完全招待制の自動売買SMASH EAは本当に稼げるのか

人生100年時代が提言され、老後資金は最低でも2000万円が必要と言われる昨今、投資は一昔前よりも確実に身近なものになっています。
一方、投資には専門知識やスキルが必要とされることから、初心者にとっては敷居が高い世界といえますよね。
そんな時に便利なのがFXのEA(エキスパートアドバイザー)です。
これはMT4というトレードプラットフォームにインストールするだけで自動で資産運用できる人気のツール。

今回はその中から、365日年中無休で日給15,000円を稼げると話題のSMASH(スマッシュ)FXというEAを解説したいと思いますので、本当に稼げるのか、口コミや評判から見ていきましょう。

目次
  1. SMASH(スマッシュ)FXの良い評判
  2. SMASH(スマッシュ)FXの悪い評判
  3. SMASH(スマッシュ)FXのメリット
  4. SMASH(スマッシュ)FXのデメリット
  5. SMASH(スマッシュ)FXがおすすめの人
  6. SMASH(スマッシュ)FXをおすすめしない人
  7. まとめ

SMASH(スマッシュ)FXの良い評判

good2_fx.jpg

まず最初に、SMASH(スマッシュ)FXを実際に運用している投資家等が発信している良い評判を解説したいと思います。
完全招待制で秘匿性が高いだけに、優秀なEAかどうかを判断する有効な材料になるでしょう。

良い評判1.「365日年中無休で日給15,000円を稼いでくれる」

頻繁にトレンドが切り替わる相場の中で、コンスタントに毎日利益を出すことができるEAはそう見つかるものではありません。
1か月で30万円以上、1年稼働させれば500万円を超える計算ですので、EAとしてのスペックはまさに驚異的。
投資全体でみてもそこまでの利回りはそうあるものではないでしょう。
この評判だけでも、SMASH(スマッシュ)FXを購入を検討する理由としては十分なものがありそうです。

良い評判2.「EA購入前に送られる解説動画が分かりやすい」

SMASH(スマッシュ)FXでは、運営のトレード方針等を動画で解説してもらうことができます。
EAとしてはなかなか珍しいパターンとなり、丁寧な対応には大変好感が持てますね。
また、動画を作るだけのコストをかけられる運営会社ともいえますので、EAを運用していく上でも安心して付き合っていけそうな印象があります。

良い評判3.「乱高下相場でもしっかり利益を出してくれる」

相場では雇用統計などの重要指標はもちろんのこと、ヘッドラインニュース等でも乱高下することが日常茶飯事。
また、昨今のコロナウィルス感染拡大による社会情勢の変動も、恐怖指数や金利の面で投資の世界に大きな影響を与えました。
一方、SMASH(スマッシュ)FXはそういったトレンドの掴みづらい乱高下相場でもしっかりと利益を出してくれたという口コミがありますので、初心者のみならずベテラン投資家も頼れるEAといえます。

良い評判4.「運営から相場の見通し情報が提供される」

SMASH(スマッシュ)FXの運営メンバーは金融市場に精通した人物とコネクションがあり、投資家に対して相場の見通し情報をシェアしてくれるという口コミがあります。
投資における最大の武器は情報であり、利益に直結する最も大切な要素の1つ。
一般投資家よりもワンランク上のステージでEAを運用できるでしょう。

良い評判5.「しっかり損切りをして利益を積み増す」

裁量トレードでは私情が入ってつい含み損が膨らんだポジションを持ち続けてしまうことがあり、これはロスカットの大きな原因となります。
一方、SMASH(スマッシュ)FXはロジック通りにこまめな損切りをしてくれるという口コミがありますので、機械的な損切りで安定して運用できるEAとなっています。

SMASH(スマッシュ)FXの悪い評判

bad_fx.jpg

良質なEAの判断には長所と短所の両面を見るのが何よりも重要となります。
そこで次は、SMASH(スマッシュ)FXの悪い評判を解説していきますので、是非ご参考にして下さい。

