FX

FXとは「Foregn Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引のことを言います。

FXを一言で表すと「異なる2国間の通貨の売買」のことです。

日本円はもちろん、米ドルや、ユーロ、ボンドなど、 通貨そのものを買ったり売ったりすることで利益を得ているのが俗にいうFXトレーダーたちになります。

FXにおいて基本となる考えがあります。

それは「世界には様々な通貨が存在し、日々その価格というのは変動している」ということです。

FXにおいてはこの異なる2つの通貨ペアを売買して利益を得ます。

例えばドルが100円の時にドルを買って、102円になった時に売ります。すると2円の儲けになりますね。

このようにしてfxは他国の通貨を含めた2つの異なった国々の通貨を売買して利益を得る方法になります。

FXの通貨ペアとは?

通貨ペアとは、USD/JPYやEUR/USDのような通貨のペアのことを言います。

大まかな言い方をすると、
・「/JPY」とつくものを「クロス円」
・「/USD」とつくものを「ドルストレート」
といいます。

例えば、
米ドル/日本円
ユーロ/スイスフラン
ユーロ/ドル
というように『/』で区切って2国の通貨ペアを表します。

FXにおけるこの2つの通貨ペアは左側を基軸通貨と呼びます。

逆に右側は「決済通貨」と呼び、購入する通貨を指します。

一般的なFX業者では発展途上国や新興国などのマイナーな国の通貨は扱いのない会社があるので10〜30程度の通貨ペアの取り扱いが一般的です。

初心者の方でFXの通貨ペア選びに戸惑ってしまうのがFX業者が提示する通貨ペアの表現方法になります。

この通貨ペアの表現方法はアルファベット3文字で表記されることがほとんどで「通貨コード」と呼びます。


日本円:JPY(Japanese Yen)
米ドル:USD(US Dollar)
ユーロ:EUR(Euro)
ポンド:GBP(Great Britain pond)
カナダドル:CAD(Canada Dollar)

FXでEUR/USDのような日本円の入っていない通貨ペアで取引した利益は外貨で手元に入ってくるのか?

という質問も受けたことがありますが

外貨同士での通貨ペアで取引した場合は最終的に決済した利益を円に変わった状態で利益確定となりますのでご安心ください。

EUR/USDで儲かった利益はUSD/JPYの相場で円換算されて利益が決まるということです。

FXのメリットとデメリットは?

FXのメリットとは

少ない資金で大きな投資ができる(レバレッジ)

FXは信用取引ですので元本以上の取引が可能となっています。その代表的な仕組みがレバレッジになります。

レバレッジとは・・信用取引において証拠金を担保に党資金以上の取引ができる仕組み

レバレッジをかけることによって小さな値動きでも十分な利益を稼ぎ出すことができます。
しかしレバレッジは諸刃の剣でもありますので扱いには非常に注意して利用しましょう。

相場が上がっても下がっても利益を出すことができる(空売り)

日割で金利がつく(スワップポイント)

以上、上記のようなメリットがあるためFXでは手軽に始めることができ、 少資金から大きな利益を出すこともできます。

初心者はメジャー通貨で取引するべき!

FX経験者であればわかると思いますが相場というのは通貨ペアごとによって様々です。

メジャー通貨とは・・・世界的に取引流通量の多い通貨のこと。例えば米ドル・日本円・ユーロなど。

マイナー通貨・・・世界的に取引流通量の少ない通貨のこと。例えば南アフリカランドドルやメキシコペソなど(FX業者がそもそも扱っていないこともある)

メジャー通貨で取引するメリット

相場が安定している

メジャー通貨というのは取引量が多い。

つまりFXにおいて相場参加者が多いことを意味します。

市場参加者が多いことから様々な取引をする人が増えます。

メジャー通貨には市場参加者が多いため機関投資家などの影響を受けにくいためテクニカル分析なども比較的通用しやすくなります。

情報が入手しやすい

FXにおけるメジャー通貨は先進国通貨になりますのでその国のインフラが整っています。

したがってネットにおいてその国の情報を入手しやすくなっています。

また、英語が読めない人からすると日本語翻訳しているものが必要となりますので途上国などの情報よりも先進国の情報の方が日本語翻訳されているものが多いということもありますね。

