LightningForexとは?LightningForexの5つの強みと4つの弱みを辛口評価!

LightningForexとは

Lightning Forexはシンガポールを拠点とするECN取引所になります。

FXや暗号通貨取引をP2P取引できる取引所

LIghtningForexはシンガポールに拠点を持つ私設取引所を経営する会社になります。

会社名:Light Forex Co., Ltd.
住所:OMC Chambers, Wickhams Cay 1, Road Town, Tortola, British Virgin Islands.
連絡先:Support@Lightning-Forex.Com

何れにせよLightning Forexはまだ情報が少ない海外FX業者になるので今後情報が入り次第随時追加していきます。

LightningForexはスプレッドが狭い

LightningForexのスプレッドは業界最狭水準になっています。

USD/JPY0.6Pips
EUR/USD0.6Pips
EUR/JPY0.7Pips
AUD/JPY0.8Pips
AUD/USD0.5Pips
GBP/JPY1.8Pips
GBP/USD
1.6Pips

LightningForexの主要通貨ペアのスプレッドを抜粋しましたがLightningForexのスプレッド水準は海外FX業界でも最低水準となっています。

特にマイナー通貨を1.0Pips未満の取引コストで取引できるのはLightningForexがECN直結型でインターバンク市場から直接レートを仕入れているということもあり低スプレッドで私たち利用者に提供しています。

完全NDD方式

LightningForexは完全NDD方式を公式HPで明言しています。実際取引スプレッドも非常に狭いのはシンガポールに自設の取引所を保有しておりそこでインターバンク市場のレートを直接引っ張っているようです。

NDD方式の場合スキャルピングや自動売買システムを利用することもできますが他のECN口座の場合は外付け手数料が一定数かかりますので自動売買システムは向いていません。

LIghtningForexがECNなら取引コストがかかるのではないか?

LightningForexはECN方式を提供しているため外付け手数料がかからないのかというところが気になります。

しかしLightningForexで取引をしてみたところ外付け手数料はかかりませんでした。ECN方式といっていますがHPの日本語がまだまだ対応していないため定かではありません。

実際に取引をしてみたところとしては『低スプレッドの外付け手数料なし』ということはスキャルピング取引や自動売買システムの利用なども効果的に行うことができます。

低スプレッドでインターバンクから仕入れたのちに多少のマークアップをして私たち投資家にレートを提供しているのでしょう。LightningForexは実際にはSTP方式とECN方式の両方を提供しています。

最大レバレッジ1000倍

LightningForexの最大レバレッジは1000倍となっています。1000倍を提供している海外FX業者はいくつかありますがスプレッドを込みすれば1000倍のレバレッジでこれだけの低スプレッドを提供しているのは海外FX業者ではいません。

レバレッジ1000倍であれば1万円からでも1000万円分の取引が可能です。

証拠金最大取引量ドル円100円の場合
1万1000万円10万通貨(1ロット)
10万1億円100万通貨(10ロット)
100万円10億円1000万通貨(100ロット)
1000万円100億円1億通貨(1000ロット)

1万円から1ロットの取引ができるのであれば少額から何度もチャレンジすることができます。管理人のスタンスとしては10万円の証拠金を増やすというよりも1万円の証拠金を10回に分けてなんどもハイレバギャンブルトレードで仕掛けることも1つの取引戦略だと思っているので管理人も少額を何度も入金して取引をしています。

またLightningForexの1000倍のレバレッジは業界最低水準の低スプレッドだからこそ有利に働きます。

レバレッジが高くてもスプレッドが1.5Pipsもあれば数Pips反対側に動いた時点でロスカットの対象です。しかしスプレッドが低ければそれだけ反対側に為替レートが動いてしまったとしてもロスカットにはなりませんし、XMやGEMFOREXのスプレッドの2分の1になっていますのでそれだけロスカットまで猶予があります。

ゼロカットシステム

Lightning Forexは1000倍のレバレッジを提供しています。

しかしレバレッジというのは大きければ大きいほどいいということではありません。

レバレッジは諸刃の剣とも言われている通り、うまく利用すると大きなメリットになりますが、レバレッジを理解しないまま利用すれば入金額以上の損失を追ってしまう可能性もあります。

しかしLightning Forexは他の海外FX業者と同じようにゼロカットシステムを提供しています。追証になることがありません。したがって入金額以上の損失になることがありませんので安心して取引することができます。

Lightning Forexで1000倍のレバレッジを効かせてアクティブなトレードをするのもよし。

1000倍のレバレッジを効かせて安全に取引することもよし。

様々な取引戦略を立てられるとともに追証もないので安心して取引することができます。

アカウントタイプが4つ

標準アカウント

取引プラットフォーム MT4 Mobile、MT4 Desktop、MT4 IOS
スプレッド 2pipから開始
トレーディング商品 リスト
5番目の10進数 はい
最大レバレッジ 1000:1
実行 STP / MARKET
最低入金額 10
最小取引サイズ 0.01
取引サイズの増分 0.01
最大合計取引サイズ 20
最大同時オープン注文 200
マージンコール/ストップアウトレベル 100/30
電話取引 いや
アカウント通貨 EUR、USD、GBP
手数料 いや

 

GOLDアカウント

取引プラットフォーム MT4 Mobile、MT4 Desktop、MT4 IOS
スプレッド 2pipから開始
トレーディング商品 リスト
5番目の10進数 はい
最大レバレッジ 1000:1
実行 STP / MARKET
最低入金額 10
最小取引サイズ 0.01
取引サイズの増分 0.01
最大合計取引サイズ 20
最大同時オープン注文 200
マージンコール/ストップアウトレベル 100/30
電話取引 いや
アカウント通貨 EUR、USD、GBP
手数料 いや