悪い評判1.「動画サイトでの広告が大袈裟に感じる」

動画サイトの広告では、SMASH(スマッシュ)FXを利用している投資家が1000万円を超えるメルセデスに乗り、高級レストランで豪遊する等まさにセレブの生活を手にしている様子が紹介されています。
しかし、実際のところ日給15,000円の収入レベルではまだ手の届かない水準であるともいえ、いくらSMASH(スマッシュ)FXが優秀でも誇大広告ではないかという口コミもあります。
確かにEAとしては優秀な利益を叩き出すようですが、大きすぎる夢を抱かせる内容には注意が必要ですね。

悪い評判2.「365日年中無休稼働はそもそも不可能ではないか」

この口コミはLPのコピーを見た人が発信したものですが、冷静に考えれば確かにその通りといえます。
実際にトレードをしている人なら分かることですが、FXは土日は稼働しておらず、当然EAも例外ではありません。
つまりこの時点で365日稼働というコピーには矛盾が生じてしまい、相場を知っている投資家がSMASH(スマッシュ)FXに対して強い不信感を抱いてしまう原因になっているようです。

悪い評判3.「特商法に運営会社の記載がなく全体的に曖昧」

特商法(特定商取引法)は消費者(この場合は投資家)の利益を守るためのルールであり、事業者はネットショッピングを営む上で会社名や責任者、所在地、電話番号等の情報を必ず表記しなければいけません。
一方、SMASH(スマッシュ)FXのLPに記載されている特商法に基づいた表記は以下の通りとなっており、

tokusho_lp.jpg

出典:Smash Trade

明らかに必要事項が足りていないことが分かりますね。
代表者名、電話番号等も当然表記するべき項目であり、販売価格に関してもラインを登録してEAを購入する段階まで進まなければ確認することができません。
ちなみに特商法は違反した事業者に対して行政処分を下す効力がある法令ですので、残念ながらこの表記だけを見ると、SMASH(スマッシュ)FXの運営体制はコンプライアンスに欠けているといわざるを得ないでしょう。
また、表記されている住所は貸会議室のものであり、その点も悪い評判が立つ要因になっています。

悪い評判4.「まず最初に負けることが前提と念押しされる」

上手い負け方を知らなければ勝つことはできないのは投資全般のセオリーですが、SMASH(スマッシュ)FXでは悪い評判として言及されています。
というのも、購入前に実施される運営とのヒアリングで強く説明されるのは「どのようにして負けるかが重要」といった内容で、EAを運用する中で損失が出た際の逃げ道と捉えてしまうという人がいるようです。
実際のところ、SMASH(スマッシュ)FXは華々しい利益額を謳って稼げることを強くアピールしていますので、そのギャップに戸惑うのも無理はないかもしれません。

悪い評判5.「LPの利用者利益報告がいつ見ても15,371円で固定」

SMASH(スマッシュ)FXのLPでは、利用者の利益がデイリーで確認できるようになっています。
実際の表示は以下の通り。

lp_rieki.jpg

出典:Smash Trade

この通りであれば、コピーである日給15,000円の明確な根拠になり、安心材料の1つになりそうですね。
しかしこの表示には不可解な点があり、SMASH(スマッシュ)FXの日利は「いつ見ても15,371円」なのです。

優秀なEAであれば毎日利益を出すことも可能かもしれませんが、毎日全く同じ金額を稼ぎ続けるというのは、残念ながらシビアな相場の世界ではほぼ不可能。
経験のある投資家であれば言わずとも分かる共通認識でもありますので、SMASH(スマッシュ)FXの悪い評判に繋がってしまっています。

SMASH(スマッシュ)FXのメリット

merit_smash.jpg

次は、SMASH(スマッシュ)FXのメリットについて見ていきましょう。
投資家の利益に繋がる重要なポイントですので、自身の求めるものがあるかしっかり確認して頂きたいと思います。

単利運用でリスクコントロールがしやすい

投資には大きく分けて、当初の元本に固定する単利運用と、利益も含めて運用していく複利運用の二通りが存在します。
そしてSMASH(スマッシュ)FXでは前者の単利運用を採用しており、例えば20万円の証拠金に対して0.2lotで運用をスタートし、その後30万に増えたとしても0.2lotのまま運用を続けることができます。
これは有効証拠金に対して低いlotでトレードすることで、損失を限定しつつロスカットを回避することもできる安全な投資法。
定期的に利益分を出金することで更に安全性を高めることができるでしょう。

