GemForex

今爆発的にブームとなっている資産運用方法の1つにFXのMAMがあります。

このMAMはこれまでのミラートレードやソーシャルトレードのデメリットを解決した画期的な仕組みとなっており、多くのFX投資家やトレーダーが利用しているサービスになります。

そもそもMAMってなに?PAMMとの違いは?

MAMの仕組みの画像
そもそもMAMとは一体何なのでしょうか?MAMとは、Multi Account Managerの略称になります。

Multi・・・複数の
Account・・・口座を
Manager・・・まとめる

つまりMAMとは多くのFX投資家の口座を1つのトレードにまとめるということになります。

MAMの仕組みとしてはプロのトレーダーの口座に自分のFX口座を繋げるだけで同じトレードが反映されるので自分でFXをする必要がありません。

PAMMとの違い

MAMとPAMMはコピートレードの運用方法の1つになります。

従来のソーシャルトレードやミラートレードはPAMMの仕組みを採用しています。

PAMMとはParcent allocation management moduleの略称で、MAMとの大きな違いは

  • ファンド形式で投資家がマスター口座に資金を預ける
  • 取引履歴が見れない

上記のようなデメリットがありました。

したがってマスター口座を管理している人間が資金を持ち逃げしたり、取引履歴が見れないからこそいつの間にか資産がなくなっていたなんてこともあります。

しかしMAMはデメリットを解決しました。

  • 資金を自分の口座で管理できる
  • 取引履歴を見ることができる

したがってこれまでのソーシャルトレードやミラートレードのようなPAMM形式のものではなく透明性と安全性が確立されました。

また、MAMは紐付けされる口座(プロトレーダーの口座)をマスター口座といい、紐付ける口座(投資家の口座)を子口座といいます。

MAMを提供しているFX業者はどこがあるの?

gemforexの画像

MAMやPAMMは国内FX業者では提供されていません。

というのも日本の法律上、金融庁に認可を取っていないものが第三者の資金を運用することは禁止されているからです。

したがって、MAMやPAMMは海外FX業者を利用する以外にありません。

MAMを提供しているのはBigbossやTradeviewなどが挙げられますが、その中でも海外FX業者で最も有名なのはやはりGemForexです。

Gemの評判はどうなの

GemForex

私もGemForexのMAMを利用しているので何回もGemForexとやり取りをしました。

やはり利用している海外FX業者の信頼性というのも非常に重要になりますね。

GemForex概要

GemForexとは

運営会社GEMGROUP NZ LIMITED
設立2010年6月25日
金融ライセンスニュージーランド金融ライセンス
ライセンス番号FSP564306
サポート受付時間平日10:00~17:00
サポート手段メール・チャット
日本語対応
あり
取扱通貨ペア全37種類
取引プラットフォームMT4
両建て可能
ロスカット水準20%
追証なし
約定力
口座種類4種類
入出金手数料無料(月に2回目以降は4500円の手数料発生)
入金方法銀行振込、クレジットカード、仮想通貨

GemForexは2010年に設立された比較的新しい海外FX業者になります。

会社の経営陣の半分以上が日本人で構成されており、日本語対応や日本へのマーケットシェアも非常に広く、設立9年目にして口座開設数22万口座を突破している今急速に伸びている海外FX業者になります。

スプレッドや約定力、サポート体制など含めて非常にオススメできる海外FX業者になります。

信頼性

GemForexのデメリットとしてこれまでライセンスの問題がありました。

しかしNZライセンスを取得し名実ともに一流の海外FX業者になりました。

GemforexのMAMを利用するメリットとデメリット

シーソーの画像

GemForexでMAM運用をするメリット

MAMの仕組みを提供している海外FX業者はGemForexの他にもいろいろあります。

しかし私がGemForexのMAMがいいというのはいくつかの理由があります

自分の口座で管理できる

GemForexだけではなく、MAMというのは自分の口座で資金を管理することができるのでPAMMの仕組みを採用しているミラートレードやソーシャルトレードのように第三者に資金を預ける必要がありません。

