損失となりますが、数年に1回しか取引を行わないスワップアービトラージでは、そこまで大きな問題となりません。

ただし、1年間取引を行わないでいると口座が凍結されてしまうので、スプレッド幅の小さい米ドル/円も並行して両建てしながら、米ドル/円の取引を数か月に1回行っていきましょう。

しかし、相場が急変するとスプレッドが大きくなり、スプレッドが大きくなった時に取引してしまうと、利益が減ってしまうので気をつけましょう。

二つ目のリスクはGEMFOREXにおけるスワップポイントの変動による損失の発生です。

数か月前までは、GEMFOREXでは南アフリカランド/ドルの総合的なスワップポイントはプラスでしたが、スワップポイントが変動した事によりスワップアービトラージを行えなくなりました。

香港ドルは新興国の通貨では無いですが、そこまで有名な通貨でないので、もしかしたらスワップポイントを下げられるかもしれません。

スワップポイントを下げられると損失が発生してしまうため、こまめにGEMFOREXのスワップポイント表を確認しましょう。

GEMFOREXのスワップ運用に向いている通貨ペア

GEMFOREXのスワップ運用に向いている通貨ペアは比較的新興国の通貨が多く、香港ドル/ドルのスワップアービトラージよりも安定性に欠けるため、簡潔に説明していきます。

ユーロ/南アフリカランド

ユーロ/南アフリカランドのスワップ運用をGEMFOREXで行うと、10万円につき100円以上のスワップポイントが得られます。

南アフリカの貨幣の価値が下がる可能性が高いためリスクが大きいですが、レバレッジ1倍でも1年につき40%の金利が付くため、レバレッジ無でやる事をおすすめします。

米ドル/メキシコペソ

GEMFOREXでは、米ドル/メキシコペソでは売りポジションを行うことで、10万円につき約33円分のスワップポイントを得られます。

ただし、香港ドル/ドルの25倍のスワップアービトラージと大差ない金額であり、今後メキシコペソの価格が下がる可能性が高いのでおすすめできません。

GEMFOREXのスワップアービトラージに向いている口座

GEMFOREXではボーナス特典が付いているオールインワン口座の他に、スプレッドが狭いノースプレッド口座の二種類があります。ここでは、どちらの口座がスワップアビトラージの両建てに向いているか、詳しく解説していきます。

GEMFOREXのオールインワン口座

オールインワン口座では、GEMFOREXのボーナスを両建てで有効活用できることがメリットです。

GEMFOREXの口座開設ボーナスそのものを引き出すことは不可能ですが、口座開設ボーナスで得た利益に関しては、出金可能となっています。

そのため、口座開設ボーナスを上手く利用して、GEMFOREXのスワップアビトラージ可能な貨幣ペアで両建てを行えば、ノーリスクで利益を得ることが出来ます。

ただし、一回出金を行ってしまうとボーナスは消滅してしまうので、少なくとも数か月間待った後に出金を行うようにしましょう。

また、GEMFOREXでは入金ボーナスがあり、入金ボーナスに当選した日に入金すれば、当選結果が分かった後でもボーナスが付きます。

では入金ボーナスがあれば、スワップアビトラージに使えるお金が増えるため、両建てによって発生する利益をより大きくすることが可能です。

スプレッドに関しては、GEMFOREXのノースプレッド口座より大きいという欠点はありますが、GEMFOREXは全体的にスプレッドが狭めなので、そこまでスプレッドにこだわる必要がありません。

以上の理由から、GEMFOREXのオールインワン口座は、スワップアビトラージ目的の両建てに向いた口座となります。

GEMFOREXのノースプレッド口座

GEMFOREXのノースプレッド口座はオールインワン口座よりもスプレッドが狭いため、一見するとスワップアビトラージの両建てに向いた口座となります。

しかし、ノースプレッド口座を設立するのに初期費用が30万円もかかってしまうので、FXを始めたばかりの初心者には厳しい条件となっています。

ボーナスも付かないため、オールインワン口座よりも得られる利益が少なくなってしまいます。そのため、初期資産の少ない初心者はオールインワン口座の方が良いでしょう。

GEMFOREXのスワップポイントまとめ

結論としては、GEMFOREXでは香港ドル/米ドルでレバレッジ25倍のスワップアービトラージを行えば、低リスクで10%程度の金利が得られます。

10%の金利は小さいと思われるかもしれませんが、10年継続すれば2倍のお金になって返ってくるので、中々大きな利益と言えるのではないでしょうか。

更に、ボーナスを利用すれば証拠金が倍となり利益を倍増できるので、ボーナスと併用すれば10年後には入金した金額の2倍の利益を出すことができます。

そのため、GEMFOREXにおける香港ドル/米ドルのスワップアービトラージは、夢のある投資方法であると言えます。

ただし、GEMFOREXのスワップポイントのリストが変えられる可能性があるので、定期的にスワップポイント表の確認と取引を行う事で、思わぬ損失を出さないように気を付けましょう。

おすすめの記事