スキャルピングで取引回数が多い

EAのロジックによっては、チャート次第で月に数回程度しかポジションを持たないものもあります。
そういったEAはトレード回数を多くして早く資産を増やしていきたい投資家にとって若干のストレスになることもあるでしょう。
一方、SMASH(スマッシュ)FXのトレードスタイルは取引回数が最も多いスキャルピングとなっており、1度に最大11ポジションを持つこともありますので、トレードチャンスを少しでも逃したくない人には大きなメリットといえます。

安全運用の平均月利が15%~30%と高い

SMASH(スマッシュ)FXのメリットとして、平均月利が高水準ということも挙げられます。
一般的にFXでは月利10%もあれば十分な水準であり、投資信託等では年間3%~5%程度がスタンダードですので、このことから考えても月利15%~30%はEAとして非常に優秀なことが分かりますね。
SMASH(スマッシュ)FXで上手く運用できれば数か月程度で資金を倍にすることもできそうです。
もちろんこれは投入資金が多ければその分利益も大きくなるので、余剰資金のある方は大きく投資するのも良いですね。

SMASH(スマッシュ)FXのデメリット

demerit.jpg

安定して資産を運用する上では、SMASH(スマッシュ)FXのデメリットに関しても知っておかなくてはなりません。
理解した上で回避するアクションを取ることができれば、その分リスクヘッジして投資することが可能です。

ナンピン両建てロジックは損失が大きくなる可能性が高い

SMASH(スマッシュ)FXはナンピン両建てのロジックを採用しています。
これはポジションから逆行した際、更にポジションを増やすことで全体の購入単価を下げる短期的なドルコスト平均法のようなもので、上手く価格が指値にかかれば大きく利益を伸ばすことができる手法です。

また、同時に実施しているのが両建てと呼ばれる、同時に逆方向のポジションを持つ手法。
こちらは逆行した際に損失を限定する役割と、上下どちらに動いても利益を確保できる特徴があります。

そしてデメリットになるのが、この二つの手法の危険性が「トレンド相場に弱い」というポイントです。
例えば、ナンピンで複数のポジションを両建てして一方向に強く動いた際に利益ポジションを利確します。
しかし相場は更に一方向に強く動いて、含み損が大きくなりそのままロスカットとなるパターン。
これはリスクコントロールの甘い初心者が陥ってしまう例でもあり、SMASH(スマッシュ)FXでも適切な損切りをしなければコツコツドカンの状態になってしまう可能性があります。

導入と推奨証拠金だけで40万円~50万円かかる

SMASH(スマッシュ)FXの販売価格は公表されていませんが、平均的なサラリーマンの月収以上という情報があります。
これはEAの相場としては高価な部類となり、推奨証拠金の20万円と合わせれば決して気軽に手を出せるものではありませんよね。
前評判通りの利益が出れば1か月と少しで元を取れることができますが、利益が保証されている投資は存在しませんので、デメリットの1つとなっています。

特商法に必要な表記がなく、トラブルの際は自己責任

先に述べた特商法の表記が十分ではなく、万が一SMASH(スマッシュ)FXに関してなんらかのトラブルが発生した場合、法の保護を受けることができません。
運営が突然ラインをブロックし、その後音信不通になってしまう可能性もゼロではありませんので、もし運用を検討する場合は必ず認識しておくべきデメリットです。

SMASH(スマッシュ)FXがおすすめの人

sujest_smash.jpg

ここまで解説してきた評判とメリット・デメリットから、SMASH(スマッシュ)FXがおすすめな人について解説していきたいと思いますので、自身に当てはまるかどうかを是非確認してみて下さい。

購入費用+最低20万円の余剰資金がある人

FXに限らず、投資は余剰資金で運用することが鉄則です。
そしてSMASH(スマッシュ)FXにおいては特に導入コストが大きくなりますので、それが負担にならない人は一考の価値ありでしょう。

損切りやEAの停止等をある程度自分で判断できる人

EAはある程度の裁量を取り入れることでパフォーマンスを最大限に引き上げることができますので、経験を積んだ投資家であれば更に高い利益率が見込めるでしょう。
SMASH(スマッシュ)FXの持ったポジションを検証しつつ、自己判断で損切り、稼働判断ができる人には特におすすめです。

