海外FX業者総評
XMホームページ

この記事を読むのにかかる時間は〇〇分です。

  1. なぜ多くの人は海外のFX口座を使うのか?

FX取引(外国為替証拠金取引)は株式などと同様に資産運用に有効な方法の一つです。国内にもたくさんのFXブローカー(業者のこと)があります。ではなぜ海外FX口座を使うのでしょうか?

海外FXブローカーのメリットは3つ挙げられます。第一に「レバレッジ(いわゆるハイレバレッジ)を高くできる」第二に「取引にかかる手数料が安い」第三に「スプレッドが小さい」があげられます。

逆にデメリットは、「使ったことが無い」「海外はよくわからない」「言葉の問題がある」などの安全性に不安があげられます。

そのメリット・デメリットをハイレバレッジで有名な「XMTRADING(今後はXMとします)という海外ブローカーを例にとって解説していきます。FX取引については日本国内でもたくさんのブローカーさんがありますが、今回は海外FXブローカー「XM」についての記事になります。

これを読んだらすぐに「ハイレバレッジのXM」で取引したくなるはずですよ。

  1. 海外FXのベストチョイス「XM」について詳しく解説します。

XMとはFX取引ができる海外のブローカーの1つです。これを例にあげて海外FXの何が良いのか解説をしていきます。他にもたくさんのブローカーがありますが、何社も比較し私が一番良いと考えたのがハイレバレッジのXMだからです。

正式には「XMTrading」という名前です。みなさんには魅力的な内容がたくさんありますので一つ一つ確認してみてください。重要なのは上から3つぐらいなので後は流し読みでも大丈夫です。

  • XMは最大888倍のレバレッジが最大の魅力

なんといってもこれが海外FXを使う一番のメリットでしょう。特にXMは最大レバレッジ888倍です。日本国内では最大レバレッジ25倍です。このレバレッジの差は歴然です。デメリットもありますが、メリットのほうが大きいと私は考えています。

簡単にふれておくと、ハイレバレッジ(レバレッジが高いという意味)のだと少ない証拠金で大きなポジションが取れるということになります。トレーダーにとって大変有利なことです。これらの内容については、後で詳しく解説します。

  • XMはゼロカットシステムで安心した取引を実現できます

FX取引では損失が大きくなると、「追証」という借金を背負うリスクがあります。大きなレバレッジでトレードしていればこのリスクは更に大きくなります。レバレッジ25倍の国内FXブローカーの場合は、トレードで大きな損失を出した場合に、口座に入っている金額以上のお金を払わなければならないこともあります。

ハイレバレッジのXMはこのリスクがないゼロカットシステムを採用していますが、海外FXではよくある仕組みです。口座残高以上の損失を被ることはありませんし、追証による借金のリスクもありません。

この仕組みは国内では金融庁により規制されており、使うことができなのです。ちなみに、レバレッジの規制をしているのも金融庁です。

  • XMは最大5,000ドルのボーナスで有利な取引ができます

このボーナスはかなり大きいです。日本国内のFXブローカーにはほとんどありませんが、海外ブローカーにはよくあります。XMは口座開設時と入金時の2回のチャンスがあります。

XMの口座開設時にもらえるボーナスは3,000円です。3,000円でも最大レバレッジ888倍を考慮すれば、約20,000通貨(USDの場合に)の取引ができますので、最初であれば十分でしょう。これを種銭にレバレッジをかけた一発勝負もありです。

さらに、XMでは入金時には5万円ごとの入金に対して20%のボーナスが準備されています。最大上限である50万円まで入金すれば60万円の証拠金が得られることになります。最大レバレッジで取引できる金額は億単位になります。ここで一つ注意点ですが、ボーナス分についての出金はできませんのでご注意ください。

その他、XMの口座には「ロイヤルティプログラム」や「特別ボーナス」といったものも用意されているのでトレーダーにとってはありがたい内容となっています。

 

