FXの単利運用

今回は単利運用と複利運用についてお話します。

リターンを出すためには複利運用を推奨していますが、この記事ではメリットデメリットから解説していきます。

FXの単利運用とは?

単利運用とは
毎月出た利益を出金するなどをして、利益を確保しながら、入金金額を一定に保つ運用方法

例えば自動売買システムを運用している場合などはシステムによっては証拠金に対して自動でLot数が変わってしまうので利益を引き出し続けることによってリスクヘッジとロット数を抑え続けて運用する方法になります。

を言います。

例えば、資金10万円 平均月利20%の場合

期間
資金月の利益 (20%)利益合計
1ヶ月目10万円2万円2万円
2ヶ月目10万円2万円4万円
3ヶ月目10万円2万円6万円
4ヶ月目10万円2万円8万円
5ヶ月目10万円2万円10万円
6ヶ月目10万円2万円12万円
7ヶ月目10万円2万円14万円
8ヶ月目10万円2万円16万円
9ヶ月目10万円2万円18万円
10ヶ月目10万円2万円20万円
11ヶ月目10万円2万円22万円
12ヶ月目10万円2万円24万円

このように単利運用の場合でこのイメージだと、毎月2万円の利益が出た場合は年間24万円の利益が出ることとなります。

FXの複利運用とは?

アインシュタインの顔

複利運用とは
毎月の利益を出金せずに、出た利益をそのまま運用資金として運用していく方法です。

資金10万円 平均月利20%の場合

期間
資金月の利益 (20%)利益合計
1ヶ月目10万円2万円2万円
2ヶ月目12万円2.4万円4.4万円
3ヶ月目14.4万円2.88万円7.28万円
4ヶ月目17.28万円3.456万円10.736万円
5ヶ月目20.736万円4.147万円14.883万円
6ヶ月目24.883万円4.976万円19.859万円
7ヶ月目29.859万円5.971万円25.83万円
8ヶ月目35.83万円7.166万円32.996万円
9ヶ月目42.996万円8.599万円41.595万円
10ヶ月目51.595万円10.319万円51.914万円
11ヶ月目61.914万円12.382万円64.296万円
12ヶ月目74.296万円14.859万円79.155万円

このように資産の増えるスピードが全然違います。

単利が24万円の利益
複利が約80万円の利益

とその差は56万円となります。

アインシュタインが「複利は人類最大の発明」と評したといわれているくらい、複利のパワーはすごいです。

FXを他人に運用してもらえるって本当?その実績は?

FXの単利と複利の違いとは?

単利と複利の違いとはずばり、資金の増えるスピードです!

圧倒的に資金の増える速度が違います。

しかしデメリットもあります。

損失が出た時の金額が大きくなることです。

FXを他人に運用してもらえるって本当?その実績は?

まとめ

携帯やモバイルたち

早く資金を増やしたい人は複利での運用を推奨いたします。

逆に硬くコツコツを運用したい場合は単利での運用を推奨いたします。

おすすめの記事