YJFXスキャルピングができない?オススメしない理由と凍結した場合の対処法

「YJFXってスキャルピングはできるの?それとも禁止されている?」
「なぜ、スキャルピングを禁止しているFX業者は多いの?YJFXはどう?」

など、YJFXでスキャルピングができるかどうか、知りたいと考えている人は多いでしょう。ヤフーグループのFX業者で、PayPayなキャンペーンが実施されているYJFX。多くのトレーダーが利用しています。

取引環境やサポート体制も充実していることから、FX初心者で「YJFXを利用したい」という人も少なくありません。

そこで今回は、以下4点について紹介しています。

・スキャルピングの特徴やメリット・デメリット
・YJFXでスキャルピングはできるのか?
・スキャルピングで口座凍結する理由
・YJFXの特徴や注意点

この記事を読むことで、YJFXのスキャルピングの可否や凍結理由などについて知ることができますので、参考にしてください。

スキャルピングとは

まずは、YJFXなどで行うスキャルピングの特徴や他の取引手法との違い、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

特徴やメリット・デメリットなどを知ることで、スキャルピングへの理解が深まります。

また、YJFXも利用しやすくなるでしょう。

スキャルピング

スキャルピングとは、短い時間で注文・決済をする取引手法のことです。数分以内で取引を完結します。そのため、1回あたりの取引で得る利益は小さいですが、1日に数十回〜数百回スキャルピングを繰り返すことで、多くの稼ぐを狙います。

・ポジション保有期間:数秒〜数分
・1回の取引で狙う利益:小
・主な分析方法:テクニカル分析

スキャルピング以外には、デイトレードやスイングトレード、ポジショントレードなどの取引手法があり、保有期間が異なります。

デイトレード

デイトレードは、スキャルピングの次に保有期間が短い取引手法です。数分〜数時間ポジションを持ち、売買をします。その名の通り、1日(デイ)のうちに取引を終えるのが特徴です。スキャルピング同様、主にテクニカル分析を用いて取引するトレーダーが多いです。

・ポジション保有期間:数分〜数時間
・1回の取引で狙う利益:小
・主な分析方法:テクニカル分析

スイングトレード

スイングトレードは、ポジション保有期間がかなり長くなります。保有期間は数時間〜数週間となり、短期〜中期の取引手法です。日をまたぐので、スワップポイントを獲得することもできます。スキャルピングやデイトレードは、1回の取引で稼ぐ利益は少ないですが、スイングトレードになると多くの利益を稼ぐことが可能です。

・ポジション保有期間:数時間〜数週間
・1回の取引で狙う利益:中
・主な分析方法:テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

ポジショントレード

ポジショントレードは、長期間ポジションを保有し続ける取引手法のことです。数週間〜数ヶ月間持つため、1回の取引で大きな利益を狙います。また、為替差益だけでなく、スワップポイントで稼ぐため、スワップポイントが有利な通貨ペアや業者を選ぶトレーダーが多いです。ファンダメンタルズ分析を用いるのが主になります。

・ポジション保有期間:数週間〜数ヶ月
・1回の取引で狙う利益:大
・主な分析方法:ファンダメンタルズ分析

スキャルピングのメリット・デメリット

YJFXをなどのFX業者でスキャルピングをする場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。メリット・デメリットを把握しておくことで、スキャルピングの利点を生かした取引やリスク管理、投資判断がしやすくなります。

以下は、YJFXなどFX業者でスキャルピングをする、4つのメリットとデメリットです。

「メリット」
1.相場の変化が小さい
2.短い時間で取引を完結できる
3.寝ている間に損失を負うことがない
4.ハイレバレッジ取引ができる

「デメリット」
1.集中力が必要
2.スプレッドの負担が大きい
3.FX業者によってはスキャルピングが禁止
4.高い分析精度が必要

YJFXで取引する場合にも役立つ内容なので、1つずつ確認していきましょう。

メリット1.相場の変化が小さい

YJFXなどで行うスキャルピングのメリットの1つが、相場の変化が小さいことです。スキャルピングは数秒〜数分間しかポジションを保有しません。保有期間が非常に短いため、保有中に相場が大幅に下落するリスクを低く抑えられます。スイングトレードやポジショントレードのように、保有期間が長い取引だと、その間に大幅に下落する可能性があります。