===HPより抜粋===

¥3000の取引ボーナス

XMTradingのリアル口座を初めて開設する際に¥3000の取引ボーナスを獲得しよう。

最大$5,000の入金ボーナス

ご入金金額に加え、最大ボーナス総額$5,000 2段階ボーナス

無限のロイヤリティープログラム

お取引ごとにXMTradingポイントを獲得し、現金または取引ボーナスと換金しよう

特別ボーナス

一年を通して季節ボーナスや招待制ボーナスを通して独占ボーナスを更にゲットしよう

===========

 

  • XMは取引手数料無料の口座があります

XMには3つの取引口座が用意されています。1つ目がマイクロ口座、2つ目がスタンダード口座、3つ目がXM zero口座です。口座の主な違いは手数料、レバレッジ、スプレッドです。

マイクロ口座とスタンダード口座は取引手数料がかかりません。その代わりスプレッドがXM zero口座に比べて広いです。XM zero口座は取引手数料が必要になります。その代わりスプレッドがほぼゼロになります。

口座により最大レバレッジにも差があります。

マイクロ口座、スタンダード口座は最大レバレッジ888倍、XM zero口座は最大レバレッジ500倍です。

どの口座にするか検討する際は次の点も確認が必要です。取引するロットの数量です。マイクロ口座は1ロット=1,000、スタンダード口座、XM zero口座は1ロット=100,000です。大きなロットで取引をしたい方はスタンダード口座かXM zero口座を選択してください。ハイレバレッジの取引だとロットも大きくなりますからここは重要です。

自分のトレードスタイルやロット数に合わせて手数料と取るか、スプレッドを取るか、レバレッジをどうするか、選択できるようになっているのですね。

 

===XMTradingの口座タイプの絵を挿入===

 

  • XMは24時間の日本語サポートがあります

これは慣れない方には安心のシステムでしょう。正直、私はFXブローカーのサポートは国内でも使ったことがないのであまり重要視していません。とはいえ、何かあったときにXMでは日本語でサポートしてくれるというのは安心です。最大レバレッジの変更方法などきがるに問い合わせができます。

ただ、トレードの損失について文句を言っても聞いてくれません。

  • XMはリクオートがありません

トレーダーの悩みの一つにスリッページというものがあります。スリッページとは、注文してから約定するまでのタイムラグによって発生するレートの差異のことを言います。大きく相場が変動する場合にはその幅が極端に大きくなり、損失が拡大することとなります。ハイレバレッジで取引するのでここも無視できません。XMではこれが発生しないということになります。

思惑と違ったレートで約定されるととても損した気分になりますね。

  • XMは約定拒否がありません

注文したのに約定していない。荒れた相場のときは発生することが多いです。せっかく利益が取れそうなのに約定できず、利益が減ってしまった。損切をしたいのに約定せず、結果、損害を大きくしてしまったなんてこともあります。ハイレバレッジ取引なので損切できていなかったら大変なことになります。XMの取引においてはこんな心配はないということです。

損切したのに・・・できていない・・・みたいなことはなさそうです。

  • XMには様々な取引プラットフォームが準備されている

XMは取引のスタイルも様々なものが準備されています。Windows PCはもちろん、Maciphoneipadandroidoandroidoタブレットほぼすべての端末に対応しています。まあ、当たり前ですね。もちろんどれで取引してもレバレッジ888倍は可能です。

プラットフォームの使いやすさは、はっきり言って慣れです。慣れてしまえば注文に1分もかかりません。この部分でブローカーの差があることはあまりないです。

  • XMMT4/MT5にも対応しています

MT4/MT5とはメタトレーダーのことです。ご存知の方も多いでしょうが、FX取引を様々なストラテジー(戦略・手法)を使って、自動で繰り返しトレードするためのプログラムのようなものです。以前はMT4/5が使えるブローカーは少なかったと記憶しています。最近は国内でも増えてきましたが、どこでもOKというわけでもありません。メタトレーダーは上級者向けなので最初は不要(ずっと使わないこともあります)ですが、XMではMT4/5にも対応しています。MT4/5を使ってもレバレッジ888倍はできます。

