送金の画像

海外FXを使っていると、 口座開設で自動取引のことはもちろん、MAMやPAMMという言葉を聞いたことがあるかもしれ ません。

国内FXでは、MAMやPAMMというものがありませんので、 MAMやPAMMを使う場合は、海外ブローカーを使うことが一般的ですが

そもそもMAMやPAMMとはなんのことなのでしょうか?

MAMとPAMMはなんの略称? 

ソフトフェアのCD

MAMの正式名称は 「Multi Account Manager」 の略となります。

PAMMの正式名称とは 「Percentage Allocation Management Module」 の略となります。 

この2つの共通点として『自分自身ではなく第三者に運用を委託する』という点が挙げられます。

 

[2019年最新版]GemforexのMAM運用の評判はどうなの?第3者視点でまとめてみた

MAMやPAMMの基本的な使われ方とは? 

MAMやPAMMは「マネージドアカウント」と呼ばれFXの運用を外部の人に任せるものとなることは先ほどお伝えいたしましたが「コピートレード」や「ミラートレード」、「ソーシャルトレード」 などと呼ばれていることもあります。

MAMもPAMMもどちらもコピートレードの仕組みになります。

  • コピートレード→MAM/PAMM
  • ミラートレード(ソーシャルトレード)

大別するとMAMやPAMMのようなコピートレードとミラートレードやソーシャルトレードのような2つのジャンルに分けることができます。

MAMやPAMMのようなコピートレードは、マスター口座と呼ばれる親口座に子口座を紐づけてマスター口座のエントリーが子口座にコピーされる形になります。

もしMAMやPAMMの場合、マスター口座に100万円が入っていて子口座には10万円の資金が入っていたとするならば

マスター口座:1Lot

子口座:0.1Lot

というようにエントリー比率が資金によって調節されます。


これがMAMやPAMMの第一の特徴となります。

MAM/PAMMの違いは?

オペレーターの写真

MAMやPAMMの違いは 

自分にエントリーの権限があるかないかということになります。

MAM・・・自分でエントリーができる

PAMM・・・自分でエントリーができない

MAMは 親口座での取引がほぼ全て反映され、 自分自身で取引の決済や裁量取引を行うことができます。

 PAMMも親口座での取引のほぼ全てが反映されますが自分自身で取引を行うことができず、決済もすることができません。 

つまりMAMは自身でトレードを行うこともできる 

PAMMは見ていることしかできない 

ということになります。 

また、 PAMMは「Percentage Allocation Management Module」なので 親口座の資金に対する自身の口座の資金の割合に応じて運用利益は変わります。

 必ずしも、見えている損益が反映されるとは限りません。 

[2019年最新版]GemforexのMAM運用の評判はどうなの?第3者視点でまとめてみた

※追記 

MAMでも裁量トレードや手動で決済ができない証券会社があるようです。

ミラートレードやソーシャルトレードとの違いは?

コイン

ミラートレードやソーシャルトレードではエントリーのポジションを見ることができません。

そしてミラートレードやソーシャルトレードというのはご自身でエントリーすることができませんのでPAMMの仕組みを利用しているということになります。

ソーシャルトレードやミラートレードは残高の増減だけを見ることができます。

『どのようなトレードが行われているか』『本当に運用されているのか』

本当のところがわかりません。

しかしMAMやPAMMの場合は運用中のポジションを見ることができます。

したがって成績が悪かったりエントリーポイントが悪いなと思えば出金して退出することができます。

[2019年最新版]GemforexのMAM運用の評判はどうなの?第3者視点でまとめてみた

運用はどこで見れるの?

MT4の画像

 MAM/PAMMに関しては、MT4で運用状況が見れる場合がほとんどですが、

コピートレードや、ミラートレードに関しては、利益や損益が反映されるだけで 具体的な取引内容などは一切確認することができません。

MAMやPAMMのデメリットとは? 

首をかしげる人

メリットが多いような気がしますが、もちろんデメリットも存在しています。 

デメリットその1:日本では禁止されている

まず一つ目に日本では禁止されているということです。

日本の金融商品取引方では、 金融庁に登録していない個人が運用者として第三者の資産運用の委託を受けることができません。

デメリットその2:PAMMの場合はポジション保有中は出金できない

2つめに、PAMM口座でポジションを持っている時は出金ができません。

したがってやめたいときにポジションを決済したくてもできないというデメリットがあります。

MAM口座に関しては自由にポジションを決済することができますのでポジションを決済してからなら出金することができます。

デメリットその3:必ず勝てるというわけではない

3つ目に、必ず勝てるというわけではないということです。

どれだけ優秀なトレーダーやシステムでも 負ける時は負けるということです。 

つまり、これまでは右肩上がりの損益グラフをつけていても、 今後どうなるかは予想できないということです。 

[2019年最新版]GemforexのMAM運用の評判はどうなの?第3者視点でまとめてみた

MAMやPAMMのメリットは?

パソコンとお金

ではMAMやPAMMのメリットとはなんでしょう?

どうして今、流行っているのでしょうか?

MAMやPAMMを使うメリットとは?

MAMやPAMMを使うメリットはどういったものがあるかと言いますと、

『知識がなくてもプロのトレーダーたちが運用してくれる』 というものになります。

プロのトレーダーや自動売買システムに運用を任せますので、 特にFXの知識が必要というわけでもなく、人脈が必要がありません。

また、自動で取引を行いますので、24時間365日相場を見る必要もなく、 楽に資産運用を行うことができます。

[2019年最新版]GemforexのMAM運用の評判はどうなの?第3者視点でまとめてみた

まとめ 

チェックマークの画像

MAMやPAMMは、最近使ってる業者は多いですが、 

トレーダーやシステム自体が弱いと意味がありません。

また、そもそも業者自体が出金できない証券会社を使っている可能性があるという点も 注意する必要がありますね。 

[2019年最新版]GemforexのMAM運用の評判はどうなの?第3者視点でまとめてみた

おすすめの記事