スキャルピングはポジション保有期間が短く、為替変動リスクが低いことがメリットの1つです。

メリット2.短い時間で取引を完結できる

短い時間で取引を完結できることは、スキャルピングのメリットと言えます。通勤時間や休憩時間、待ち時間などの短い時間やスキマ時間でも、スキャルピングであれば取引を完結できます。

「忙しくてまとまった時間を確保できない」という人でも安心して取引ができます。YJFXなどのスキャルピングであれば、2分〜3分の時間さえあれば、取引できるのがメリットです。

メリット3.寝ている間に損失を負うことがない

YJFXなどでスキャルピングをする利点となるのが、寝ている間に損失を負うことがないことです。数日〜数ヶ月保有するスイングトレードやポジショントレードであれば、寝ている間に相場が大暴落する恐れもあります。ニューヨーク市場は日本時間の夜に動きが活発になるため、決してリスクは低くありません。また、土日に地政学リスクが高まり、暴落することも考えられます。

スキャルピングであれば、日をまたぐことがないため、寝ている間に損失を負うことを回避できます。

メリット4.ハイレバレッジでの取引

YJFXなどのスキャルピングは、ハイレバレッジで取引ができる点もメリットと言えます。中長期保有する際にハイレバレッジだと、大きな損失を負うリスクがあります。しかし、スキャルピングであれば、保有期間が短く為替変動リスクが低いため、ハイレバレッジでも勝負することが可能です。

デメリット1.集中力が必要

集中力が必要な点が、YJFXなどでスキャルピングをする際のデメリットです。スキャルピングは取引時間が短いので、集中して相場分析や売買をする必要があります。注文をして決済するまで、わずかな時間も目を離すことはできません。YJFXなどでスキャルピングをする際は、集中できる環境・状態でないと良い結果は生まれないでしょう。

デメリット2.スプレッドの負担が大きい

YJFXなどでスキャルピングをする際は、スプレッドの負担が大きいことに気をつけましょう。スプレッドは1回の取引ごとに発生します。スキャルピングは、取引回数が多いので、スプレッドのコストを何度も負担することになります。

YJFXなどでスキャルピングをする際は、スプレッドコストの蓄積負担が大きいことを覚えておきましょう。

デメリット3.FX業者によってはスキャルピングが禁止

FX業者によってはスキャルピングが禁止されています。YJFX、外為どっとコム、DMMFX、GMOなど、国内には多くのFX業者があります。しかし、すべてのFX業者でスキャルピングが認められているわけではありません。禁止されている業者でスキャルピングをすると、口座凍結などのペナルティを受けることになります。

スキャルピングを希望する際は、YJFX、DMMFX、外為どっとコムなど、事前にどのFX業者で認められているのか確認するようにしましょう。

デメリット4.高い分析精度が必要

YJFXなどでスキャルピングをする際は、それなりの分析力が必要です。相場分析ができない状態であれば、すべて運頼みになってしまいます。そんな博打のような取引をしていたら、大損してしまうでしょう。相場の分析力がないと、負けるリスクが高いことがスキャルピングのデメリットです。

スキャルピングで口座凍結する理由

YJFXなど多くのFX業者がありますが、スキャルピングをすると口座凍結になる場合があります。なぜ、スキャルピングで口座凍結になるのか、どうしてFX業者はスキャルピングを禁止するのか、その理由を知っておくことは大切です。