ちなみに、お恥ずかしい話ですが、私はMT5を使ったことがありません。

  1. XMのレバレッジについてさらに詳しく

冒頭にも書きましたが、XM最大の特徴はレバレッジ888倍ですね。レバレッジ888倍のすごさをこれから解説していきます。ハイレバレッジによるメリット、デメリットがあるのでそのあたりも整理していきます。

まずは「レバレッジ」について解説しておきます。レバレッジとは「てこ」のことで口座に預けた金額より多くの金額の取引ができる仕組みです。10万円も口座にいれて取引する場合で、レバレッジ1倍なら10万円まで、レバレッジ2倍なら20万円まで、レバレッジ5倍なら50万円まで、レバレッジ25倍なら250万円までの取引が可能になるということです。

  • XMだけ?レバレッジ888倍のメリット

レバレッジが大きく取れるメリットとして一番大きいのは少ない資金で大きなポジションが取れるということです。「証拠金10万円のレバレッジ25倍で250万円」までしたので、レバレッジ888倍で計算すると「証拠金10万円のレバレッジ888倍で8,880万円」まで取引ができるということです。XMでが8,880万円なんて個人のレベルではほぼ不可能な取引が可能です。まさにレバレッジを掛けた取引ということです。

レバレッジを大きくして大きなポジションを取ると危ないのではないかと考える方もいるかも知れません。それは一つ勘違いをしています。確かに取引の仕方によりリスクは上がります。しかし、口座残高以上の損失になりことがないゼロカットシステムがあるので資金を最小に押さえてリスクとリターンのバランスをとっておけば良いだけです。そもそもFXはレバレッジを効かせて取引するものなので、ある程度のリスクを承知で行う運用ということです。

XMにはハイレバレッジでもゼロカットシステムがあるので安心ですね。

  • レバレッジ888倍のデメリット

レバレッジ888倍のデメリットではありませんがそれにより影響を受けるケースがあります。それは、レバレッジ率が自動でレバレッジ200倍やレバレッジ100倍に変更されてしまうことがあることです。証拠金残高が日本円で200万円以上~1000万円未満になると最大レバレッジが200倍になってしまいます。さらに、1000万円以上になると最大レバレッジが100倍になってしまいます。これがなぜデメリットになるかというと、ポジションを持っているときに、XMによってレバレッジ規制されてしまうと証拠金維持率が下がりいきなりロスカットになってしまう恐れがあります。この点は注意が必要です。

これは200万円稼いでから心配することにしましょう。

  • 口座の種類によるレバレッジの違い

XMのレバレッジ888倍はすごい、すごいといってきましたが、口座の種類によって最大レバレッジが違ってくることには注意したいです。先ほど3つの口座があると紹介しました。その3つはマイクロ口座、スタンダード口座、XM zero口座で、最大にできるレバレッジが異なります。

マイクロ口座、スタンダード口座は最大レバレッジ888倍ですが、XM zero口座は最大レバレッジ500倍です。レバレッジ888倍がやりたい方はマイクロ口座かスタンダード口座を選択してください。

  1. XMのレバレッジの設定はどうやるのか?

XMとレバレッジについての全体像は理解していただけたのではないでしょうか。ではトレード画面でレバレッジの確認方法や変更手順を解説していきます。これは難しくありませんので安心してください。デモ口座でもレバレッジ888倍を使って実際にやっていきます。

  • XMのデモ口座開設の手順

デモ口座を開く手順を簡単に解説しておきます。XMHP https://www.xmtrading.com/jp/にアクセスして最初の画面にデモ口座開設と赤枠白文字で書かれている部分があります。これをクリックして、デモ口座登録画面で個人情報と取引口座詳細、口座パスワードを入力します。取引口座詳細の項目は、取引プラットフォームタイプはMT5、口座タイプはスタンダード、口座の基本通貨はJPN、レバレッジは1888、投資額は100,000としました。ここで初期の最大レバレッジの設定ができます。XMのリアル口座を開設する際も同じなのでとりあえずレバレッジ888倍にしておいてください。後から変更もできます。