裁量トレードが苦手or時間がない人

FXにおいてはトレンドラインやダウ理論に基づいた環境認識が必要不可欠ですが、自分の分析に自身が持てないという人も当然いらっしゃいますよね。
そういった場合は、SMASH(スマッシュ)FXを導入してプロが組んだロジックを利用した方が良いでしょう。
また、分析に時間を取ることができず十分な根拠を持ってエントリーすることができない人にも大変おすすめできるといえます。

トレード回数重視のEAを求めている人

スキャルピングメインで最大11ポジションを持つこともあるSMASH(スマッシュ)FXは、トレード回数重視の人には特におすすめです。
また、機械的に損切りと利確をする分、裁量よりも精度の高いトレードが期待できるでしょう。

SMASH(スマッシュ)FXをおすすめしない人

notsujest_smash.jpg

SMASH(スマッシュ)FXは多くの特徴を持つEAとなっており、当然システムがマッチしない人も存在します。以下の内容に該当する場合は、他のEAを検討した方が良いでしょう。

コストを抑えてトレードしたい人

SMASH(スマッシュ)FXの導入コストは40万~50万円となっており、決して安価とはいえない水準。
したがって、なるべく低いコストで投資を始めたい人にはおすすめすることはできません。
少しでもコストを抑えたい人は他のEAを探すか、基本的に無料で始められるMAMトレードを検討してみて下さい。

スイングトレードメインの人

通常、スイングは逆行に耐え得るだけの余裕のある維持率を設定しますので、比較的維持率が低くなる口座を見てある種の焦りを感じてしまうかもしれません。
そしてそもそもトレードの軸になる足も違いますので、EAが持ったポジションの根拠が自身に馴染まず不安が強くなる場合もあるでしょう。
したがって、中長期的視野でポジションをホールドするスイングメインの人は、SMASH(スマッシュ)FXのスキャルピングはあまりおすすめできません。

自動売買に任せきりになって放置してしまう人

一般的なEAの認識はシステムに任せて資産が増えていく投資とされていますが、残念ながらそれは間違いです。
EAはチャートに対して組んだロジック通りにトレードするという性質上、指標発表やヘッドライン等のファンダメンタル起因の値動きに対応しきれないという弱点を持ち合わせています。
これはSMASH(スマッシュ)FXを始めとするEA全てに当てはまるものであり、指標スケジュールやニュースを見てEAをオフにしたり、裁量で損切りする等の管理は必要となります。
したがって、EAに頼り切ってしまう人は資産を失ってしまうリスクが高く、おすすめできません。

運営のコンプライアンスに不安を感じる人

EAは基本的に運営がFX業者と契約、交渉して有利なボーナスやスプレッド等の条件を引き出し、投資家はそのベネフィットを受けることができます。
また、システムの不具合やセットアップに対するフォローアップも必要不可欠。
しかしSMASH(スマッシュ)FXは特商法の基準を満たしておらず、法令の後ろ盾がない以上、ある日突然サポートを受けられなくなる可能性も捨てきれません。
結果的に大きな不安要素のある投資になってしまう可能性がありますので、少しでも気になる人は運用を見送りましょう。

まとめ

今回の記事で、SMASH(スマッシュ)FXの評判、メリット・デメリットがお分かり頂けたかと思います。
実は2021年5月現在、SMASH(スマッシュ)FXはLPから運営のラインを登録しようとしてもアカウント自体が存在せず、残念ながら購入ルートは不明です。

line_smash.jpg
もし今回ご興味を持って頂いた場合は、新規募集の再開を待つか、身近でSMASH(スマッシュ)FXを運用している人を探してコンタクトして頂ければと思います。

SMASH(スマッシュ)FX自体の総評としては、月利15%~30%という高水準のスペックを持つEAでありながら、特商法の基準を満たしていないため運営体制に不透明感があり、導入コストも高いという注意点があります。
また、ナンピン両建ての危険性も看過できないポイントですので、初心者やEA任せになってしまう人は大きく損失を出してしまう可能性があるでしょう。
したがって、それらをカバーすることができて、尚且つ自身でも裁量判断ができれば利益を積み増すことのできるEAだといえます。

もし今現在SMASH(スマッシュ)FXを利用なさっている投資家さんは、自身がおすすめできる人とそうではない人のどちらに当てはまるかも検証して頂き、本記事を今後の投資のご参考にして頂ければ幸いです。

あなたにおすすめの記事