カントリーリスクが低い

メジャー通貨は相場が安定しており情報が入手しやすいという特徴もあります。

またそれに伴いカントリーリスクも低いということが挙げられます。

カントリーリスクとは・・・カントリーリスクとは、投資対象国や地域において、政治・経済の状況の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のことをいいます。
特に国債など、その国の発行する債券に投資している場合は、発行元の国の政治・経済状態は非常に重要です。国はつぶれないという思い込みは危険で、世界では経済危機に陥っている国もあるのです
https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ka/J0088.html

大概債務不履行を宣言して国家が破綻することは決して稀ではなく歴史上日本を含め多くの国が破綻してきました。

先進国よりも途上国の方が世界経済が不況に陥ると破綻リスクが上がりそれに伴って通貨価格の下落が起こりやすくなります

メジャー通貨で取引するデメリット

値動きが小さい

FXのメジャー通貨は相場が安定しているという反面、先進諸国通貨と比較すると値動きが小さいという特徴があります。

したがって少額の取引ですと取れる値幅が小さくなってしまいますのである程度の資金がある人が合っているかもしれませんね。

金利が低い

FX取引をしているとスワップという金利がつきます。

このスワップはマイナー通貨よりもメジャー通貨の方が低くなっております。

したがってスワップトレード狙いだとあまり金利がつかないのでスワップトレードを考えている方は事前にスワップ金利の比率を確認しておきましょう。

マイナー通貨で取引するメリット

金利が高い

先ほどfxにおいてスワップという金利がつくことをお伝えしましたがマイナー通貨はスワップ金利が高く設定されています。

そもそも発展途上国の通貨というものは世界的に先進国と比べると需要がありません。

したがって通貨価格が下落しやすくなりますし、通貨価格が下落すると対外貿易も苦しくなります。

そこで発展途上国の国々は金利を高く設定して買ってもらおうと努力しているのです。

マイナー通貨で取引するデメリット

カントリーリスクが高い

マイナー通貨のデメリットにはカントリーリスクが高いということが挙げられます。

例えば2018年の年初から起こったトルコリラショック、ベネズエラのハイパーインフレーションなど日本などの先進国に住んでいる人たちは実感しにくいところがあるかもしれませんが

世界中でデフォルト(債務不履行)になることは珍しいことではないということだけ頭に入れておきましょう。

世界情勢に敏感に反応する

マイナー通貨は世界情勢が悪化すると真っ先に売られる傾向にあります。

世界がリスクオンの状態では金利目的で買いが入りますが大きな経済指標などで今後の世界情勢の雲行きが怪しくなると真っ先に売られ始めます。

FXにおいてリスクオフからオンへの切り替えは非常に早いですので気づいたらロスカットされていたなどといったことには気をつけたいですね。

FXの利益の出し方は?

メジャー通貨とマイナー通貨の違いがわかったところで次はFXでの利益の出し方について解説いたします。

FXは「2国間での通貨の売買」になります。

例えば1ドル=100円の時にドルを買い
1ドル=102円になった時にドルを売ります。

すると2円の利益を得ることができます。

FXにおいて、特にドル円において2円の上昇というのは頻繁にあるものではありません。
なぜfxで利益が上がるのかというのは

レバレッジとロットが関係してきます。

ロット・・・FXを行う時の取引単位。国内fxでは1Lot=1万通貨、海外fxでは1Lot=10万通貨であることが多いです。

FXの始め方は?

FXの始め方は大きく分けて3つのStepがあります。

Step1:FX口座の開設

銀行預金の口座を持っているように、fxを始めるためには口座開設をする必要があります。

国内には様々なfx業者があるのと同じように、海外にはそれ以上たくさんのFX業者があります。

国内FXにも海外FX業者にもそれぞれメリットデメリットがありますので

どこのfx会社を利用するのかということは事前に慎重に考えましょうね。

Step2:入金

FX業者で口座開設をしたらその口座に入金をする必要があります。

FXにおいて入金したお金のことを証拠金と呼びます。

預金というのは銀行口座に入っているからこそ預金と呼ばれますが、FX口座に入ったものは証拠金と呼ばれるようになるのです。

Step3:取引開始

証拠金を入金したらいよいよ取引開始となります。

FXで勝つためには
『取引手法・プラットフォーム(FX業者)・市場(通貨ペア)』の選定が非常に大切になります。

どれが欠けていてもfxで勝ち続けることができませんのでご自身の大切なお金が消える前に事前に必ず勉強してfx取引に臨みましょう。

おすすめの記事