入力したメールアドレスに返信がすぐくるのでメールを開いて確認ボタンを押してください。するともう一度メールが来て今度はXM Trading MT5プラットフォームをダウンロードすることになります。赤枠白文字のボタンを押すとXMのプラットフォーム画面に移動します。

どれでもいいのですが、私はPC対応MT5としました。PC対応MT5をクリックすると画面が変わりスクロールするとダウンロードと書かれた赤枠白文字がまた出てきます。これをクリックしてダウンロードしてください。後はインストールするだけです。

インストールが完了すると。デモ口座の申請という画面が出てくるのでXMを選んで次へ、次の画面では一番下の「既存の取引口座と接続する」を選んで、2通目のメールにかかれているデモ口座IDとパスワードを入力し、完了します。

おなじみのチャートが書かれたトレード画面が出現します。レバレッジの確認は簡単です。いくつかあるウインドウのなかの左下「ナビゲータ」と書かれたものに注目してください。XM trading にマウスを合わせると口座番号や名前が出てきて最後にレバレッジの表記である「1:888」と書かれているはずです。これが現在設定されているレバレッジです。レバレッジ888倍になっていますという意味です。

  • XMのレバレッジの変更手順について

XMのレバレッジの変更はトレード画面ではできません。XMの会員ページにログインしてから、「オプションを選択する」をクリックしてレバレッジの変更へ進みます。レバレッジ変更画面で最大レバレッジを選択し、「リクエスト送信」をすれば完了です。あとはXM側で処理してくれます。

ちなみに、すぐにレバレッジ変更が反映されるわけではないので注意が必要です。設定変更が完了した後にメールでレバレッジ変更完了の連絡がくるので、その後にもう一度トレード画面でレバレッジが変わったことを確認してみてください。

  • 最大レバレッジは特に変更する必要性はありません

ここまでXMのレバレッジの確認手順やレバレッジの変更手順を書いてきましたが、実際に最大レバレッジを変更する必要はほとんどないと考えています。というのも国内のFXブローカーにレバレッジ設定はありませんし、レバレッジ25倍の中で自分の許容できるリスクの範囲でポジションを持ってくださいという仕組みになっています。

XMの最大レバレッジ888倍でも同じ考えでポジションを大きく取らなければいいだけです。レバレッジを大きくとって取引をしたいトレーダーはこのあたりについては理解されているのではないでしょうか? 設定はレバレッジ888倍のままで、レバレッジ1倍の取引が可能ですし、レバレッジ2倍、レバレッジ5倍、レバレッジ25倍、レバレッジ100倍、レバレッジ888倍でもトレードすることができます。証拠金とポジションのバランスでトレーダー自身が調整すれば良いのです。トレーダーは証拠金とポジションのバランスを常に意識する必要があるでしょう。ですが、レバレッジが高いことにより、証拠金が少なくてよい点はトレーダーが有利なのは間違いありません。

  1. XMのレバレッジ規制の噂?

レバレッジ規制について触れておきます。ここで書くレバレッジ規制は先ほどの証拠金残高の変化によってレバレッジ変化が発生するものではなく、FX取引そのもののレバレッジに規制が入るのではといった内容です。XMの最大レバレッジは888倍と何度も書いていますが、レバレッジ888倍が法律的にできなくなるという意味です。

  • 日本国内のレバレッジ規制

日本国内では最大レバレッジが25倍とお話しましたが、これは金融庁が定めた規制です。以前は国内でもレバレッジ200倍以上の取引もできたのですが、ハイレバレッジのFX取引が加熱して大きな損失を抱える人が続出したのです。そのため最大レバレッジに規制をかけ始めました。

FX取引開始当初はそのような決まりがなく、2005年に金融先物取引法が改正され、レバレッジについて検討が始まり、2010年には初めてレバレッジ規制がされました。その時点で最大レバレッジは50倍に規制されました。まさにレバレッジ規制というわけです。

2011年には、最大レバレッジ25倍となって現在に至ります。レバレッジ規制の目的はギャンブル性の高い投資ができないようにして、大きな損失を出してしまうケースを防ぐためです。金融庁は今後、日本国内の最大レバレッジを10倍にするような検討を進めています。