したがって資金を持ち逃げされることもありません。

また、MAMの仕組み上、自分の口座にエントリーが反映されるのでマスター口座がどのようなトレードをしているかをリアルタイムで見ることができます。

自分でトレードする必要がない

Gemforexが提供しているMAMに限らずMAMを採用している海外FX業者を利用すれば自分でFX取引をすることなく成績のいいトレーダーに自分の資金を運用してもらうことができます。

一流のFXトレーダーになれば年間2000万円以上稼ぐことも夢ではありませんが、その道筋はやはりとても険しくFXの基礎知識を学んだり、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を学んだりする必要があります。

しかし相場というのは繰り返さないのでやはり知識だけではなく経験も必要になってきます。

となるとやはり専業トレーダーで稼いでいくとなれば早くても1年、少なくとも2年は必要になるでしょう。

それだけの時間を費やしてもいいという方であれば問題ありませんが、MAMを利用すればこれまで勝ち続けてきた専業トレーダーが自分の代わりに運用してくれます。

成績のいいトレーダーは月利30%や50%を出すこともある

MAMのメリットとしてプロのトレーダーに運用を代行してもらえるというメリットがありますが、中には月利30%や50%、ごく稀に80%以上の利率を出すトレーダーもいます。

しかしその反面多くのトレーダーが負けるのも事実です。

したがってMAMを選んだ後は何もしなくていいので楽かもしれませんが、選ぶ時には慎重に選びましょうね。

自分で決済することもできる

GemForexのMAMの最大の特徴として自分で決済することもできるという点が挙げられます。

もしトレーダーが理解できないところでポジションを持っていたとしたらわざわざトレーダーが決済するまで待っている必要はありません。

自分で決済することもできるので、いつでも決済して出金することもできます。

またいつでもマスター口座との紐付けを解除することができるのでいつでも止めることができます。

GemforexでMAM運用をするデメリット

第三者が運用するためもしかしたら溶けてしまう可能性がある

Gemforexに限らず、MAMに投資をするというのは自分のお金を第三者に運用してもらうということになります。

したがって実力のないトレーダーに運用を任せてしまうと数ヶ月のうちに溶けてしまうことがよくありますので誰に自分の大切な資産を任せるかが非常に大事になります。

MAMのマスター口座はトレーダー?システム?

ロボット
MAMのマスター口座はトレーダーもしくは自動売買システムが入っていることがほとんどです。

それはエントリーを見ればおおよそトレーダーか自動売買システムかわかりますが、自動売買システムもトレーダーでもメリットデメリットはそれぞれありますのでどちらがいいということもありません。

MAM選びの際の3つの注意点

save moneyの文字

実績

当たり前のことですがMAMを選ぶ際に最も大事なことが実績になります。
ご自身がどのような運用をしたいかによっても自分の望む実績というのは異なってくると思います。

例えば、長期的に安全に運用したいという方は「利率が低くてもどれだけ続いているか」というところにフォーカスする必要がありますし、反対に短期的にハイリターンを望むのであれば「期間は短くても高い月利を叩き出しているもの」を選ぶでしょう。

いずれにせよ、自分が参入した時に溶けてしまうリスクを考慮する必要はあります。

エビデンスの信頼性

MAMの多くがエビデンスを公開していますが、多くのサイトがバックテストを開示しています。
しかしバックテストというのはエビデンスとしての信頼性が非常に低いです。

なぜかというとバックテストというのは過去のチャート上でどれだけのパフォーマンスを出しているかということですので、バックテストを撮る際に過去のチャートに合わせたロジックを作れば右肩上がりの綺麗なグラフを作ることなど非常に容易なのです。

したがって、やはりフォワードテスト(実際の運用履歴)のエビデンスを提供しているところしか利用しないようにしましょう。

参加費用は?

costの文字
多くのMAMは参加費用はかからないことがほとんどです。
というのもトレーダーが成果報酬型を採用しているところが多く、また紹介手数料としてもお金が入ってくるため多くの人が利用し続ければ続けるほどトレーダーにとってもメリットがあります。
したがってトレーダーと投資家はWin-Winの関係を構築することができますので参加費用はかからないことがほとんどです。

