チャート

MT4で使える取引方法についてわかりやすく解説していきます。

MT4はまだまだ現役のプラットフォームなのでこの際に注文方法をしっかりとマスターしましょう。 

MT4新規注文の方法 

新規注文のやり方は基本的に2パターンあり、 

・上のタブの「新規注文」からやる方法
 
・チャートを選択し、右クリックの「注文発注」からやる方法 

があります。 

MT4の注文画面の使い方 

注文画面の使い方の解説をしていきます。
 すこし難しいかもしれないのでゆっくりやっていきましょう。 

・通貨ペア
・数量
・決済逆指値
・決済指値
・コメント
・注文種別
・成行売り/成行買い 

といろいろな項目がありますので、一つずついきましょう。 

通貨ペア 

取引をしたい通貨ペアを選択できます。
選択できる通貨ペアは表示設定ができるものに限られます。 

数量 

MT4で使える証券会社はほとんどが海外証券になりますので、
1.00 = 10万通貨 となります。 

成行売り/成行買い 

 

上記2項目を設定していれば、成行売り/成行買い を選択することができます。
こちらを選択することにより、成行注文をすることができます。 

MT4のコメントをいれる方法 

MT4の注文画面にはコメントという欄がありますので、そちらにコメントを入れることができます。
EAなどの自動売買での使い方が基本となりますが、
注文した際のエントリー理由を記入することにも使えますね。 

以上までは簡単に設定をすることができました。
ここからは少々難しくなりますので、一つ一つ丁寧に見ていきましょう。

注文種別 

MT4には予約注文である「指値注文」や「逆指値注文」をすることができ、
注文種別の項目から変更することができます。 

方法としては、 

・BuyLimit(指値買い)
 

・SellLimit(指値売り)
 

・BuyStop(逆指値買い)
 

・SellStop(逆指値売り) 

の4つがあり、 

BuyLimit(指値買い)
→現在価格より低い価格を指定して、予約買い注文 

SellLimit(指値売り)
 →現在価格より高い価格を指定して、予約売り注文

BuyStop(逆指値買い)
→現在価格より高い価格を指定して、予約買い注文

SellStop(逆指値売り)
→現在価格より低い価格を指定して、予約売り注文

となっています。 

MT4のOCO注文の方法とは? 

OCO注文とは、

指値と逆指値のtp/spを設定し、tpもしくはspのどちらかにかかったら片方の注文を自動でキャンセルする

といったものになります。

OCO注文はポジションを持っている時しかできませんが、相場を見ていない時でも自動で決済しますので便利です。

やり方は2パターンあり下のターミナルの取引タブで設定する方法とチャートの上で注文の入っているラインをドラッグ&ドロップする方法があります。

下のターミナルの取引タブで設定する方

 

ここには画像を入れる

チャート上で、注文の入っているラインをドラッグ&ドロップする方法

となります。 ここで、「決済指値」もしくは「決済逆指値」もしくは「その両方」
 を入力し、変更確定ボタンを押すと注文の変更をすることができます。 

IFD注文とIFO注文の方法とは? 

IFD注文を簡単にいうと、
 
新規注文と決済注文を同時に行うことができるものになり、 IFO注文はIFD注文とOCO注文を組み合わせたものになります。 違いとしては、 

IFDは新規予約注文後、決済指値のみを入れる
 IFOは新規予約注文後、決済指値と決済逆指値をいれる 

というものになり、
 片方だけなのか両方ともなのかという違いがあります。 

MT4で分割決済をする方法 

MT4では注文の分割決済をすることもできます。
やり方としては、
ターミナルの「取引」タブから注文を選択し
「注文変更または取り消し」を選択します。 

するとウインドウが出ますので、
注文種別のところから、「成行注文」を選び、
数量を変更し、決済を選びます。 

数量は1Lotで注文を入れていた場合、
0.5Lotのように入力することで0.5Lot分だけ決済することができます。
なので、残り0.5Lotは保有したままとなりますね。 

【初心者必見!】おすすめインジケーター5つを厳選して解説してみた

MT4でトレーリングストップを設定する方法 

トレーリングストップとは、
 価格の変動に合わせて、損切りラインを自動で動かしてくれるものになります。 

なので、
 損失を抑えつつ利益を伸ばせる
という便利な機能なのです。 

例えば、
 Buy(買い)で注文を入れていて、
 10.0pipsの含み益が出ている状態で、
 トレーリングストップを30ポイントで設定した場合、
 含み益が7.0pipsになるところに逆指値が注文されます。
 

逆に、12.0pipsまで価格が上昇した場合は、
 9.0pipsのところに逆指値が移動します。 

このように利益が最大で出ている状態よりも設定した、
 ポイント数より下に逆指値が移動しますので
 一定以上の利益が獲得できるということになります。 

まとめ 

MT4にはいろいろな注文方法がありますが

知らないものも多かったのではないでしょうか? 

MT4はまだまだ現役のプラットフォームなので、
 
知っておいて損はないと思います。 

また、国内の証券会社でも同じように、
 OCO注文やIFO注文もありますので、
 今後国内証券会社を使う場合にも使うことができますね。 

おすすめの記事