ここでは、スキャルピングで口座が凍結される理由について、見ていきましょう。

FX業者によってはスキャルピングが禁止

先のデメリットで紹介したように、国内にはYJFXや楽天証券など多数のFX業者があります。そして、業者によってはスキャルピングを禁止しています。むしろ、スキャルピングを禁止しているFX業者は多いです。

多くのFX業者がスキャルピングを禁止にする理由は、業者が多くの損失を負うリスクがあるためです。

スキャルピングはFX業者の損失リスクが高い

YJFXなど多くのFX業者がある中で、スキャルピングを禁止する業者がある理由は、損失リスクが高いためです。なぜなら、FX業者は、買いと売りのポジションバランスに不釣り合いが生じた場合、バランスを取るために反対ポジションを仕入れます。リスク回避のためです。

しかし、数秒〜数分で売買を繰り返すスキャルピングが行われると、反対ポジションを仕入れるリスクヘッジが追いつきません。その結果、業者が多くの損失を負う可能性が高くなります。

また、スキャルピングによって短期間で多くの売買がなされると、サーバーへの負荷も大きくなり、約定力に影響が出てしまいます。すると、他のトレーダーにも悪影響が出ますし、業者の評判も悪くなってしまいます。

スキャルピングを解禁することで多くのリスクが伴うことから、スキャルピングを禁止しているFX業者は多いです。

口座凍結になった場合

YJFXなど多くのFX業者がある中で、スキャルピング禁止の業者を選び、短期売買を繰り返すと口座が凍結されます。口座が凍結されると、もう取引ができなくなってしまいます。

口座凍結後の出金や解除の可否、口座の再開設については業者ごとで異なります。そのため、口座凍結後にカスタマーサポートへ連絡をし、対処法を確認しましょう。できれば、取引を始める前に対処法まで押さえておくのが理想です。

口座凍結して良いことは何もありません。そのため、スキャルピングに限らず、FX業者で定められた禁止事項は絶対にしてはいけません。

YJFXはスキャルピングできる

「スキャルピングしていいの?YJFXもNGなの?」と気になるトレーダーは多いでしょう。

ここでは、YJFXのスキャルピング、特徴や注意点について、紹介していきます。

スキャルピングをYJFXが許可しているのか気になる人は、しっかりと把握しておきましょう。

YJFXはスキャルピングOK

YJFXでは、スキャルピングが認められています。YJFXのホームページでも、「スピーディにスキャルピングを行う事が可能」とあります。YJFXのように、国内FX業者でスキャルピングを許可している業者は、それほど多くありません。

そのため、スキャルピングを希望するトレーダーにとって、YJFXは利用価値が高い業者と言えます。YJFXであれば、口座凍結のリスクを気にすることなく、スキャルピングに集中できます。

スキャルピングは初心者にはおすすめできない

YJFXではスキャルピングが認められています。しかし、先に紹介したとおり、スキャルピングで利益を稼ぐには、相場分析力が必要です。また、取引自体に慣れていないといけません。

そのため、上級トレーダーであればいいですが、FX初心者にはスキャルピングはおすすめできません。知識や経験を得るまでは、中長期で取引をした方が安全です。

YJFXを利用するとしても、中長期で取引をしながら、経験を積んでいくといいでしょう。

YJFXの特徴と注意点

YJFXの特徴や注意点を知ることは大事です。他のFX業者との比較がしやすくなり、YJFXを利用する際のリスク管理にも役立つでしょう。

以下は、ここで紹介する特徴と注意点です。

「特徴」
・最小取引単位は1,000通貨
・業界最狭水準のスプレッド
・クイック入金サービス
・24時間サポート体制
・お得なキャンペーン
・取引ツールが使いやすい

「注意点」
・取扱通貨ペア数は普通
・すべてのスプレッドが業界最狭ではない

YJFXの特徴や注意点について、1つずつ見ていきましょう。

YJFXの特徴.最小取引単位は1,000通貨

YJFXの特徴の1つが、最小取引単位が1,000通貨なことです。1万通貨からのFX業者も多い中で、1,000通貨で取引ができます。そのため、YJFXなら4,000〜5,000円もあれば取引を始めることが可能です。少額資金でも取引できるのは、初心者にとっては非常に大きなメリットになります。