 

VIPアカウント

取引プラットフォーム MT4 Mobile、MT4 Desktop、MT4 IOS
スプレッド 2pipから開始
トレーディング商品 リスト
5番目の10進数 はい
最大レバレッジ 1000:1
実行 STP / MARKET
最低入金額 10
最小取引サイズ 0.01
取引サイズの増分 0.01
最大合計取引サイズ 20
最大同時オープン注文 200
マージンコール/ストップアウトレベル 100/30
電話取引 いや
アカウント通貨 EUR、USD、GBP
手数料 いや

 

ECNアカウント

取引プラットフォーム MT4 Mobile、MT4 Desktop、MT4 IOS
スプレッド 2pipから開始
トレーディング商品 リスト
5番目の10進数 はい
最大レバレッジ 1000:1
実行 STP / MARKET
最低入金額 10
最小取引サイズ 0.01
取引サイズの増分 0.01
最大合計取引サイズ 20
最大同時オープン注文 200
マージンコール/ストップアウトレベル 100/30
電話取引 いや
アカウント通貨 EUR、USD、GBP
手数料 いや

 

MT4が利用できる

MT4

Lightning Forexの取引プラットフォームはMT4を提供しています。MT4の最大の特徴は

・自動売買システムの利用
・複数口座の同時管理
・豊富なインジケーター

を利用することができます。

MT4とはロシアのMetaQuotes社が開発している全世界共通のFX取引プラットフォームであり、デフォルト機能として数々のインジケーターが揃っています。

国内FX業者しか利用したことがないという人はあまり馴染みがないかもしれませんが、MT4では自動売買システムも利用することができますし、数々のインジケーターを利用することによってテクニカル分析が容易になります。

特にLightning Forexはこの後開設するMAM口座は利率を定期的に出していることから近年人気のMAMの1つになりつつあります。

MAMを提供している

Lightning ForexではMAMを提供しています。

MAMとはMulti Account Managerの略称になります。MAMのメリットとしては
自分で取引をする必要がない
・完全自動で運用をすることができる
・自分の口座で資金を管理することができる

など従来のミラートレードやソーシャルトレードのようなPAMMとは違って管理している口座が自分のため資金の安全性や透明性が確保されています。

やはり自動売買システムだけですと半分裁量が必要になるため自動売買システムごとマスター口座を管理してくれるMAMはフルオートで運用してもらうことができるので近年主流の取引手法となってきました。

MAMに関する詳細に関しては他のページにて紹介していますのでそちらをご覧ください。

Lightning Forexの弱み

金融ライセンスを持っていない

Lightning Forexの1つ目の弱みとしては『金融ライセンスをどこにも保有していない完全無登録業者』になります。

金融ライセンスを保有していないということはどこの国の金融庁にも規制を受けていないということになりますのでたとえどんなことがあったとしてもLightning Forexのルールのもと行われるので出金拒否やスリッページなどがあったとしてもそれを規制する第三者がいません。

また、金融ライセンスがないことが問題視される理由としては『Lightning Forexがどのような会社なのか』が完全に不透明であるということが挙げられます。

金融ライセンス無登録として6年間運営されていたGEMFOREXは今年になってようやくオーストラリアのFSPというライセンスを保有しました。

またis6comなども海外FX業者として非常に有名ですが金融ライセンスは保有していません。

金融ライセンスがなくてもしっかりと営業をしているところもあり実際にはGEMFOREXは6年以上の間無免許海外FX業者として営業をしてきました。最近になって金融ライセンスを保有するようになりましたが結果論の話になってしまいますので未来になってみないとわかりません。

GEMFOREXやis6comなどを考えても今後Lightning Forexが金融ライセンスを保有する可能性はありますが、現状は金融ライセンスを持っていないので何があったとしても自己責任になってしまいます。

2020年1月17日追記

LightningForexの公式HPを確認したところ以下のような記載がありました。

Trusted and regulated
More traders trust us with their money than anywhere else, making us the world’s No.1 CFD provider1. We’re authorised and regulated by the Australian Securities and Investment Commission (ASIC), and fully invested in the success of our clients.
『どこよりも多くのトレーダーが私たちを信頼してくれて私たちが世界1のCFDプロバイダーにしてくれました。私たちはオーストラリアのASICに規制されており私たちのクライアントのために十分に投資します。』

公式HPにオーストラリアのASICオーストラリア証券投資委員会に認可されているとの表記があり無免許海外FX業者として営業しているようでしたがれっきとしたライセンスを保有してました。
オーストラリアに金融ライセンスを保有している海外FX業者は多く、GEMFOREXやTitanFXなどもオーストラリアの金融ライセンスを保有しているため信用と信頼が増えました。

LightningForexの出金拒否はあるのか

Lightningforex

Lightning Forexが金融ライセンスをどこにも保有していないということを受けて管理人もLightningForexの口コミを調べてみました。ツイッターなどではまだ出金に関する話題はありません。

HPなども日本語にはあまり対応していないのでもしかしたらあまり日本人の利用者が少ないのかもしれません。

私がLightningForexを利用し実際に運用しているため出金した際にはおしらせします。

公式HPが日本語対応していない

Lightningforex

Lightning Forexは公式HPが日本語対応をしていますがどの画面もグーグル翻訳で翻訳したような出来栄えになっています。

もしLightning Forexを利用する場合には英語にて口座開設をする必要がありますしページによっては完全に英語になっていることがありますが英語が読める人は英語で読んだ方が情報の正確性や情報量に違いたあります。

管理人も最初HPを見たときには利用しようか迷いましたがLightningForexを友人が利用していたので実際に利用しています。今後もLightningForexの評判など随時更新していきます。

おすすめの記事