  • 海外のレバレッジ規制

海外に目を向けると、ESMA(欧州証券市場監督局)という日本の金融庁にあたる組織がFXのレバレッジ規制に乗り出しています。その名の通りEU(欧州)の中での金融取引に関するレバレッジ規制を行っています。

ESMAが実施したレバレッジ規制は、現在のレバレッジからレバレッジ20倍~30倍にするというものです。アメリカでも最大レバレッジが50倍になっています。こうなってくると日本国内でも海外でも同じようなレバレッジレベルに収まってしまいます。ハイレバレッジの取引ができないのであれば、海外ブローカーを使う意味がありませんね。しかし、これに対してXMなどの海外のFXブローカーはしっかり抜け道(レバレッジ規制対策)を準備していました。

XMを例にします。XMはともともとはEUのキプロスで拠点としていました。ESMAがレバレッジ規制をすることを知っていたかわかりませんが、2017年にXMの拠点をセーシェルに移しています。セーシェルはEU外のため、レバレッジ規制を受けることはありません。レバレッジ規制の穴を見つけた形です。

レバレッジ規制がかかることで最大レバレッジを引き下げられる事はもちろん、入金に対するボーナスもやってはいけないことになっています。XMはそれらを回避しトレーダーに有利な条件で取引を実現してくれています。

各国の金融庁にあたる組織の動き次第でレバレッジ規制はどうにでもなってしまいます。わたしたちはこのあたりには注意深くアンテナを立てておく必要があります。レバレッジ規制は運用資金や運用方針に大きな影響を与えますので、今後動きがあれば、記事にしてみなさんにお知らせします。

  1. XMの取引は税金の面でも大変お得。
  • FXの取引で得た利益には税金がかかる。

海外でも国内でもFXで得られた利益には税金がかかります。おおよそですが、利益の20%は税金で収めなければなりません。ここではレバレッジは関係ありません。

年間で20万円以以下の場合は確定申告の必要性が無いので大丈夫ですが、レバレッジを掛けて取引していると、年間20万円以上の利益なんてすぐに出てしまいます。

逆に損する場合もあると思います。損益を出した場合に海外FXと国内FXでは大きな違いが出てきます。これはXMだからということではなくて国内の金融庁で許可をとっている業者かそうでないかによって違ってキます。

  • 海外FXの税金は総合課税になる

国内のFXによる利益や損失は申告分離課税の雑収入に分類されます。この分類だと給与収入や事業収入など他の収入との損益通算ができないということになります。海外FXによる利益や損失は総合課税になります。総合課税になると給与収入や事業収入など他の収入との損益通算ができるということになります。これは取引で損失を出したときに大きく影響してきます。

  • XMの口座の取引で損失が出た場合にどうなるか

例えば、Aさんのサラリーマンの収入は年収500万円でした。AさんはXMの口座でレバレッジ888倍の取引をして、年間の収支がマイナス50万円になったとします。XMで取引をした場合は総合課税になるので他の収入と損益通算ができますのでAさんの年収は500万円-50万円で450万円になります。

年収が下がったのでおさめるべき税金が減額されます。これは確定申告で取り戻すことができます。

ところが、国内のFXの場合はただ50万円なくなって終わりです。3年間の損失の持ち越しはできますが、その年に損益通算できる海外FXの比べるとどちらが得になるかは明確です。

  1. まとめ

この記事では海外FXについて記事にしました。特にXMのレバレッジルールについて解説をしてきました。最後に、みなさんがここだけ見ていいだければおおよそ理解できるようにまとめておきました。復習を兼ねて最後までご覧ください。ではまた次回。

 

  • XMは少ない証拠金で大きなポジションの取引が可能!!
  • XMはゼロカットシステムで口座残高以上のリスクなし!!
  • XMは入金時のボーナスにより有利な取引が可能!!
  • XMは海外ブローカーのため総合課税で税金面もお得!!
  • XMは最大レバレッジの設定変更が可能だが、必要なし!!

 

みなさん、XMでマイクロ口座を開設して3000円を元金として始めましょう!!

おすすめの記事