YJFXの特徴.業界最狭水準のスプレッド

YJFXは業界最狭水準のスプレッドであることから、低コストで取引ができます。

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭
・ユーロ/米ドル:0.4pips
※2020年1月31日時点

など、どの通貨ペアもスプレッドは狭いです。少ないコストで取引できるため、利益を得やすい環境であると言えます。

YJFXはスプレッドが安いので、スキャルピングを希望するトレーダーにもメリットです。ただし、YJFXのスプレッドが原則固定されているのは9時〜翌3時までです。それ以外は変動性となるため、注意しましょう。

YJFXの特徴.クイック入金サービス

YJFXは、クイック入金にも対応しています。そのため、24時間いつでもリアルタイムに入金することが可能です。2,000円から入金でき、手数料は無料になります。提携銀行も多いため非常に便利です。YJFXであれば、困った時もすぐに入金できます。

YJFXの特徴.24時間サポート体制

YJFXは、24時間対応のサポート体制となっているため、何か困ったことが起きても安心です。特に、FX初心者にとっては大きなメリットと言えます。YJFXであれば、電話もしくはメールで、いつでも気軽に相談・問い合わせが可能です。

YJFXの特徴.お得なキャンペーン

YJFXは、ヤフーグループということもあり、ヤフー関連のお得なキャンペーンが開催されています。たとえば、「YJFXで取引するたび PayPayか現金あげちゃう!」キャンペーンです。YJFXで取引するごとに、PayPay現金を毎月最大80万円受け取ることができます。

他にも、「FXを始めるならYJFX!新規口座開設で最大27,000円キャッシュバック」など、さまざまキャンペーンがあるため、お得です。
※キャンペーン内容は2020年2月時点です。

YJFXの特徴.取引ツールが使いやすい

YJFXでは、取引ツールCymoを使用できます。iPhoneやAndroid、iPad、パソコンなど、さまざまなデバイスに対応していて、直感的な操作が可能です。高機能のツールも搭載しており、満足のいく相場分析ができます。YJFXの取引ツールは、使いやすいとも評判です。

YJFXの注意点.取扱通貨ペア数は普通

YJFXの注意点の1つが、取扱通貨ペア数は決して多くないということです。YJFXで取り扱うのは22通貨ペアですが、50種類取り扱う業者もあります。取扱通貨ペア数は決して多くないため、マイナー通貨ペアでの取引はYJFXでは難しいです。

YJFXの注意点.すべてのスプレッドが業界最狭ではない

YJFXはスプレッドに特徴がありますが、すべての通貨ペアが最狭水準ではありません。業界最狭水準なのは、米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、ポンド/円のメジャー通貨5種類です。その他の通貨ペアは、他社のスプレッドと比べると物足りない印象です。

YJFXのスプレッドは魅力的ですが、あくまでもこれらの通貨ペアに限定されます。

まとめ

ここでは、YJFXのスキャルピングの可否や口座凍結理由、特徴や注意点などについて紹介しました。

最後に、ここで紹介した大事なポイントを4点まとめています。

・YJFXではスキャルピング可。禁止されている業者では口座が凍結される
・YJFXに限らず、FX初心者のスキャルピングはおすすめできない
・初心者は、まずは知識や経験を積み、自信が出てきたらスキャルピングに挑戦すること
・スキャルピングに限らず、YJFXは多くのトレーダーが利用する人気業者の1つ

YJFXやスキャルピングに興味がある方は、ここで紹介した内容を参考にしてください。FX初心者は、YJFXを利用する場合でもスキャルピングは避けることをおすすめします。

YJFXにはデモ口座もあるため、気になる方は、早速試してみましょう。

おすすめの記事