GemForexでおすすめなMAM top3

1位:G1Trade

G1Tradeは自動売買システムのようです。

しかしファンダメンタルの時にはシステムを止めたりするので取引回数的も利率も比較的少ないですが、非常に安定したパフォーマンスを叩き出すことができています。

取引手法は逆張りナンピンマーチンになっており使用通貨はEUR/USDがほとんどみたいです。

G1Trade特徴

最低入金額:150,000円

月間平均利率:約8〜10%

月間最高利率:14%

最大DD:7〜8%

取引手法:順張りナンピンマーチン×逆張りナンピン

損切り機能:あり

使用通貨:EUR/USD

月間取引回数:10〜15回

 

Cyclone

cycloneはトレーダーが管理しているMAMのようです。

使用通貨ペアは様々でメジャー通貨からマイナー通貨までエントリーが入っています。

また、損切りラインも常に入っているので一度で資産がなくなってしまうということがありませんね。

基本的に金曜日にはポジションを持ち越さないことが多いので土日に大きな経済指標が発表されたとしても安心していられるので私も2年ほど利用しています。

月間平均としては10~20%程度の利率はでますが、たまに損切りが入るので月によっては利率はバラバラですがプラスで転じて行ってくれています。

Cycloneの特徴

最低入金額:100,000円

月間平均利率:15%

月間最高利率:30%

最大DD:50%

取引手法:デイスイング/順張り

損切り機能:あり

使用通貨:多数

月間取引回数

3位:CSY

CSYもcycloneと同じくトレーダーが管理しているMAMのようです。

私が利用している感覚としては常にエントリーが入っており、常に取引していてほしい人にとっては嬉しいですね。

CSYの取引手法はcycloneとは違って逆張りライントレードを主軸としたトレードでSellでの取引がメインですね。

損切りラインが入っていないことが多く、たまに気づくと損切りされていたりしますが

最高利率は今回ご紹介した中でダントツの1位になります。

スイングトレードやデイトレードもありますね。

CSYの特徴

最低入金額:100,000

月間平均利率:20%

月間最高利率:80%

最大DD:70%

取引手法:逆張りライントレード

損切り機能:裁量で切ることあり

使用通貨:多数

月間取引回数:20〜30回

MAMの月利はどのくらい

毎月の利率は?

私はGemForexのMAMを利用し始めて6ヶ月ほどになりますが、月利1~3%を安定的に狙える口座と、月利20~30%ほど狙える口座の2つを利用しています。

利率が低い方の口座は安定して1~3%の利率を出しているので、既に18%ほどの利益が出ています。

ハイリターンの方の口座は当初2ヶ月間は20%以上を叩き出したのですが、一度損切りをしたのでトータルで50%ほどの利益が出ています。

運用もとはシステム?トレーダー?

私が固く運用をしているイーグルはシステムによる運用です。

また、ハイリターンの方のCycloneの口座はトレーダーさんが管理しています。

最近始めたばかりのCSYというシステムがあるのですが、こちらもまたトレーダーさんがマスター口座を管理しているもののようです。

 トレードに規則性があるかないかでトレーダーかシステムかを判断しているので、システムかどうかということの明言を控えさせていただきます。しかしほとんどの確率でシステムとトレーダーで見分けはついています。

人気のMAMシステム[私の直近の検証結果]

No1:G1Tradeのエビデンス

G1tradeエビデンス2

G1tradeのエビデンス

No2:Cycloneエビデンス

cycloneエビデンス1

cyclone2

No3:CSYのエビデンス

CSYエビデンス1

CSYエビデンス2

まとめ

MAMは自分で取引しなくていいため他人に運用を任せることができます。

しかし第三者に運用を任せることになるので誰に運用を任せるかの判断には時間を大きく割かなければいけません。

GemforexのMAMは自分でも決済することができますので危ないと思った時には自分で早めに決済しましょう。

おすすめの記事